マイルで得得 > エアライン大辞典 > ANA > 搭乗記・エコノミークラス・767


ANA
(2018年2月)
(現在も、内容は基本的に同じ)

ANA/
エアージャパン
エコノミークラス
搭乗記/レポート
(機種:B767-300)


※ このページでは、ANA(エアージャパン運航)・エコノミークラスの詳細を掲載しています。

※ このページで掲載している搭乗記は、機種ボーイングB767-300になります。





このページの目次



機種・路線


乗った機種・路線は、以下の通りです。

↓機種
Air Japan保有の
B767-300

ANAの路線でも、香港・厦門・上海など、一部のアジア路線はグループ会社のエアージャパンの機材で運航されています。

同じ767-300でも、ANA保有・Air Japan保有の2タイプがあります。

このページの搭乗記は、Air Japan保有の767-300です。
↓路線
成田~香港


今回ANA(エアージャパン)に乗った路線は成田~香港線ですが、エアージャパンの機材が飛んでいる以下の路線でも、エアージャパンの機材になることがあります。

・羽田~香港
・成田~台北
・成田~青島
・成田~上海/浦東
・成田~武漢
・成田~成都
・成田~厦門
・成田~ホーチミン
・成田~ヤンゴン

また、ANAの他の路線で、このB767になる可能性もあります。

ANA/エアージャパン 767-300 エコノミークラス 飛行機

エアージャパンのB767-300型機。ちなみに、成田から香港行きに乗る時は、ゲートではなくバス搭乗になることが多いです。


↑目次へ戻る↑



シートマップ・避けるべき席


ANA/エアージャパン・B767・エコノミークラスの、シートマップ・避けるべき座席番号に関してです。

↓シートの配列
2-3-2
↓避けるべき座席番号
エコノミークラス
18 A G
45 A
↓避けるべき理由
窓側の席なのに窓がない


ANA/エアージャパン 767-300 エコノミークラス シートマップ

ANA公式サイトから引用した、シートマップです。

青色になっているシートが、窓のない窓側席になります。外を見たくて窓側席にする場合は、上記の座席番号を避ける必要があります。

ちなみに、ANA公式サイトで座席表を見る場合、767-300だと2つシートマップが掲載されていますが、エアージャパンの機材は、エコノミーの最後列が45番になる機材になります。


↑目次へ戻る↑



機内の様子・雰囲気


ANA/エアージャパン・B767・エコノミークラスの、機内の様子・全体の雰囲気です。

ANA/エアージャパン 767-300 エコノミークラス 全体

前から見た、エコノミークラス全体の様子です。一部列を除き、座席配列は2-4-2です。

ANA/エアージャパン 767-300 エコノミークラス 雰囲気

後ろから見た、エコノミークラス全体の様子です。


↑目次へ戻る↑



シートピッチ・足元の広さ/狭さ


ANA/エアージャパン・B767・エコノミークラスの、座席のタイプ・リクライニング角度に関してです。

↓シートピッチ
約31インチ
ll
約79センチ
↓足元の広さ/狭さ
普通


ANA/エアージャパン 767-300 エコノミークラス シート横から

シートを横から見た様子です。


ANA/エアージャパン 767-300 エコノミークラス シート横から


ANA/エアージャパン 767-300 エコノミークラス 足元

座った時の足元の様子です。LCCほど狭くありませんが、大韓航空などシートピッチが広めの航空会社ほど、広めというわけでもありません。

ANA/エアージャパン 767-300 エコノミークラス 乗客

実際に座っている人を、横から見た感じです。

ANA/エアージャパン 767-300 エコノミークラス 古い部品

前方シートの部品ですが、このように少しずれていました。見渡してみると、同じようなシートが他にもありました。古い機材とはいえ、日系航空会社としては残念な光景です。


↑目次へ戻る↑



ヘッドレスト・フットレスト


ANA/エアージャパン・B767・エコノミークラスの、ヘッドレスト・フットレストについてです。

↓ヘッドレスト
あり
↓フットレスト
あり


ANA/エアージャパン 767-300 エコノミークラス ヘッドレスト

ヘッドレストが付いています。

ANA/エアージャパン 767-300 エコノミークラス フットレスト

機材は古いのですが、フットレストも付いています。

↑目次へ戻る↑



テーブル・ドリンクホルダー・収納


ANA/エアージャパン・B767・エコノミークラスの、テーブル・ドリンクホルダー・収納についてです。

↓テーブルは半分に折りたためる?
× なし
↓ドリンクホルダー
△ あり
↓小物入れの収納
× なし


ANA/エアージャパン 767-300 エコノミークラス テーブル

全開しているテーブルです。半分だけ折りたためるタイプではありません。ちゃんとしたコップホルダーはありませんが、テーブルに穴があるので、そこに紙コップを入れることができます。ちょっとした揺れならコップは倒れません。

ANA/エアージャパン 767-300 エコノミークラス シートポケット

シート前方にあるシートポケットです。小物入れ用のポケットなどはないので、物を置ける場所はここだけです。


↑目次へ戻る↑



電源・充電・コンセント・USB


ANA/エアージャパン・B767・エコノミークラスの、電源・コンセントに関してです。

↓コンセントの有無/数
なし
↓USB電源の有無/数
なし


エコノミークラスには、コンセント・USB共に電源はありません。

ただし、エアージャパンの路線は、近距離・中距離のアジア路線になるので、3-5時間なら電源が無くても大丈夫なギリギリのラインでしょうか。


↑目次へ戻る↑


テレビ・ヘッドフォン


ANA/エアージャパン・B767・エコノミークラスの、パーソナルモニター・ヘッドホンに関してです。

↓個人用テレビの有無
〇 あり
↓個人用テレビのサイズ
小サイズ
↓ヘッドホンの質
まあまあ


ANA/エアージャパン 767-300 エコノミークラス テレビ

パーソナルモニターです。サイズは小さいほうです。古い機材なので仕方ありません。ないよりはマシです。

ANA/エアージャパン 767-300 エコノミークラス ヘッドフォン

イヤホンです。頭から掛けるタイプです。一部外資系航空会社で配られる、100円タイプのイヤホンよりはマシです。

↑目次へ戻る↑



機内エンターテイメント・チャンネル


ANA/エアージャパン・B767・エコノミークラスの、機内エンターテイメント・チャンネルに関してです。

↓日本語メニュー
〇 あり
↓操作方法
リモコン式

(タッチパネル式ではない)


ANA/エアージャパン 767-300 エコノミークラス メニュー言語

メニュー言語は日本語の他、英語、中国語、フランス語、ドイツ語があります。おそらくANAグループで最も古いエンターテイメントのバージョンの1つですが、5つ言語があるのは多いほうです。

ANA/エアージャパン 767-300 エコノミークラス エンタメ

エンターテイメントシステムのメニューです。映画のほか、ビデオ、オーディオ、ゲームなどの一般的な内容です。それにしても画像の質が悪いです。

ANA/エアージャパン 767-300 エコノミークラス カメラ

カメラが搭載されていて、カメラの映像も見れます。

ANA/エアージャパン 767-300 エコノミークラス フライトマップ

フライトマップです。昔ながらの質素なフライトマップですが、最新の機能あり過ぎのフライトマップより、シンプルなマップを好む人もいるかもしれません。

ANA/エアージャパン 767-300 エコノミークラス リモコン

操作方法はリモコンのみです。コントローラーはアームレストの中に収納されています。


↑目次へ戻る↑



毛布・枕・スリッパ


ANA/エアージャパン・B767・エコノミークラスの、毛布・枕・スリッパに関してです。

↓毛布
〇 あり
↓枕
〇 あり
↓スリッパ
× なし


ANA/エアージャパン 767-300 エコノミークラス 枕

搭乗した時点で、既にシートに枕が置かれています。ビニール袋に包装されていて清潔です。

ANA/エアージャパン 767-300 エコノミークラス 枕

枕です。

↑目次へ戻る↑



アメニティ・セット


ANA/エアージャパン・B767・エコノミークラスの、アメニティグッズに関してです。

搭乗時に、既にシートに置かれていた枕を除くと、アメニティグッズは一切ありません。


↑目次へ戻る↑




WIFI・インターネット


ANA/エアージャパン・B767・エコノミークラスの、WIFI・インターネットに関してです。

↓WIFI
× なし
↓料金


ANA/エアージャパン・B767では、WiFiサービスは提供されていません。

↑目次へ戻る↑




客室乗務員/CAの態度・接客


ANA/エアージャパン・エコノミークラスの、客室乗務員の態度・接客に関してです。

↓外国人・乗務員の接客
良い
↓日本人・乗務員の接客
良い


ANA/エアージャパン エコノミークラス 客室乗務員

接客中の客室乗務員

ほとんどのCAが日本人でしたが、数人日本語を話せる外国人(中華系)のCAもいました。

エアージャパン運航の路線でも、
ANA運航の路線と、CAの質は変わらない感じです。みなさん丁寧・親切に接客しています

ちなみに、ANAのCA達は、香港空港近くのNovotelホテルに滞在していていました(香港空港のシャトルバス乗り場で、Novotelのバスに乗るところを見かけたので)。

(※ CAの評価は個人的な主観です。客室乗務員の態度は、今回搭乗したフライトでの評価です。フライトによっては、親切な乗務員もいますし、とても態度の悪い乗務員もいます)


↑目次へ戻る↑



まとめ・感想


ANA/エアージャパン・B767・エコノミークラスの、メリット・デメリットは、以下の通りです。

良かった点

・機材は古いがフットレストがある

・モニターの操作はリモコンだけ(後ろの人のタッチパネルの操作が激しく、自分のシートが揺れるのが嫌な人にとってはメリット)


残念な点

・機材自体が古く、シートもずっと交換していない古いタイプ

・シートの部品が一部ちゃんと固定されていないなど、設備が古いのを感じる

・モニターが小さくて古く、画像も悪い


その他特徴

・機材はエアージャパンだが、機内サービス・機内食などは通常のANA国際線と同じ

・欧米人を含む、外国人パイロットが多い


以上、ANA/エアージャパン・B767・エコノミークラスの搭乗記でした。





↑目次へ戻る↑

> ANA・徹底ガイドへ