マイルで得得 > 裏技 > 11000マイルで羽田-沖縄を往復


羽田-沖縄/那覇 往復特典航空券を11000マイルで予約する裏技

目次 (このページの内容)



沖縄行き特典航空券・必要マイル数を比較


「マイルを貯めたら無料で沖縄へ飛びたい!」
という方も多いのではないでしょうか。

一部航空会社のマイレージだと、片道5,000〜6,000マイルで飛べるケースもありますが、基本的に羽田〜小松など短めの路線に限定されています。

東京から離れている沖縄へ飛ぶとなると、片道5,000〜6,000マイルで沖縄へ飛ぶことはできません。

それでは、羽田〜那覇の必要なマイル数を、少ない順に比較してみます(必要マイル数は予告なしに変更される可能性あり)。

マイレージ 必要マイル数
(往復)
ANA 14,000
ローシーズン
JAL 15,000
通年
アメリカン 15,000
通年
ユナイテッド 18,000
通年
ブリティッシュ 18,000
通年


一番少ないANAマイレージクラブのローシーズンでも、羽田〜沖縄各地の往復には、14,000マイル必要になります。


↑目次へ戻る↑


ユナイテッド航空のマイルなら、沖縄へ往復たったの11,000マイルで飛べる裏技あり!


上の比較表の通り、東京〜那覇の往復には、少なくとも14,000マイル必要になるわけですが、実は往復11,000マイルで飛べる裏技があります。しかも、シーズンに関係なく通年で往復11,000マイルです

裏技で活用するマイレージは
「ユナイテッド航空・マイレージプラス」
になります。

「あれ?上の比較表にも書いてあるけど、ユナイテッド航空のマイレージだと、沖縄への往復には18,000マイル必要だよね? 11,000マイルじゃないはず」

と思われたのではないでしょうか。

その通りで、「普通に」特典航空券を予約すれば、東京〜沖縄の往復には18,000マイル必要になります。

ところが、
「ある裏技を使って」特典航空券を予約すれば、東京〜沖縄の往復をたったの11,000マイルで飛べるのです(片道だけ5,500マイルで飛ぶことも可能)

この裏技を実践するには、覚えておくことが5つあります。以下、詳細を解説します。


↑目次へ戻る↑


裏技の実践1
「最終目的地は沖縄ではなく、本州・四国・九州にする」


詳細に入る前に、まずはユナイテッド航空・マイレージプラスのANA国内線必要マイル数をまとめてみると、

飛行距離 必要マイル数
(往復)
出発地〜
最終目的地
の合計
飛行距離が
800マイル
未満
11,000〜
通年
出発地〜
最終目的地
の合計
飛行距離が
801マイル
以上
18,000〜
通年


となっています。

この必要マイル数チャートを見ると、普通は

「東京〜那覇の飛行距離は、片道801マイル以上になるから、往復には18,000マイル必要だな」

と思うわけです。これは正しい考え方で、間違ってはいません。

同時に、

「東京〜福岡の飛行距離は、片道800マイル以内になるから、福岡だと往復11,000マイルだけで飛べる」

ということもわかります。

この2つの考え方をインプットした上で、以下の説明へ続いてください。


↑目次へ戻る↑


裏技の実践2
「経由地が那覇になる旅程を選ぶ」


前述の

「羽田〜福岡の飛行距離は800マイル以内だから、往復の必要マイル数は11,000マイル」

という考え方ですが、
実は、羽田〜福岡間は直行便である必要はありません(ユナイテッド航空・マイレージプラス独自のルール)。

出発地である羽田〜最終目的地の福岡間が800マイル以内であるため、往復11,000マイルで済むわけです。

大事なのは、
羽田〜那覇〜福岡のような、遠回りして福岡へ飛ぶルートでも、羽田〜福岡間は800マイル以内なので、必要マイル数が11,000マイルになってしまうことです

ユナイテッド航空のマイルを使う場合、

ルート 必要マイル数
(往復)
羽田〜
福岡
11,000
通年
羽田〜
那覇経由
〜福岡
11,000
通年


と、
直行便でも、沖縄乗り継ぎという遠回りの乗り継ぎルートでも、必要マイル数が同じになってしまうわけです

実際に、ユナイテッド航空・公式サイト(スマホ)の特典航空券検索結果を見てみます。



まずは羽田〜福岡・直行便です。5,500マイルです。



続いて羽田〜那覇経由〜福岡の乗り継ぎ便です。これも同じ5,500マイルです。



注意として、羽田〜那覇・直行便の検索をすると、片道9,000マイルになってしまいます。最終目的地が沖縄だからです。

この裏技を実践するには、
那覇乗り継ぎの福岡行きで、特典航空券を予約することがポイントになります

ちなみに、最終目的地は必ず福岡である必要はなく、大阪、名古屋、静岡、広島、岩国、熊本、宮崎など、那覇路線がある他の空港でも大丈夫です。

特典航空券の空席が出てこない場合は、最終目的地を変えて検索し直します。例えば、羽田〜福岡で那覇経由が検索結果にない場合は、羽田〜大阪で検索すると那覇経由で出てくるケースがあります。


↑目次へ戻る↑



裏技の実践3
「特典航空券の最後の区間は放棄する」


上の解説のように、

「片道5,500マイルで、羽田→那覇→福岡というルートの特典航空券」

を予約できるわけですが、素直に福岡まで飛んでしまうと、この特典航空券を予約した旨味がありません。

沖縄へ往復11,000マイルで飛ぶのが目的ならば、沖縄に滞在することになるので、
最後の「那覇→福岡」の区間は放棄する必要があります

ここで、

「羽田→那覇→福岡という旅程の特典航空券を予約したのに、最後の那覇→福岡の区間を故意に飛ばなくてもいいの?」

という疑問があるはずです。

結論を言うと、

特典航空券の最後の区間は、放棄しても問題ありません

ユナイテッド航空・マイレージプラスの規約には、

「最初の区間を飛ばずに、2区間目以降だけ飛ぶことは不可」

というルールはありますが、

「特典航空券は必ず全ての区間を飛ぶ必要がある」

「全て予約通りに飛ばないとペナルティー(罰金)が発生する」

「全ての区間を飛ばないと差額のマイル数を請求する」

などのルールはありません。

ちなみに、羽田→那覇→福岡というルートで飛ぶ場合、羽田空港のカウンター係が、「最終目的地の福岡までの搭乗券もお渡しします」と、最後の区間の搭乗券まで発券しようとするのが一般です。

なので、カウンターでは

「那覇空港でまたチェックイン手続きするので、ここでは那覇行きの搭乗券だけで大丈夫です」と一言伝えるのがベストです

そうすることで、最終区間の「那覇→福岡」の搭乗手続きはまだ完了しないので、後から放棄するのがスムーズになります。


↑目次へ戻る↑



裏技の実践4
「受託手荷物は那覇空港で受け取るようにする」


羽田→那覇→福岡のようなルートだと、羽田空港のカウンターでは、預け手荷物は最終目的地の福岡で受け取るように手配されてしまいます。

荷物だけ福岡に行ってしまうと、今回の裏技は実践できません。

ここで大事なのが、
受託手荷物がある場合、「必ず乗り継ぎの那覇空港で受け取るようにすること」です

そうすれば、那覇空港で手荷物を受け取れるので、残りの那覇→福岡の区間は問題なく放棄できるわけです。

羽田空港のカウンターでは、おそらく最終目的地の福岡で手荷物を受け取るように手配してくるので、

「那覇空港で荷物を開きたいので、那覇空港で荷物を受け取れるようにしてください」

と一言伝えれば大丈夫です。

中には、気を利かせたスタッフが

「そうしますと、那覇空港で再び荷物を預け直す必要がありますが、大丈夫でしょうか」

など言ってきますが、「大丈夫です」など適当に答えれば大丈夫です。

最後に、
羽田のカウンター係に「最後の区間は放棄します」とは決して言わないでください。係員によっては色々ややこしくなります。


↑目次へ戻る↑


裏技の実践5
「那覇空港に到着後、最後の区間を放棄することを、ANAに連絡するのがマナー」


預け手荷物がある場合、那覇空港で荷物を受け取るようにすれば、後は那覇空港に到着後、荷物を受け取れば大丈夫です。

沖縄に到着したばかりで、気分ルンルンかもしれませんが、まだ肝心な那覇→福岡のような最後の区間が残っているわけです。

この時点では、
ANA側からすれば、あなたは那覇→福岡のフライトに搭乗予定と思っているわけですから、ANAに搭乗しないことを伝えるのがベターです

(※ちなみに、このような状況で、放棄することを連絡しない乗客がいるのは航空会社も把握しているので、座席数より多い人数の予約を受け入れる、いわゆるオーバーブッキングが行われています)

連絡方法は、
・那覇空港のANAカウンター
・ANAコールセンター
のどちらでも大丈夫です。

もし残りの区間を放棄する理由を聞かれたら
「沖縄で急用ができたので」
「残りの区間が無効になることは承知しています」
などと伝えれば、通常は他に聞かれることはありません。

以上、

「羽田のカウンターでは、那覇で荷物を受け取るように手配してもらう(受託手荷物がある場合)」

「那覇空港に到着後、残りの区間には搭乗しない旨を連絡する」


の2つさえ忘れなければ、片道5,500マイルで東京〜沖縄を飛べる裏技を実践することができます。


↑目次へ戻る↑


羽田に戻る特典航空券も、することは同じ


片道5,500マイルで飛ぶには、帰りの那覇→羽田でもすることは同じです。手順をまとめると、

「那覇→羽田→福岡など、羽田乗り継ぎの特典航空券を5,500マイルで予約する」



「受託手荷物がある場合、那覇空港のカウンターでは、羽田空港で荷物を受け取れるように手配してもらう」

「同時に、那覇空港では、那覇→羽田だけの搭乗手続きをしてもらう。残りの羽田→福岡などの区間の搭乗手続きは、羽田到着後にしますと伝える」



「羽田に到着後、ANAに連絡して、残りの区間(羽田→伊丹など)には乗らない旨を伝える」

となります。


↑目次へ戻る↑



札幌・仙台・中部・小松など、日本全国からの出発も対象


上で紹介している、沖縄まで片道5,500マイルで飛ぶ方法ですが、出発空港は羽田だけに限定されているわけではありません。

札幌・仙台・中部・小松・秋田・青森など、ANAが就航している日本全国の空港が対象になります。

例えば、札幌〜那覇を片道5,500マイルで飛ぶには、札幌〜中部の特典航空券を検索して、札幌→羽田→那覇→中部というルートの特典航空券を予約して、最後の那覇→中部の区間を放棄します(最終目的地は中部以外でも実践可能)。

中部〜那覇を片道5,500マイルで飛ぶには、中部〜福岡の特典航空券を検索して、中部→那覇→福岡というルートの特典航空券を予約して、最後の那覇→福岡の区間を放棄します(最終目的地は中部以外でも実践可能)。

仙台〜那覇を片道5,500マイルで飛ぶには、仙台〜羽田の特典航空券を検索して、仙台→大阪→那覇→羽田というルートの特典航空券を予約して、最後の那覇→羽田の区間を放棄します(最終目的地は羽田以外でも実践可能)。

このように、
出発空港に関係なく、最終目的地を那覇以外なおかつ出発地から800マイル以内の空港に指定して、数あるルートの中から、途中那覇を乗り継ぐ旅程を選ぶことにより、那覇へ片道5,500マイルで飛ぶこともが可能になります


↑目次へ戻る↑



100円で1.5マイル貯まるカードに注目


「たったの11,000マイルで羽田〜那覇を往復できる裏技」を細かく解説しましたが、当たり前ですが、この裏技はユナイテッド航空のマイルが貯まっているのが前提になります

「沖縄まで往復11,000マイルだけで飛びたいけど、肝心なユナイテッド航空のマイルがない」

という方には、ユナイテッド航空のマイルが効率よく貯まるクレジットカードが必須になります。


ユナイテッド航空・マイレージプラスのマイルが貯まるクレジットカードは多数ありますが、その中で一番貯まるカードでは、100円で1.5マイル貯まります。

そのカードとは、

1.
MileagePlus JCBゴールドカード

2.
MileagePlus ダイナースクラブファースト

3.
MileagePlus セゾンカード


になります。

つまり、上記3枚のカードであれば、100円につき1.5マイル貯まるので、効率よくユナイテッド航空マイルを貯めることができます。

100円で1.5マイル貯まる場合、約73万円のカード利用で11,000マイル貯まります。年間約146万円のカード利用で22,000マイルは貯まります。

月に12−13万円のカード利用で、毎年沖縄への2往復分(または2人で1往復分)に十分なマイル数が貯まることを考えると、とてもお得なことがわかります


↑目次へ戻る↑


年会費が一番安い、MileagePlusセゾンカードのコスパが最強


上記3枚のクレジットカードであれば、どれでも100円で1.5マイル貯まるわけですが、マイルの積算率が同じということは、年会費が一番安いクレジットカードがいいことになります。

それでは、上記3枚の年会費はどうでしょうか。比較してみます。

MileagePlus JCBゴールドカード
→16,500円(税込)

MileagePlus ダイナースクラブファースト
→47,300円(税込)

MileagePlus セゾンカード
→7,150円(税込)


つまり、
年会費が7,150円(税抜)である、MileagePlusセゾンカードが、一番お得にユナイテッド航空マイルを貯められるクレジットカードになるわけです

MileagePlusセゾンカードの通常の年会費は1,650円(税込)で、マイル加算率は100円で0.5マイルですが、年会費に追加5,500円(税込)を払いマイルアップメンバーズに入れば、100円で1.5マイル貯まるようになります。


↑目次へ戻る↑


モバイルSuica・SMART ICOCAのチャージも、マイル加算対象




MileagePlusセゾンカードのメリットは、安い年会費だけではありません。

実は、
MileagePlusセゾンカードだと、JR系電子マネーである

・モバイルSuica
・SMART ICOCA

のチャージでも、マイルが貯まるのです


例えば、MileagePlusセゾンカードで、モバイルSuica1万円分のチャージをすれば、150マイル貯まることになります。

Suicaは関東のPasmoエリアでも、関西のICOCA・PiTaPaエリアでも使えるので、MileagePlusセゾンカードでチャージしたモバイルSuicaで乗車すれば、ユナイテッド航空のマイルを貯められることになります。

ちなみに、モバイルSuicaは、全国の交通系電子マネーとも相互利用できるので、以下の交通系電子マネー沿線に住んでいる場合や、以下の電子マネーでしか払えない店舗でも、モバイルSuicaを使うことができます。

・PASMO
・PiTaPa
・TOICA
・manaca
・SUGOCA
・nimoca
・はやかけん
・SAPICA
・Kitaca


モバイルSuica、SMART ICOCAの大きなメリットの1つが、
「駅ビルなどでよくある、クレジットカード払いはできないが、電子マネー払いはできる店舗でも、マイルを貯められること」です。

当たり前ですが、カード払い不可の場所では、MileagePlusセゾンカードを使えないので、100円で1.5マイル貯めることもできません。

しかし、モバイルSuica、SMART ICOCAのチャージでも100円1.5マイル貯まるので、クレジットカード払い不可の店舗でも、モバイルSuica、SMART ICOCAで支払えば、間接的にマイルを貯められるわけです。

世の中には、
カード払いはできないけれど、Suicaを含む電子マネー払いはできる店舗は、まだまだたくさん存在します

例えば、牛丼チェーンの松屋は、基本的にカード払い不可ですが、多数の店舗では、券売機の支払いでSuicaを使うことができます。


1回の利用料金は少ない電車代・バス代ですが、
1年間と長い期間でみると大きな金額になるので、無駄なくユナイテッド航空のマイルを貯めることができます


↑目次へ戻る↑


東京〜沖縄を往復たったの11,000マイルで飛ぶまでの手順


以下、詳しい手順です。

その1

MileagePlusセゾンカードに入会する



その2
MileagePlusセゾンカードが届いたら、別途マイルアップメンバーズに加入する

●MileagePlusセゾンカードの申し込みと同時に、マイルアップメンバーズに加入はできません。カードが送られてくる封筒の中に、マイルアップメンバーズの申込書が同封されているので、カードが届いた後に別途申し込む必要があります

●マイルアップメンバーズに加入しないと、100円で1.5マイル貯まらず、MileagePlusセゾンカードを最大限に活用できないので注意してください



その3
ユナイテッド航空の11,000マイル以上獲得後、羽田〜沖縄間の特典航空券を予約する

ユナイテッド航空のマイルを使った、ANA国内線特典航空券の詳しい予約方法の解説はこちら

●出発地は羽田、目的地は福岡・大阪・中部・鹿児島、広島、松山など、那覇以外に設定して、特典航空券の検索をする必要あり

●出発地は羽田、目的地を那覇にすると、片道9,000マイル〜必要になるので注意

●ユナイテッド航空のマイルは、有効期限がないので、慌ててマイルを使いきる必要なし



その4
ANAで羽田〜沖縄間を飛ぶ(以下を忘れないように注意)

●行きの羽田空港では羽田→那覇だけの、帰りの那覇空港では那覇→羽田だけの搭乗手続きをしてもらう
(つまり、受け取る搭乗券は1枚だけ)

●預け手荷物がある場合、行きは那覇空港で受け取るように、帰りは羽田空港で受け取るように手配してもらう

●行きは那覇空港に到着後、帰りは羽田空港に到着後、ANAに連絡して、残りの区間は放棄する旨を伝える
ANAコールセンターの番号はこちら

●搭乗する前は、空港の係員には「放棄する予定であること」は伝えないのがベター



↑目次へ戻る↑


> マイルで得得・トップページへ

※ このページの情報は、予告なしに変更されることがあります。