マイルで得得 > ニュース・キャンペーン一覧 > 日本航空・JALマイレージバンク > この記事



2018年 02月08日

JALマイレージバンク:
国内線の特典航空券、当日の早い便への変更が再び可能に




日本航空・JALマイレージバンクでは、JAL国内線特典航空券に関する一部ルールが改善されました。

詳細は以下の通りです。

●変更日
2018年2月8日搭乗分から

特典航空券の予約自体が2月7日まででも、搭乗日が2月8日以降である限り、今回の変更の対象になります。

●変更内容
[2月7日搭乗分まで]
JAL国内線・特典航空券の、当日の早い便への変更は不可

[2月8日搭乗分から]
JAL国内線・特典航空券の、当日の早い便への変更が再び可能に



2017年11月16日より、出発当日に、特典航空券の予約便より早い便に空きがあっても、便の変更ができなくなっていましたが、再び出来るようになりました。つまり、元のルールに戻ったことになります。

例えば、特典航空券で午後発の羽田発・那覇行きの予約がある場合、午前中に羽田空港に行き、空席があれば、午前中の那覇行きに無料で変更できるようになりました。

今回の変更は、JALマイレージバンクのマイルを使った特典航空券だけでなく、ブリティッシュエアウェイズ・エグゼクティブクラブ(Aviosポイント)アメリカン航空・アドバンテージなどのマイルを使った特典航空券でも、同じ扱いになります。

今回のルール改善により、
「午前中の便に特典航空券の空席がなくても、一応午後の便で予約しておいて、出発当日、早めに空港に行き、午前中の便に振り替えてもらう」という方法が、再び実践できるようになりました。

ちなみに、ANAマイレージクラブも、ANA国内線の特典航空券だと、出発当日に空席があれば、早めの便に変更することができます。

2017年11月にJALが改悪し、そのうちANAも追随するのでは?と心配されていた方もいるかと思いますが、また両社とも当日の便変更ができる状態に戻ったので、一安心と言えそうです。

(今回の変更のニュースを、わざわざ当サイトへご報告いただいた方には、感謝申し上げます)

関連ページ:
国内線の特典航空券で、満席で予約できない便に出発当日乗る方法



> 日本航空・JALマイレージバンクの最新情報・一覧へ

> 日本航空・JALマイレージバンクの徹底ガイド・トップへ

> サイトマップ(コンテンツ一覧)へ

> マイルで得得・トップページへ

※ このページの情報は2018年02月現在のもので、予告なしに変更されることがあります。