マイルで得得 > ニュース・キャンペーン一覧 > 日本航空・JALマイレージバンク > この記事



2020年 6月30日搭乗分まで

JALマイレージバンク:
全ての国際線・国内線特典航空券の変更・キャンセル手数料が期間限定で免除




日本航空・JALマイレージバンクでは、期間限定で、対象の特典航空券のキャンセル手数料が免除されます。

(はじめは中国・香港発着路線に限定されていましたが、現在は全ての国内線・国内線が対象となり条件が緩和されています)

詳細は以下の通りです。

以下の対象の発券日・搭乗日の期間は、新型コロナウィルスの状況によって延長される可能性もあります。

●対象路線と期間
(国内線)
【搭乗日】
2020年6月14日まで

【航空会社・路線】
JALマイルを使用した、JAL・ジェットスターなどの国内線の特典航空券


(国際線)
【発券日】
2020年5月8日まで

【搭乗日】
2020年6月30日まで

【航空会社・路線】
JALマイルを使用した、JAL・提携航空会社の国際線の特典航空券


つまり、上記の対象期間に相当する限り、JALマイルで予約してある全ての特典航空券が対象になります。

●各手数料の免除
キャンセル:
3,100円

日付変更:
5,500円
(提携航空会社の特典航空券で、日付変更をコールセンターで行う場合)


通常、JALマイルを使用した特典航空券を取り消す場合・変更する場合は上記の手数料がかかりますが、今回は例外的に免除されます。

ちなみに、普段は特典航空券をキャンセルする場合、取り消す時点で失効していないマイルのみが戻ってきます。

例えば、2019年12月失効の2万マイルを使って、2019年12月に特典航空券を予約した場合、通常は今から取り消してもマイルは戻りません。

しかし、
今回は新型コロナウィルスによる仕方ないキャンセルなので、本来返却されない期限切れのマイルも戻ってきます。そして、戻ってきたマイルは、返却日から3年間有効になります

また、通常JALマイル使用のJAL国際線特典航空券は、キャンセルのみが可能で日付変更はできませんが、今回は特別に日付変更をしてくれます。

提携航空会社の特典航空券も同じで、通常はコールセンターで日付変更を行うと変更手数料が請求されますが、今回は免除されます。

取り消し手数料を免除してもらうには、JALのコールセンターでキャンセルする必要があります。



公式サイト:
JAL:
新型コロナウィルス拡大に伴う国際線航空券の取り扱いについて


JAL:
新型コロナウィルス拡大に伴う国内線航空券の特別対応について


> 日本航空・JALマイレージバンクの最新情報・一覧へ

> 日本航空・JALマイレージバンクの徹底ガイドへ

> サイトマップ(コンテンツ一覧)へ

> マイルで得得・トップページへ

※ このページの情報は2020年5月現在のもので、予告なしに変更されることがあります。