マイルで得得各マイル関連チャート特典航空券必要マイル数チャート > ANAマイレージクラブ(国内線特典)

ANAマイレージクラブの特典マイル数チャート
(ANA日本国内線用)
ANA国際線の特典マイル数はこちらのチャートを参照


このマークは、他のマイレージプログラムよりも必要マイル数が少なめに設定されていること、または、マイルの利用価値が高めになることを意味します。

このマークは、他のマイレージプログラムよりも必要マイル数が多めに設定されていること、または、マイルの利用価値が低めであることを意味します。


ANAマイレージクラブ、特典航空券の発券・変更・キャンセルの手数料一覧

掲載されている情報・必要マイル数は、予告なしに変更されることがあります。

飛行区間 航空会社 シーズン
L
ロー
シーズン
R
レギュラー
シーズン
H
ハイ
シーズン
全飛行マイル数が
600以下


羽田
- 大島
- 三宅島
- 八丈島
- 富山
- 能登
- 小松
- 秋田
- 大阪

成田
- 仙台
- 庄内
- 伊丹

大阪
- 高知
- 松山
- 石見
- 福岡
- 大分
- 熊本
- 宮崎

名古屋
- 徳島
- 米子
- 松山
- 新潟
- 福島

札幌
- 函館
- 釧路
- 女満別
- 利尻
- 稚内
- 根室中標津

福岡
- 対馬
- 五島福江

仙台
- 函館
- 小松

沖縄
- 宮古
- 石垣

・全日空

往復
(2区間)
10,000


片道
(1区間)
5,000

往復
(2区間)
12,000


片道
(1区間)
6,000
往復
(2区間)
15,000


片道
(1区間)
7,500
全飛行マイル数が
601〜1,600


羽田
- 札幌
- 稚内
- 女満別
- 旭川
- 根室中標津
- オホーツク紋別
- 釧路
- 函館
- 大館能代
- 岡山
- 広島
- 山口宇部
- 鳥取
- 米子
- 荻・石見
- 高松
- 徳島
- 松山
- 北九州
- 高知
- 福岡
- 佐賀
- 大分
- 熊本
- 長崎
- 宮崎
- 鹿児島

大阪
- 札幌
- 稚内
- 女満別
- 釧路
- 函館
- 秋田
- 庄内
- 大館能代
- 福島
- 仙台
- 新潟
- 佐賀
- 長崎
- 鹿児島
- 沖縄

名古屋
- 札幌
- 稚内
- 女満別
- 旭川
- 函館
- 秋田
- 仙台
- 福岡
- 大分
- 熊本
- 長崎
- 宮崎
- 鹿児島

札幌
- 庄内
- 福島
- 仙台
- 新潟
- 富山
- 小松
- 岡山
- 広島
- 松山

福岡
- 福島
- 新潟
- 富山
- 小松
- 沖縄

仙台
- 広島
- 福岡

沖縄
- 広島
- 高松
- 大分
- 熊本
- 長崎
- 宮崎
- 鹿児島

・全日空 往復
(2区間)
12,000


片道
(1区間)
6,000
往復
(2区間)
15,000


片道
(1区間)
7,500
往復
(2区間)
18,000


片道
(1区間)
9,000
全飛行マイル数が
1,601〜2,000


東京
- 沖縄

大阪
- 石垣

名古屋
- 沖縄

静岡
- 沖縄

札幌
- 福岡
- 鹿児島

・全日空 往復
(2区間)
14,000


片道
(1区間)
7,000
往復
(2区間)
18,000


片道
(1区間)
9,000
往復
(2区間)
21,000


片道
(1区間)
10,500
備考
那覇経由で宮古島・石垣島へ飛ぶ場合、往復で4区間になりますが、上記の往復2区間の必要マイル数で飛ぶことができます。
全飛行マイル数が
2,001〜4,000


東京
- 石垣
- 宮古

名古屋
- 石垣

沖縄
- 札幌
- 仙台
- 新潟

・全日空 往復
(2区間)
17,000

片道
(1区間)
8,500

往復
(2区間)
20,000

片道
(1区間)
10,000
往復
(2区間)
23,000

片道
(1区間)
11,500
備考
那覇経由で宮古島・石垣島へ飛ぶ場合、往復で4区間になりますが、上記の往復2区間の必要マイル数で飛ぶことができます。
>ANAマイレージクラブでの、おススメする特典旅行例の一覧はこちら

【利用条件】
必要マイル数は
L (ローシーズン)
R (レギュラーシーズン)
H (ハイシーズン)

によって変わります。

L 2016年 1/5〜2/26、4/1〜4/27、12/1〜12/22
2017年 1/5〜2/28
R 2016年 2/27〜3/17、5/10〜8/9、8/23〜11/30
2017年 3/1〜3/15
H 2016年 1/1〜1/4、3/18〜3/31、4/28〜5/9、8/10〜8/22、12/23〜12/31
2017年 1/1〜1/4、3/16〜3/31

コードシェア便であるAir do、スターフライヤー、スカイネットアジア航空、IBEXエアラインズ、オリエンタルエアブリッジ運航の便も利用できます。例えば、スターフライヤーの羽田−北九州線もANA便として、特典航空券で乗ることができます。

基本的に往復で2区間のみ飛べますが、例外として、那覇経由で宮古、石垣へ飛ぶ場合は合計で4区間飛ぶことができます。なお、経由地である那覇でストップオーバーは出来ません。

半分のマイル数で片道だけ利用することはできません。片道利用でも、往復分のマイル数が必要になります。

日本国内線の特典航空券では、プレミアムクラスは利用できません。 普通席のみ予約できます。 普通席の特典航空券で、搭乗日当日に、プレミアムクラスに空きがあれば、追加料金を払ってアップグレードすることは可能です。


>特典必要マイル数チャートの一覧へ


↑ページのトップへ


>マイルで得得のトップへ