マイルで得得 > ニュース・キャンペーン一覧 > スターアライアンス > この記事



2020年の予定

タイスマイル航空:
2020年
スターアライアンスに「コネクティング・パートナー」として加盟予定




タイの航空会社であるタイスマイル航空は、2020年にスターアライアンスの「コネクティングパートナー」として加盟する予定であることが発表されました。

これで、スターアライアンスの「コネクティングパートナー」航空会社は、中国の吉祥航空に続き2社目になります。

ANA、ユナイテッド航空、シンガポール航空など、既にスターアライアンスに加盟している航空会社は、正規メンバーとして、スターアライアンスに加盟しています。

しかし、
吉祥航空に続き、タイスマイル航空は正規メンバーとしてではなく、「コネクティング・パートナー」としての加盟になります

「コネクティング・パートナー」は、全ての航空会社とマイレージ提携はしない予定


コネクティング・パートナーの、マイレージ的な1番の特徴は、
スターアライアンスに加盟している全てのマイレージプログラムと、必ずしも提携しないことです

例えば、ANAやユナイテッド航空などは、スターアライアンスに加盟している全ての航空会社のマイレージプログラムと、互いに提携しています。

しかし、コネクティング・パートナーとして加盟するタイスマイル航空には、これが当てはまらず、一部のマイレージプログラムとしか提携しない予定です。

なので、ANAマイレージクラブとマイレージ提携をするかもしれませんし、しない可能性もあります。

スターアライアンス・ゴールド会員としての特典は、全てのマイレージプログラムが対象。ANAマイレージクラブも対象。

ただし、正規メンバー航空会社とタイスマイル航空が、同じ予約に含まれていて乗り継ぐ旅程の場合のみ


スターアライアンスに加盟している航空会社のマイレージプログラムで上級会員(スターアライアンスのゴールド会員)の方は、タイスマイル航空を利用する時、優先チェックイン、ラウンジ利用、優先搭乗などの特典を受けられるようになります。

(現在、スターアライアンスのゴールド会員がタイスマイル航空に乗っても、優先チェックイン、ラウンジ、優先搭乗などの特典は受けられません)

ただし、スターアライアンス・ゴールド会員の特典を受けるためには条件があり、
スターアライアンス加盟航空会社とタイスマイル航空が、同じ予約に含まれている旅程に限定されます

関連ページ:
スターアライアンス、正規メンバーの航空会社と、コネクティング・パートナーの航空会社の違いは?

例えば、タイスマイル航空でバンコク〜シェムリアップ間を往復しただけでは、スターアライアンスのゴールド会員は、優先搭乗やラウンジ利用などの特典を受けることはできません。

しかし、ANAで羽田→バンコク、タイスマイル航空でバンコク→シェムリアップという旅程(航空券)であれば、「同じ旅程に含まれていて、タイスマイル航空で乗り継ぐ旅程」になるため、タイスマイル航空の区間でも、優先搭乗やラウンジ利用など、スターアライアンスのゴールド会員として特典を受けることができます。

タイスマイル航空の正式な「コネクティングパートナー」としての加盟日が決まり次第、あらためて当サイトでもお知らせいたします。

公式サイト:
Star Alliance:
THAI Smile to become new Connecting Partner




> スターアライアンスの最新情報・一覧へ

> スターアライアンスの徹底ガイドへ

> サイトマップ(コンテンツ一覧)へ

> マイルで得得・トップページへ

※ このページの情報は2019年6月現在のもので、予告なしに変更されることがあります。