マイルで得得 > クレジットカード > シーン別・おすすめのクレジットカード > MileagePlusセゾンカード


ユナイテッド航空マイルが1番貯まる MileagePlusセゾンカード

目次 (このページの内容)



100円で1.5マイル貯まるカードは3枚


ユナイテッド航空・マイレージプラスのマイルが貯まるクレジットカードは多数ありますが、その中で一番貯まるカードでは、100円で1.5マイル貯まります。

そのカードとは、

1.
MileagePlus JCBゴールドカード

2.
マイレージプラス ダイナースクラブカード

3.
MileagePlus セゾンカード


になります。

つまり、上記3枚のカードであれば、100円につき1.5マイル貯まるので、効率よくユナイテッド航空マイルを貯めることができます。


↑目次へ戻る↑


年会費が一番安いMileagePlusセゾンカードのコスパが最強


上記3枚のクレジットカードであれば、どれでも100円で1.5マイル貯まるわけですが、マイルの積算率が同じということは、年会費が一番安いクレジットカードがいいことになります。

それでは、上記3枚の年会費はどうでしょうか。比較してみます。

MileagePlusJCBゴールドカード
→15,000円(税抜)

マイレージプラスダイナースクラブカード
→21,000円(税抜)

MileagePlusセゾンカード
→6,500円(税抜)


つまり、年会費が6,500円(税抜)である、MileagePlusセゾンカードが、一番お得にユナイテッド航空マイルを貯められるクレジットカードになるわけです

なお、MileagePlusセゾンカードは、通常の年会費は1,500円(税抜)で、マイル加算率は100円で0.5マイルですが、年会費に追加5,000円(税抜)を払いマイルアップメンバーズに入れば、100円で1.5マイル貯まるようになります。


↑目次へ戻る↑


モバイルSuica・SMART ICOCAのチャージも、マイル加算対象




MileagePlusセゾンカードのメリットは、安い年会費だけではありません。

実は、MileagePlusセゾンカードだと、JR系電子マネーである

・モバイルSuica
・SMART ICOCA

のチャージでも、マイルが貯まるのです


例えば、MileagePlusセゾンカードでモバイルSuica1万円分のチャージをすれば、150マイル貯まることになります。

Suicaは関東のPasmoエリアでも、ICOCAは関西のPiTaPaエリアでも使えるので、MileagePlusセゾンカードでチャージしたモバイルSuica、またはSMART ICOCAで乗車すれば、ユナイテッド航空のマイルを貯められることになります。

ちなみに、モバイルSuicaは、全国の交通系電子マネーとも相互利用できるので、以下の交通系電子マネー沿線に住んでいる場合や、以下の電子マネーでしか払えない店舗でも、モバイルSuicaを使うことができます。

・PASMO
・PiTaPa
・TOICA
・manaca
・SUGOCA
・nimoca
・はやかけん
・SAPICA
・Kitaca


モバイルSuica、SMART ICOCAの大きなメリットの1つが、「駅ビルなどでよくある、クレジットカード払いはできないが、電子マネー払いはできる店舗でも、マイルを貯められること」です。

当たり前ですが、カード払い不可の場所では、セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードを使えないので、100円で1.125マイル貯めることもできません。

しかし、モバイルSuica、SMART ICOCAのチャージでも100円1.125マイル貯まるので、クレジットカード払い不可の店舗でも、モバイルSuica、SMART ICOCAで支払えば、間接的にマイルを貯められるわけです。

世の中には、カード払いはできないけれど、Suicaを含む電子マネー払いはできる店舗は、まだまだたくさん存在します

例えば、牛丼チェーンの松屋は、基本的にカード払い不可ですが、多数の店舗では、券売機の支払いでSuicaを使うことができます。


1回の利用料金は少ない電車代・バス代ですが、1年間と長い期間でみると大きな金額になるので、無駄なくユナイテッド航空のマイルを貯めることができます


↑目次へ戻る↑


ユナイテッド航空マイルは、ANA国内線の特典航空券に使うのがコスパ良し(必要マイル数が少なめ)


中には、

「ユナイテッド航空マイルをお得に貯められるMileagePlusセゾンカードの良さはわかったけど、アメリカ・ハワイ・グアムに行く予定はない」

という方も多いかもしれません。

実は、ユナイテッド航空のマイルは、ANA国内線に交換するのが非常にお得になります。

ANA国内線の特典航空券の場合、ANAマイルを使うより、ユナイテッド航空マイルを使ったほうがお得になるケースが多いのです。

ユナイテッド航空に乗らなくても、マイルでANA国内線に乗るために、ユナイテッド航空マイルを活用しているマイラーは結構いるのです。

ここで短めに解説するより、専用の解説ページである

ユナイテッド航空・マイレージプラス、ANA国内線特典航空券の徹底ガイド

をご覧ください。

↑目次へ戻る↑



まとめ


この記事の内容をまとめると、MileagePlusセゾンカードには、

1.
→1.5マイル貯まるカードでは年会費が一番安い

2.
→モバイルSuica、SMART ICOCAチャージもマイル加算

3.
→貯まったマイルで非常にお得にANA国内線に乗れる(特典航空券に交換できる)

と、3つのメリットが受けられる、ユナイテッド航空マイラーには必須のクレジットカードになります


公式サイト:
MileagePlusセゾンカード



↑目次へ戻る↑

> マイルで得得・トップページへ

※ このページの情報は、予告なしに変更されることがあります。