マイルで得得ニュース・キャンペーンの一覧日本航空・JALマイレージバンク > 当記事

2008年01月01日

日本航空・JALマイレージバンク:
上級(エリート)会員制度を変更

全日空・ANAマイレージクラブが上級会員制度を変更したのと同時に、日本航空・JALマイレージバンクも2008年1月1日より、一部の上級会員制度を変更しました。変更内容はANAとほとんど同じです。

変更内容は以下の通りです。

●ダイヤモンド会員の必要フライト区間数の廃止

以前は120フライト区間数を飛べばダイヤモンド会員になれましたが、2008年からは、Fly onポイントのみが対象になり、1暦年に100,000Fly onポイント以上を獲得する必要があります。

ちなみに、サファイア会員、クリスタル会員になるには、今まで同様、Fly onポイント、フライト区間数の両方が対象になります。

●高めの運賃だとボーナス400Fly onポイント

国内線では普通運賃、往復割引、特便割引など、国際線ではファーストクラス、ビジネスクラス、エコノミー普通運賃、エコノミーセイバー運賃などの高めの運賃で飛んだ場合は、通常のポイントに加え、400ボーナスFly onポイントが獲得できます。

つまり、高めの運賃を利用する人ほど、上級会員になりやすいと言えます。逆に、いつもツアーや格安航空券で旅行をされる方は、これからは上級会員になるのがより難しくなります。

新しいJALマイレージバンクの上級会員の必要ポイント数の一覧は、日本航空のサイトにてご確認ください。

また、当サイトのJALマイレージバンクの上級会員(エリート会員)制度のページも更新しましたので、ぜひご参考ください。


>日本航空・JALマイレージバンクのニュース一覧へ

↑ページのトップへ

>マイルで得得のトップへ