マイルで得得 > マイルの使い方 > この例



アメリカン航空
アドバンテージ
特典旅行例:

JAL国内線どの路線でも均一7,500マイル


※ このページでは、アメリカン航空・アドバンテージのマイルを使った、お得な特典航空券の例を紹介しています。

※ 必要マイル数・飛べるルート等のルールは、航空会社側により、予告なしに変更されることがあります。





目次(このページの内容)


どの航空会社(マイレージプログラム)のマイルを使うの?

アメリカン航空・アドバンテージ

アメリカン航空・アドバンテージの必要マイル数チャートはこちら
 ↑目次へ戻る↑

必要マイル数

普通席 片道
7,500


上記の必要マイル数は、アメリカン航空のマイルを使う場合です。必要マイル数は、予告なしに変更される可能性があります。
 ↑目次へ戻る↑

利用航空会社

・JAL


現在、アメリカン航空のマイルを使う場合、トランスオーシャン航空(JTA)運航のJAL国内線には乗れません。例えば、羽田〜那覇線はJAL運航なので乗れますが、羽田〜石垣島線はJTA運航なので乗れません。


上記の必要マイル数で乗れる航空会社は、予告なしに変更される可能性があります。
 ↑目次へ戻る↑

ルート・経路

例1:
羽田〜(JAL)〜奄美大島

例2:
伊丹〜(JAL)〜札幌
など


特典航空券で飛べるルートは、予告なしに変更される可能性があります。
↑目次へ戻る↑

おすすめ理由1:
路線に関係なく片道7,500マイル

JALマイルやブリティッシュエアウェイズなどのマイルを使う場合、JAL国内線の必要マイル数は路線の距離により増減しますが、アメリカン航空の場合、片道1区間均一で7,500マイルになります。

羽田〜小松線のような短い路線も、羽田〜那覇線のような長い路線も同じ必要マイル数です。

なので、できるだけ長めの路線(もしくは航空券代が高めの路線)にマイルを使うのがコツです。
↑目次へ戻る↑

おすすめ理由2:
路線によってはJALマイレージバンク・ブリティッシュエアウェイズより必要マイル数が少なめ

羽田〜奄美大島、伊丹〜札幌、福岡〜札幌のように、国内線の中でも長距離路線に乗っても、アメリカン航空マイルでは一律7,500マイルで済みます。

上記のような長めの国内線に乗る場合、ブリティッシュエアウェイズやJALのマイルでも片道9,000マイルは必要になるので、長めのJAL国内線を予約することで、アメリカン航空マイルを最大限に活用できます。

マイルで乗りたい路線が、羽田〜那覇、福岡〜札幌のように長めの路線中心の方は、JALやブリティッシュエアウェイズではなく、アメリカン航空マイルを貯めることをおすすめします(ただし、将来必要マイル数が増える可能性もあり)
↑目次へ戻る↑

予約方法

1.
アメリカン航空公式サイト

2.
アメリカン航空のコールセンター
 ↑目次へ戻る↑

マイルが足りませんか?

対策1.
アメリカン航空のマイルを購入

対策2.
10万円のカード利用で、12,500マイル獲得できるクレジットカード入会キャンペーン
 ↑目次へ戻る↑



> アメリカン航空・アドバンテージの徹底ガイド・トップへ

> マイレージプログラムの一覧・トップへ

> サイトマップ(コンテンツ一覧)へ

↑ 目次へ戻る

> マイルで得得・トップページへ