マイルで得得 > ニュース・キャンペーン一覧 > アメリカン航空・アドバンテージ > このページ



2017年 12月31日まで

アメリカン航空・アドバンテージ:
ジェットエアウェイズとの提携終了



アメリカン航空・アドバンテージは、インドの航空会社、ジェットエアウェイズとのマイレージ提携を終了します。

詳細は以下の通りです。

●提携終了日
2017年12月31日

2018年1月1日搭乗分より、ジェットエアウェイズに乗って、アメリカン航空のマイルは加算できなくなるのでご注意ください。

2017年12月31日までの搭乗分であれば、提携終了後でもマイルの事後登録をすれば、マイルは事後加算されます(他のマイレージプログラムに加算していない場合)。

アメリカン航空のマイルを使って、ジェットエアウェイズの特典航空券を利用したい場合は、2017年12月31日までに予約する必要があります

実際の特典航空券利用日は、提携終了後になっても大丈夫です。例えば、2017年12月に発券し、2018年5月に旅行することが可能です(特典航空券用の席に空席がある場合)。

提携終了後である2018年1月1日以降は、特典航空券のジェットエアウェイズの区間は、日付や便などは変更できないのでご注意ください。

2017年8月現在のルールでは、アメリカン航空のマイルを使う場合、ワンワールド系エアラインとジェットエアウェイズを組み合わせて、特典航空券を予約することが可能です。

例えば、JALでデリーまで飛び、デリーからジェットエアウェイズでインド国内の各地に飛ぶルートで予約が可能です。

ジェットエアウェイズでしか行けない、インドのマイナーな都市へアメリカン航空のマイルで行きたい方は、2017年12月31日までに予約する必要があります

逆に、デリー、ムンバイ、コルカタ、バンガロール、チェンナイ、ハイダラーバードであれば、香港・クアラルンプール乗り継ぎにはなりますが、同じワンワールド加盟のキャセイパシフィック航空マレーシア航空で行けるので、2017年12月末までに慌てて予約する必要はありません。

アメリカン航空・アドバンテージとの提携は終了しますが、ジェットエアウェイズは、ANAマイレージクラブ、デルタ航空・スカイマイルなど、多くのマイレージプログラムと提携しています。

2017年8月現在、ジェットエアウェイズが提携しているマイレージプログラム一覧はこちらからご覧ください。

エールフランス航空のマイレージなら、アメリカン航空のマイレージと同じく、JAL+ジェットエアウェイズのような組み合わせで予約可能


エールフランス航空/KLMオランダ航空のマイレージ「フライングブルー」も、ジェットエアウェイズと提携しています。

フライングブルーのマイルなら、アメリカン航空のマイル同様、好きな提携航空会社を組み合わせて、特典航空券を予約することができます

フライングブルーの提携航空会社には、ジェットエアウェイズのほかJALもあるので、例えば、JALで成田→デリー、ジェットエアウェイズでデリー→バンガロール、というルートで特典航空券の予約が可能です。

しかも、エコノミークラスは往復4万マイルと、現在のアメリカン航空の45,000マイルより、少なく設定されているのも魅力的です

(フライングブルーの特典航空券の必要マイル数、飛べるルートなどのルールは、予告なしに変更される可能性あり)

関連ページ:
アメリカン航空・アドバンテージの徹底ガイド
エールフランス航空・フライングブルーの徹底ガイド



> アメリカン航空・アドバンテージの最新情報・一覧へ

> アメリカン航空・アドバンテージの徹底ガイドへ

> サイトマップ(コンテンツ一覧)へ

> マイルで得得・トップページへ

※ このページの情報は2017年8月現在のもので、予告なしに変更されることがあります。