マイルで得得 > ニュース・キャンペーン一覧 > ブリティッシュエアウェイズ・エグゼクティブクラブ > この記事



2019年 5月30日

ブリティッシュエアウェイズ
エグゼクティブクラブ:
JALを含む提携航空会社・特典航空券の必要マイル数を4%引き上げ予定




ブリティッシュエアウェイズ・エグゼクティブクラブでは、一部特典航空券の必要マイル数が増加される予定です(改悪)。

(ブリティッシュエアウェイズ・エグゼクティブクラブでは、プログラムの単位に「マイル」ではなく「Aviosポイント」を採用していますが、マイルとの違いは特にないため、ここでは以下「マイル」という言葉を使用しています)

詳細は以下の通りです。

●変更日
2019年5月30日予約分より

2019年5月29日までに予約しても、5月30日以降に変更する場合、新しい必要マイル数が適用されます。つまり差額のマイルが必要になります。

●対象の航空会社
・JAL
・アメリカン航空
・キャセイパシフィック航空(キャセイドラゴンを含む)
・フィンランド航空
・マレーシア航空
・カンタス航空
・カタール航空
・S7航空
・スリランカ航空
・アラスカ航空
・エアイタリー
・ラタム航空
・ロイヤルヨルダン航空


JALが含まれているので、JAL国内線・国際線の両方が、必要マイル数引き上げの対象になります。

ブリティッシュエアウェイズ、イベリア航空、エアリンガス航空、ブエリング航空の必要マイル数は、今回は変更されません。

●対象クラス
エコノミークラス、ビジネスクラス、ファーストクラス全クラスの予定

●変更後の必要マイル数
4%の引き上げ

実は、変更が発表された当初は、何マイル引き上げられるかの詳細が全くありませんでしたが、ここ数日以内に急きょ「4%」の引き上げと、公式サイトに追記されています

通常、他社で必要マイル数の引き上げが発表される際には、具体的な新しいチャート等も公表されるのですが、今回のブリティッシュエアウェイズの発表では、詳しい情報が発表されていないため、信ぴょう性が100%とは言い切れないのが現状です。

また、海外の一部情報では、

「路線の区間マイル数によっては、30%も必要マイル数が引き上げられる」

などの情報もあり、情報が錯綜しているのが見受けられます。

現在のチャートに4%分のマイルを足すだけでいいのか等の詳細は、日本のコールセンターにも届いておらず、100%正しい情報であることは確約できない点をご了承の上、以下をお読みください

必要マイル数が4%増えるのを前提とした、変更後の必要マイル数は以下の通りです(エコノミークラスのみ掲載。JAL国内線は普通席)。

飛行マイル数
(1区間)
2019年
5月29日
予約分
まで
2019年
5月30日
予約分
から
1〜
650
片道
4,500
片道
4,680
651〜
1,150
片道
7,500
片道
7,800
1,151〜
2,000
片道
10,000
片道
10,400
2,001〜
3,000
片道
12,500
片道
13,000
3,001〜
4,000
片道
20,000
片道
20,800
4,001〜
5,500
片道
25,000
片道
26,000
5,501〜
6,500
片道
30,000
片道
31,200
6,501〜
7,000
片道
35,000
片道
36,400


上記の通り、実際に4%だけの引き上げで済むなら、必要マイル数はほとんど変わらないのがわかります。

おそらく多くの方が気になっている、JAL国内線の多くの路線に相当する「1−650マイル区間」ですが、4%引き上げなら、たったの180マイルしか増加しない計算になります

過去のニュースを振り返っても、必要マイル数の引き上げ時には、数千マイル〜数万マイル増えることもよくあるので、それを考えると、4%の引き上げはかなり良心的と言えます。

上記の通り、4%だけの増加で済めば、あわてて5月29日までに特典航空券を予約する必要はありません。

ただし、本当に上記のように、シンプルに4%必要マイル数が増えるだけなのかは、100%明確に公表されていない部分もあるため、まだ完全に安心できないのが現状です。

新しい情報が入り次第、当サイトでもお知らせする予定です。



> ブリティッシュエアウェイズ・エグゼクティブクラブの最新情報・一覧へ

> ブリティッシュエアウェイズ・エグゼクティブクラブ・徹底ガイドへ

> サイトマップ(コンテンツ一覧)へ

> マイルで得得・トップページへ

※ このページの情報は2019年05月現在のもので、予告なしに変更されることがあります。