マイルで得得ニュース・キャンペーンの一覧デルタ航空・スカイマイル > 当記事

2015年01月01日予約分より

デルタ航空・スカイマイル:
デルタ航空特典航空券のレベルが3つから5つへ

デルタ航空(DL)・スカイマイルでは、デルタ航空の特典航空券を予約する場合、空席状況によってレベル(必要マイル数)が異なりますが、そのレベル制度が変更されます。

詳細は以下の通りです。

●変更日
2015年1月1日予約分より

●対象の特典航空券
デルタ航空・スカイマイルのマイルを使って予約する、デルタ航空の特典航空券

デルタ航空・スカイマイルのマイルを使って、デルタ航空以外の提携航空会社(大韓航空エールフランス航空など)の特典航空券を予約する場合は、今回の変更の対象にはなりません。

●対象の航空会社
デルタ航空の他、全ての提携航空会社

例えば、日本からハワイへビジネスクラス特典航空券で飛ぶ場合、デルタ航空のほか、大韓航空チャイナエアラインなども、今回の変更の対象になります。

●変更内容
デルタ航空の特典航空券必要マイル数が決まる特典レベルの数が増加
デルタ航空
特典の
レベル
2014年
12月31日
予約分まで
. 2015年
1月1日
予約分から
. セーバー
スタンダード
ピーク

の3つ
レベル1
レベル2
レベル3
レベル4
レベル5

の5つ


例えば、日本〜アメリカ間をデルタ航空で往復する場合、行きと帰りのレベルにより、必要マイル数が異なります。

2014年12月31日までに予約した特典航空券は、以下の表の通り、セーバー、スタンダード、ピークの3つの特典レベルが存在し、レベルによって必要マイル数が異なります。

特典レベル エコノミー
片道分
ビジネス
片道分
「低」 レベル
Low
(セーバー)
35,000
(片道分)
70,000
(片道分)
「中」 レベル
Med
(スタンダード)
60,000
(片道分)
120,000
(片道分)
「高」 レベル
High
(ピーク)
80,000
(片道分)
175,000
(片道分)


2015年1月1日以降に予約した特典航空券は、以下の表の通り、1〜5の5つの特典レベルが存在し、レベルによって必要マイル数が異なります。

特典レベル エコノミー
片道分
ビジネス
片道分
レベル 1

35,000
(片道分)
70,000
(片道分)
レベル 2

45,000
(片道分)
90,000
(片道分)
レベル 3

55,000
(片道分)
110,000
(片道分)
レベル 4

65,000
(片道分)
137,500
(片道分)
レベル 5

75,000
(片道分)
162,500
(片道分)


変更後は、レベル数が3つから5つへ増えるので、少なめの必要マイル数で予約できる機会が増えることになります。

例えば、変更前は、一番必要マイル数が少ないセーバーに空席がないと、次はスタンダードの必要マイル数で予約する必要があり、一気に必要マイル数が増えてしまいます。

ところが、変更後はレベル1に空席がなくても、レベル1から少しだけ必要マイル数が増えるレベル2を選ぶことができるため、一気に必要マイル数が増えてしまうことが減る可能性があります(レベル2を選べる場合)。

2015年1月1日予約分から対象になる、デルタ航空便特典航空券のレベル1〜5別の必要マイル数チャートはこちらからご覧ください


>デルタ航空・スカイマイルのニュース・キャンペーン一覧へ

↑ページのトップへ

>マイルで得得のトップへ


※このページの情報は2014年11月現在のもので、予告なしに変更されることがあります。