マイルで得得 > ニュース・キャンペーン一覧 > デルタ航空・スカイマイル > この記事



2019年 11月未明から

デルタ航空
スカイマイル:
東南アジア行き・エコノミークラス必要マイル数を引き下げ(改善)




デルタ航空・スカイマイルでは、一部方面の必要マイル数が引き下げられました(改善)。

(当サイトへご報告いただいた方には、感謝申し上げます)

(今回の変更はデルタ航空側から正式に発表はされていません。予約システムのバグ・エラー等により、一時的な現象である可能性もゼロではありません)

詳細は以下の通りです。

●変更日
2019年11月未明発券分より

現在既に変更後の少ないマイル数で予約することができます。

●対象の航空会社
全ての提携航空会社

大韓航空、チャイナエアライン、中国東方航空、ベトナム航空など、全ての提携航空会社が対象になります。

●対象区間
日本〜東南アジア

●対象クラス
・エコノミークラス

今回の改善では、ビジネスクラスは含まれていません(今までと同じ必要マイル数です)。

●変更後の必要マイル数
変更前 変更後
片道
22,500

往復
45,000
片道
17,500

往復
35,000


バンコク、シンガポール、ベトナム、バリ島など、東南アジア各地へのエコノミークラス必要マイル数が少なくなりました。

片道で5,000マイル、往復だと10,000マイル少なくなり、35,000マイルで日本〜東南アジア間を往復できるようになっています。

東南アジアへ3万マイル台なら、
他のマイレージプログラムと比較しても平均的な数値なので、積極的に使いたい特典航空券になります

ご存知の通り、デルタ航空・スカイマイルは、過去に何度も予告なしに必要マイル数を引き上げてきましたが、今回も予告なしとはいえ、必要マイル数が下がったことに驚かれた方も多いかもしれません。

デルタ航空マイルは無期限で貯められるため、消化するのに困っていたデルタ航空マイルをお持ちの方は、これからは東南アジアへの特典旅行に使われるのもいいかもしれません。

しかし、デルタ航空・スカイマイルですから、また予告なしに往復45,000マイルに戻る可能性も十分あります(45,000マイル以上になってしまう可能性もあり)。

デルタ航空マイルで東南アジアへ行かれたい方は、35,000マイルで予約できるうちに、予約されることをおすすめします。

当サイトのデルタ航空・スカイマイル、特典航空券必要マイル数チャートでは、今回変更された箇所も掲載されているのでご確認ください。



> デルタ航空・スカイマイルの最新情報・一覧へ

> デルタ航空・スカイマイルの徹底ガイドへ

> サイトマップ(コンテンツ一覧)へ

> マイルで得得・トップページへ

※ このページの情報は2019年12月現在のもので、予告なしに変更されることがあります。