マイルで得得アライアンス(航空連合)アライアンス入門 > このページ

アライアンス入門
どのアライアンスが一番いいの?

この質問に対して、正解というものはありません。


なぜならば、
一人一人頻繁に利用する航空会社、路線、運賃(航空券の種類)が異なるからです

いくら多くの航空会社が参加しているアライアンスでも、自分のよく利用する、もしくは利用したいエアラインがなくては意味がありません


よく利用するエアラインがあるアライアンスを選ぶ


しかし、模範解答と言えるものはあります。それは、「自分がよく飛ぶ航空会社が参加しているアライアンスを選ぶこと」です

あとは、その航空会社で、自分がよく購入する運賃(予約クラス)でマイルの加算率がよく、そして特典航空券で行きたいところへの必要なマイル数が比較的少ないマイレージプログラムに入会すればいいわけです

例えば、年に1・2回ユナイテッド航空でアメリカに行くとします。

つまり、
ユナイテッド航空が参加しているスターアライアンス加盟の一社のマイレージプログラムの会員になればいいわけです

この場合、素直にユナイテッド航空・マイレージプラスを選んでもいいですし、同じスターアライアンスに加盟している全日空・ANAマイレージクラブでマイルを貯めることもOKなのです。

同じアライアンスの中で、どの航空会社のマイレージプログラムが一番適しているかを知るには、いくつかの点を考慮する必要があります。詳細はマイレージプログラムの選び方をご参考ください。


航空会社数ではスターアライアンスがダントツにトップ

加盟している航空会社の数から見れば、スターアライアンスが断トツに一番です。

アジア、アメリカ、ヨーロッパ、オセアニア、アフリカと各エリアの航空会社がバランスよく配置されているという面からも、スターアライアンスの魅力が感じ取れます。

ただし、
自分が利用する(利用したい)航空会社がなければ、スターアライアンスは役には立ちません

例えば、アメリカには必ずアメリカン航空を利用する人は、スターアライアンスではなく、
アメリカン航空が加盟しているワンワールドがいいわけです。

もし韓国へは必ず大韓航空を利用するのであれば、スターアライアンスではなく、大韓航空が加盟しているスカイチームがいいことになります。

また、旅行するたびに利用する航空会社が変わる場合、各アライアンスにマイルが散らばってしまっても、マイルの有効期限を延長できるマイレージプログラムを選び、失効しないようにそれぞれマイペースで貯めていくのも1つの方法です

次のページ:
ANAとJALはアライアンス(航空連合)に入っているの?


>アライアンス入門・トップに戻る

↑ページのトップへ

>マイルで得得のトップへ


※このページの情報は、予告なしに変更されることがあります。