マイルで得得 > コラム > このコラム


コラム
掲載:2018年12月

マイル加算先が1つのマイレージプログラムだけでも、マイルを貯めるべき3つの理由

※このコラムでは、マイル加算先が限定されても、マイルを貯めるべき理由について触れています。





目次



マイル加算対象のマイレージプログラムが1つだけでも、せっかくだから貯めておこう


乗る航空会社・航空券の運賃(予約クラス)によっては、マイルを貯められるマイレージプログラムが1つしかないケースがあります。

マイルを1箇所しか加算できない例を一部挙げてみます(2018年12月現在)。

・ベトナム航空・予約クラスR

ベトナム航空の「R」クラスは、現在自社のロータスマイルしか加算対象になりません。

・マレーシア航空・予約クラスG

マレーシア航空のGクラスは、自社のエンリッチにしか加算できません。

このように、特に安い航空券(パックツアーを含む)だと、強制的に1箇所しか貯められないケースがあるわけですが、この時、普段からメインで貯めているマイレージじゃないという理由で、加算しない人も多いのではないでしょうか。

しかし、このコラムでは「1箇所しか加算対象じゃなくても、あえてマイルを貯めるべき3つの理由」について触れてみます。


↑目次へ戻る↑


理由1:
お得な特典航空券が誕生するかもしれない


普段貯めていないマイレージプログラムに仕方なく貯めたとしても、後からお得な(必要マイル数が少ない)特典航空券が誕生する可能性もゼロではありません

例えば、ベトナム航空・ロータスマイルは、ANAともマイレージ提携していますが、将来、必要マイル数が下がる可能性も(少ないですが)あるわけです。

例えば、ANA国内線の必要マイル数が、片道5000マイルに下がるかもしれません。もし5000マイルに下がったら、一度強制的にロータスマイルに貯めたマイルも役立つわけです。

次回の旅行にスカイチーム加盟航空会社を選び、マイルをロータスマイルに加算して、5000マイル以上貯めたら、ANA国内線の特典航空券を予約できます。

これなら、はじめは強制的に仕方なく貯めたロータスマイルのマイルも、うまく活用できたことになります。


↑目次へ戻る↑


理由2:
クレジットカードのポイントを移行できるようになるかもしれない


例えば、上の例のように、ベトナム航空・ロータスマイルで、お得な特典航空券が誕生したとします。

しかし、必要マイル数には足らず、しばらくベトナム航空やスカイチーム加盟航空会社に乗る予定もないかもしれません。
いくらお得な特典航空券が誕生しても、十分なマイル数がなくては予約できません

ところが、あるクレジットカードのポイントが、ベトナム航空のマイルに交換できるようになるかもしれません。現実味があるのは、アメリカンエキスプレスカードか、ダイナースクラブカードのポイントでしょうか。

可能性は低いですが、ベトナム航空・ロータスマイルで、ANA国内線が片道5000マイルになったとします。そして、アメリカンエキスプレスのポイントが、ベトナム航空・ロータスマイルと提携する可能性もゼロではないわけです。

もし、強制的に貯めたベトナム航空のマイルが2000マイルあり、後からアメリカンエキスプレスが提携したら、3000ポイントを3000マイルに交換して、5000マイルで特典航空券を予約、ということができるわけです。

あくまでも例であり、可能性は低いですが、100%起こらないとも言えません。


↑目次へ戻る↑


理由3:
海外の現地限定で、数千マイルで使える特典が誕生するかもしれない


外資系航空会社のマイルを、日本国内で少ないマイル数で使える機会はほとんどないですが、海外現地なら、その可能性は十分あります。

例えば、将来ベトナム航空・ロータスマイルで、ハノイ空港〜ハノイ市内のリムジンバスクーポンに、片道1~2000マイルで交換できるようになるかもしれません。

マレーシア航空のマイルでも、クアラルンプール空港と市内を結ぶ電車に数千マイルで乗れる特典が誕生するかもしれません。

実際に、大韓航空・スカイパスでは、1,000マイルから、空港のリムジンパスのクーポンに交換することができます。

このように、海外現地に限定されますが、数千マイルで使える特典が誕生するかもしれません。 数千円の価値しかないかもしれませんが、強制的に仕方なく貯めたマイルだからこそ、うまく活用すれば満足感も高くなります。




↑目次へ戻る↑

> コラム・一覧へ

> マイルで得得・トップページへ

※ このページの情報は、予告なしに変更されることがあります。