マイルで得得 > 裏技 > 1回も飛ばずに、ステータスマッチで即スターアライアンスのゴールド会員になる方法




目次 (このページの内容)



スターアライアンスのゴールド会員(上級会員)になると、たくさんの特典を受けられる


マイレージプログラムの醍醐味の1つに、「上級(エリート)会員になると、優先チェックイン、専用の荷物検査レーン、ビジネスクラスラウンジ、優先搭乗、荷物の優先受け取りなど、VIP扱いを体験できる」ことがあります。

例えば、特に繁忙期などは、エコノミークラスのチェックインカウンターの行列が長い中、マイレージ上級会員は、空いている専用カウンターまたはビジネスクラスカウンターでチェックインすることができます。

搭乗するまでの間も、
乗るのがエコノミークラスであっても、上級会員は、ビジネスクラスラウンジでゆったりすることができます

搭乗時は、利用クラスがエコノミークラスであっても、ビジネスクラスの乗客と一緒に優先搭乗することができます。

スターアライアンスの場合、スターアライアンスのゴールド会員になると、乗るのがエコノミークラスでも、ビジネスクラスの乗客と同じ優遇を受けることができます。


↑目次へ戻る↑


スターアライアンスのゴールド会員は、ANAに乗る時も、たくさんの優遇を受けられる。ANAラウンジにも入室可能!


日本人にとって、スターアライアンス・ゴールド会員の最も嬉しい特典の1つは、ANAを普通席(国内線)・エコノミークラス(国際線)で利用する時にも、上級会員の特典を受けられることです

例えば、スターアライアンスのゴールド会員は、ANAに乗る時、以下の特典を受けることができます(利用する空港により、特典内容は異なります)。

・優先カウンターでチェックイン
・専用の荷物検査レーン
・ANAラウンジの利用
・優先搭乗
・預け手荷物の優先受け取り(荷物を預けた場合)


ANAマイレージクラブの上級会員にならなくても、スターアライアンスのゴールド会員になれば、上記の特典を受けることができます。


↑目次へ戻る↑


ユナイテッド航空がステータスマッチ・キャンペーンを実施中。このキャンペーンを利用すれば、1回も飛ばずにスターアライアンスのゴールド会員になれる!


ユナイテッド航空のマイレージプログラム「マイレージプラス」は、期間未定で、ステータスマッチキャンペーンを実施しています

ステータスマッチとは、
「他の航空会社のマイレージプログラムで上級会員の人は、うちの航空会社のマイレージプログラムでも、即上級会員にしてあげます」というキャンペーンになります

つまり、ユナイテッド航空が実施しているこのキャンペーンでは、
「他社のマイレージプログラムで上級会員である場合は、ユナイテッド航空・マイレージプラスの上級会員にしてあげます」という内容になります

例えば、
同じアメリカのデルタ航空・スカイマイルの上級会員である方は、今回のユナイテッド航空のステータスマッチキャンペーンを活用すれば、すぐにユナイテッド航空の上級会員になることができるわけです

これは別にデルタ航空・スカイマイルである必要はなく、JALマイレージバンク、キャセイパシフィック航空・アジアマイル、大韓航空・スカイパスなどの上級会員も対象になります。

例として、現在デルタ航空・スカイマイルの上級会員である場合、ユナイテッド航空・マイレージプラスのどの会員レベルでステータスマッチがされるのでしょうか。

デルタ航空
スカイマイル
. ユナイテッド航空
マイレージプラス
シルバー
メダリオン
プレミア
シルバー
ゴールド
メダリオン
プレミア
ゴールド
プラチナ
メダリオン
プレミア
プラチナ


具体的な名称はマイレージプログラムにより異なりますが、上のように、
「デルタ航空のゴールド会員は、ユナイテッド航空のゴールド会員に」のように、同じレベルの上級会員になれます


↑目次へ戻る↑



現在、どこの上級会員出ない人にもチャンスあり!


デルタ航空・スカイマイル、JALマイレージバンクなど、どの航空会社のマイレージプログラムでもいいのですが、現在上級会員である方は、今回のステータスマッチキャンペーンを利用して、すぐにユナイテッド航空の上級会員になれることになります。

ただし、
このステータスマッチには1つの欠点があり、現在どのマイレージプログラムでも上級会員でない方は、今回のユナイテッド航空によるステータスマッチに参加できないことになります

しかし、裏技があります。

それは、デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードに入会して、まずはデルタ航空・スカイマイルのゴールドメダリオン会員になる方法です。

デルタ航空・スカイマイルは珍しく、デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード(クレジットカード)に入会するだけで、
すぐにデルタ航空の上級会員である、ゴールドメダリオン会員資格が与えられるのです。デルタ航空を飛ぶ必要はありません

(※ ゴールドメダリオン会員が付与されるのは本会員のみ。家族会員カードの会員は、ゴールドメダリオン資格付与の対象外)

つまり、
デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードに入会し、一旦デルタ航空の上級会員になることで、今回のユナイテッド航空による、ステータスマッチにも参加できることになります

具体的には、

デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードに入会



デルタ航空・スカイマイルのゴールドメダリオン会員になる


ステータスマッチに参加して、ユナイテッド航空・マイレージプラスのプレミアゴールド会員(スターアライアンスのゴールド会員)になる


という順序になります。


↑目次へ戻る↑


スターアライアンスのゴールド会員は、ユナイテッド航空、ANAのほか、スターアライアンス加盟航空会社に乗る時にも、同じメリットを受けられる!


ユナイテッド航空・マイレージプラスのプレミアゴールド会員になれば、たくさんのメリットがあります。

なお、
ユナイテッド航空のプレミアゴールド会員になると、同時にスターアライアンスのゴールド会員にもなります

つまり、
ユナイテッド航空のほか、以下のスターアライアンス加盟航空会社に乗る時も、同じ上級会員の特典を受けることができます(日本に就航している航空会社だけを抜粋)。

・ANA
・中国国際航空
・エアインディア
・アシアナ航空
・エバー航空
・深セン航空
・シンガポール航空
・タイ国際航空
・エアカナダ
・オーストリア航空
・LOTポーランド航空
・ルフトハンザドイツ航空
・スカンジナビア航空
・スイス航空
・トルコ航空
・ニュージーランド航空
・エチオピア航空 など


(※ スターアライアンスに加盟していない航空会社とのコードシェア便だと、上級会員向けの特典の対象外になる場合があります。例:シルクエア運航によるシンガポール航空便、エアプサン運航によるアシアナ航空便など)


↑目次へ戻る↑


メリット1
「優先チェックイン」


スターアライアンスのゴールド会員は、ユナイテッド航空、ANAを含む、スターアライアンス加盟航空会社に乗る時、エコノミークラス利用でも、ビジネスクラスカウンター(または専用カウンター)でチェックインできます

ゴールデンウィークやお盆休みなどの繁忙期だと、カウンターの待ち時間が20分を超えることもよくあります。

閑散期でも、空港や航空会社によっては、カウンターの数があまり多くなく、結果20分以上待たされることがあります。

そんな中、
スターアライアンスのゴールド会員になれば、エコノミークラスでも、待ち時間がほぼない、ビジネスクラスのチェックインカウンターを利用することができます




羽田空港にあるANAプレミアムチェックインの入り口です。高級な雰囲気です。ANAの普通席を利用する時でも、スターアライアンスのゴールド会員であれば、このプレミアムチェックインのカウンターを利用できます。




伊丹空港にある、ANAプレミアムチェックインのカウンターです。



台北・松山空港にある、エバー航空のチェックインカウンターです。これはエコノミークラスのカウンターですが、それなりの行列が出来ています。



ところが、スターアライアンスのゴールド会員は、乗るのがエバー航空のエコノミークラスでも、このように空いているビジネスクラスのチェックインカウンターを利用することができ、これで数十分の節約になります。


↑目次へ戻る↑


メリット2
「専用の荷物検査レーン」

(成田空港:全てのスターアライアンス加盟航空会社が対象)
(羽田空港:ユナイテッド航空だけ)


スターアライアンスのゴールド会員は、ユナイテッド航空またはスターアライアンス加盟航空会社利用時、専用のセキュリティー荷物検査(保安検査)を利用することができます。

本来はビジネスクラス・ファーストクラス客用ですが、スターアライアンスのゴールド会員であれば、利用クラスがエコノミークラスでも、この専用レーンで荷物検査を受けられます。

出発便が集中する午前中や繁忙期だと、
荷物検査を通過するだけで20分以上かかる場合もありますが、専用レーンだと、他に人がいても通常5分以内で済んでしまいます

成田空港の保安検査場 特に午前中は長い行列ができる

成田空港・第1ターミナルにある、一般の乗客向けの荷物検査場。一般の乗客向けなので、混雑しています。



こちらは専用の荷物検査場の入口です。スターアライアンスのゴールド会員会員は、利用クラスがエコノミークラスでも、この専用検査場を利用できます。

ユナイテッド航空だけでなく、ANA、アシアナ航空、シンガポール航空、エアカナダ、トルコ航空など、各スターアライアンス加盟航空会社も対象になります。

羽田空港・国際線ターミナル・上級会員専用の保安検査場

羽田空港・国際線ターミナルにある、保安検査場の優先レーンです。

羽田・国際線ターミナルの優先保安検査場は自社便だけ対象

成田とは違い、ユナイテッド航空・プレミアゴールド会員の場合、羽田空港の優先レーンを使えるのはユナイテッド航空に乗る時だけです。ANAやルフトハンザドイツ航空などは対象外になるので、成田よりは厳しいルールになっています。

海外の空港でも、上級会員が使える保安検査場の優先レーンが用意されていることがよくあります。



例えば、ユナイテッド航空のハブ空港であるサンフランシスコ空港の保安検査は、一般用のレーンだと、このように長い列になることがよくあります。特に、日本から到着して、アメリカ国内線に乗り継ぐ時間帯は混雑しています。



ところが、スターアライアンスのゴールド会員だと、「GOLD TRACK」という専用のレーンから入れます。



一般レーン比べて優先レーンだと、人が一気に少なくなります。これでも10〜20分以上の節約になります。


↑目次へ戻る↑


メリット3
「ビジネスクラス・ラウンジに入れる」


スターアライアンスのゴールド会員は、スターアライアンス加盟航空会社のエコノミークラスに乗る時でも、ビジネスクラスラウンジを利用できます。

例えば、
ユナイテッド航空利用時はユナイテッド航空のラウンジ、ANA利用時はANAラウンジ、エバー航空利用時はエバー航空のラウンジ、タイ航空利用時はタイ航空のラウンジといった具合です

(※ ゴールド会員の同伴者1名も、ラウンジ特典の対象。同伴者はゴールド会員である必要なし)

成田はもちろん、海外の経由地の空港でもラウンジに入ることができます。

例えば、ユナイテッド航空利用時は経由地のサンフランシスコ空港などで、エバー航空利用時は経由地の台北/桃園空港で、シンガポール航空利用時は経由地のシンガポール空港で、ルフトハンザ航空利用時は経由地のミュンヘンやフランクフルトで、ビジネスクラスラウンジに入ることができます。



羽田空港・国内線ターミナルにあるANAラウンジです。



羽田空港・国際線ターミナルにあるANAラウンジです。



羽田空港・国際線ターミナルのANAラウンジで提供されている食事類です。



台北/桃園空港にあるエバー航空ラウンジです。



エバー航空ラウンジの食事です。ANAラウンジ(国際線)に引けを取らない豪華さです。


↑目次へ戻る↑


メリット4
「優先搭乗」


スターアライアンスのゴールド会員は、スターアライアンス加盟航空会社を利用する時、乗るのがエコノミークラスであっても、ファーストクラス・ビジネスクラスの乗客と一緒に、ゲートから優先搭乗することができます。

(ファーストクラス・ビジネスクラスの乗客より1段階遅めの搭乗になる航空会社もありますが、他のエコノミークラス客よりは早く搭乗できます)

特に、乗る飛行機がB777やA380などの大型機になると、エコノミークラスの利用者数も多くなり、飛行機に乗れるまで15分以上待つケースもあります。

ところが、スターアライアンスのゴールド会員会員になると、ビジネスクラス・ファーストクラス客用のレーンから優先的に搭乗することができます。



羽田空港・国内線・ANAの搭乗口です。搭乗ゲートの案内掲示板では、優先搭乗の案内が表示されます。その中に「Star Alliance Gold」のマークも表示されています。



サンフランシスコ空港・ユナイテッド航空の出発ゲート。ゴールド会員は、人が少ない奥の「2番」レーンから優先搭乗することができます。「3番」以降は一般のエコノミークラス客になります。


↑目次へ戻る↑



メリット5
「目的地での荷物の優先受け取り」


スターアライアンスのゴールド会員は、スターアライアンス加盟航空会社を利用する時、乗るのがエコノミークラスでも、到着地の空港では早めに荷物を受け取ることができます。

基本的に、到着地のバッゲージクレームでは、ファーストクラス、ビジネスクラス、上級会員の荷物が優先的に出てきます。

数百人も乗っているエコノミークラスだと、自分の荷物が出てくるのが最後のほうだと、20分以上待たされることもあります。



しかし、スターアライアンスのゴールド会員であれば、乗るのがエコノミークラスでも、このような「Priority」と書かれたオレンジ色の優先タグを付けてくれます。

この優先タグが付いていれば、到着地でも優先的に早めに出てきます。これは、ユナイテッド航空のエコノミークラスに乗った時に付けてもらった優先タグです。


↑目次へ戻る↑


初めの3ヶ月間は、無条件でプレミアゴールド会員。
その3ヵ月の間に、ユナイテッド航空で12,500マイル以上獲得すると、2019年1月末まで延長!


デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードに入会し、デルタ航空の上級会員になり、ステータスマッチを活用することにより、ユナイテッド航空の上級会員(スターアライアンスのゴールド会員)にもなれるわけですが、これは期間限定のサービスになります。

まず、ステータスマッチでユナイテッド航空・マイレージプラスのプレミアゴールド会員になると、
無条件で、このプレミアゴールド会員資格は90日間有効になります

この90日間以降も、プレミアゴールド会員資格を維持し続けるには、
この90日間の間に、ユナイテッド航空利用で、12,500マイル以上飛ぶ必要があります

12,500マイル以上獲得すれば、
プレミアゴールド会員資格は、2019年1月末まで維持することができます

一番簡単なのは、
ユナイテッド航空利用の、成田〜ニューアーク(EWR)間、または成田〜ワシントンDC間の往復です。1往復で約13,000マイル以上獲得できるので、条件の12,500マイルをクリアします

逆に、ホノルル路線やグアム路線、サンフランシスコ、ロサンゼルスなどアメリカ西海岸への往復だと、1往復では12,500マイル以上にならないので注意が必要です。

関西発であれば、
関空〜サンフランシスコ線を利用し、サンフランシスコ経由でニューヨークなどの東海岸へ飛べば、1往復で12,500マイル以上獲得することができます

まとめると、

スターアライアンスのゴールド会員になれるのは、3か月間だけでいい(その3か月の間に、スターアライアンス加盟航空会社に乗れる)

3か月以内に、ユナイテッド航空に乗る必要なし

スターアライアンスのゴールド会員資格は、2019年1月まで維持したい

3か月以内に、日本からユナイテッド航空で、アメリカ東海岸へ飛ぶ必要あり


となります。


↑目次へ戻る↑


初めの90日間は、プレミアゴールド会員カードがない。心配な場合はアプリを活用。


今回のステータスマッチキャンペーンですが、1つの注意点として、「初めの90日間は、手元にプレミアゴールド会員カードが送られてこない」ことがあります

ラウンジに入る時は、公式には一応、「搭乗券、ゴールド会員資格がわかる会員カード」の2点を提示することになっています。

しかし、ユナイテッド航空のプレミアゴールド会員の場合、搭乗券(ボーディングパス)に、ユナイテッド航空のゴールド会員(スターアライアンスのゴールド会員)であることがわかるように、「UA*G」と印字されます。

最近は、
ラウンジの入口で、「UA*G」と印字されている搭乗券を見せるだけで、ラウンジに入れてくれるケースがほとんどです

もし「カードも見せてください」と言われても、
「忘れて今はありません」など適当に言えば大丈夫なケースがほとんどです(受付の係員によっては、スターアライアンスのゴールドと印字されている搭乗券だけの提示では、ラウンジの入室が拒否される可能性もあります)。

カードの提示ができないと、ラウンジの入室を断られる可能性もゼロではないので、そんな時に役立つのが、
ユナイテッド航空のスマホ用アプリです

ユナイテッド航空のアプリをダウンロードし、自分の会員番号でログインすると、マイレージプラスの会員レベルが表示されます。

ユナイテッド航空アプリ ゴールド会員カードの提示画面

このように、Status Levelの箇所が「Premier Gold」と表示されるので、マイレージプラスのゴールド会員(=スターアライアンスのゴールド会員)であることがわかります。

なお、
初めの90日間に、ユナイテッド航空搭乗で12,500マイル以上獲得すると、約1カ月後に、プレミアゴールド会員カード(プラスチック製の会員カード)が郵送され、それは2019年1月末まで有効になります


↑目次へ戻る↑


ユナイテッド航空のプレミアゴールド会員(スターアライアンスのゴールド会員)になるための手順


その1
デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードに入会する



その2
デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードが手元に届き、デルタ航空・スカイマイルのゴールドメダリオン会員へ昇格

●念のため、デルタ航空のサイトからログインし、ゴールドメダリオン会員になっているか確認されることをおすすめします

●ゴールドメダリオン会員が付与されるのは本会員のみ。家族会員カードの会員は、ゴールドメダリオン資格付与の対象外



その3
スマートフォンで、デルタ航空のアプリをインストールする

●デルタ航空のPC公式サイトからログインして、印刷できるゴールドメダリオンカードには、ゴールドメダリオン会員資格の有効期限が印字されていないため、使用できません。スマホ用のデルタ航空アプリを使用してください

●以下でも解説していますが、スマホが用意できない場合は、デルタ航空のPCサイトでログインして、ゴールドメダリオン会員資格の有効期限が提示されているページのスクリーンショットを使用してください

●デルタ航空のアプリは、「Delta Airlines」で検索すれば、候補に表示されます

デルタ航空のアプリ内で、デジタル版のゴールドメダリオンカードを提示する方法はこちらからご確認ください

デルタ航空・ゴールドメダリオンカードのデジタル版

デルタ航空のアプリ内で、デジタル版のゴールドメダリオン会員証を表示することができます。空港では、このデジタル版を表示すれば、上級会員として扱われます

海外だと、Wifiなどの接続がないと、アプリ内でデジタル版カードをすぐに表示できない可能性があるので、日本国内にいる時に、デジタルカードを表示させている画面を保存されることをおすすめします



その4
ユナイテッド航空・マイレージプラスに入会する

●既にマイレージプラス会員である方はスキップ



その5
ユナイテッド航空・マイレージプラスのステータスマッチキャンペーンに参加する

ステータスマッチ申請ページからログインし、ステータスマッチキャンペーンの申し込みをします

●ログイン後の申請ページが日本語の表記のままだと、一部の項目を選択できないエラーになると、当サイトに報告されています。

その場合は、ページ右上部分の「日本−日本語」の「ご覧いただける言語」で「English」を選び「変更」をクリックすれば、ページが英語表記に切り替わり、項目を選択できるようになります

●以下の項目を入力または選択します。

マイレージプラス会員番号
(MileagePlus number)
自動に反映されています

氏名
(Name)
自動に反映されています

Eメール
(Email)
自動に反映されています
(ステータスマッチ申請の完了お知らせメールがこのメールアドレスに届くので、頻繁にチェックするEメールアドレスを入力してください)

連絡先
(Contact information)
自動に反映されています
(チャレンジ開始日から90日以内に、ユナイテッド航空で12,500マイル以上獲得すると、登録先の住所にプレミアゴールド会員カードが郵送されます)

その他の航空会社
(Other Airline)
デルタ航空(Delta Air Lines)を選択

エリート会員レベル
(Elite Level)
ゴールドメダリオン(Gold Medallion)を選択

必要書類
(Documentation)
「参照」ボタンを押して、自分で用意した画像ファイルを選択し、添付してください

添付できる画像ファイルは、
デルタ航空・スカイマイルのゴールドメダリオン資格の有効期限(Valid Thru または current status)が記載されているものに限定。

以下のうちどれか1つ

【スマホを持っている場合】
1.スマートフォンから、デルタ航空のアプリをインストールして、スカイマイルのゴールドメダリオン会員のデジタルカードを表示した画面

デルタ航空・ゴールドメダリオンカードのデジタル版



or



【スマホを持っていない場合】
2.言語を「日本語」ではなく「English」にしてから、デルタ航空公式サイトからログインし、「My Delta」→「My Skymiles」のページに行き、

・自分の氏名
・会員番号
・エリート会員レベル(Gold Medallion)
・エリート会員の有効期限(Current Status)

が記載されている以下のようなページの画像(スクリーンショット)を保存






●デルタ航空から、プラスチック製のゴールドメダリオンカードは送られてきません。

●アプリ内のデジタル版ゴールドメダリオンカードのキャプチャ、または、デルタ航空公式サイトでゴールドメダリオンカードの画像ファイルを添付する

●対応のファイル形式は、.pdf、.jpg、.gif、.tif、.tiff で、ファイルサイズは1.1MBまで

ご希望のチャレンジ開始日
(Preferred challenge start date)
月/日/年の順番で入力

●はじめの90日間のプレミアゴールド資格=スターアライアンスのゴールド資格が与えられる日付を選べます

●申請日から14日前後の日付を選択してください(ぴったり14日後である必要はありません)

●ここで選んだ日付から90日間は、ユナイテッド航空を飛ぶ・飛ばないに関係なく、プレミアゴールド会員(=スターアライアンスのゴールド会員)になれます

備考
(Additional comments)
もし、キャンペーンの担当者に伝えたいことがある場合は、ここにその内容を入力
(基本的には空欄)


項目内容・選択内容を確認後、
「送信」(Submit)をクリック




その6
ユナイテッド航空から、ステータスマッチが完了したことを知らせるEメールが届く



その7
ユナイテッド航空の公式サイトからログインし、マイアカウントのページにて、プレミアゴールド会員に昇格していることを確認する



その8
ステータスマッチが完了してから、初めの90日間は、プレミアゴールド会員(スターアライアンスのゴールド会員)としての特典を満喫する

●ユナイテッド航空、ANA、アシアナ航空、ルフトハンザドイツ航空、タイ国際航空、シンガポール航空、トルコ航空などを利用する時、マイレージプラスの会員番号を登録する必要があります。

●プレミアゴールド会員である間は、優先チェックイン、ラウンジの利用、優先搭乗、荷物の優先受け取りなどの特典を利用することができます。

●海外の空港で、Wifiが使えない環境でも、会員資格を証明するために、日本にいる時に、ユナイテッド航空のアプリから、デジタル版のプレミアゴールド会員カードを表示して、そのキャプチャ画面を保存されることをおすすめします。



その9
2019年1月末まで、プレミアゴールド会員(スターアライアンスゴールド会員)の資格を延長したい場合は、ステータスマッチ完了後から90日以内に、ユナイテッド航空に乗って12,500マイル以上獲得する

●成田、羽田、関空から、ニューヨークやワシントンDCなどのアメリカ東海岸へ行くと、1往復で12,500マイル以上獲得することができます



その10
90日間の間にユナイテッド航空搭乗で12,500マイル以上獲得した場合は、プレミアゴールドの資格(スターアライアンスゴールドの資格)が2019年1月末まで延長される

●後から、プラスチック製のプレミアゴールドカードが、ユナイテッド航空から送られてきます



その11
2019年1月末まで、優先チェックイン、ユナイテッド航空やANAなどのスターアライアンスラウンジ、優先搭乗などのサービスを満喫する

以上、デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードと、ユナイテッド航空のステータスマッチキャンペーンを活用して、ユナイテッド航空のプレミアゴールド会員(スターアライアンスのゴールド会員)になれる方法を紹介しました。

これからANA、ユナイテッド航空、アシアナ航空、ルフトハンザドイツ航空などのスターアライアンス加盟航空会社を利用される方は、このステータスマッチを利用して、一度ゴールド会員のメリットを体験されてみてはいかがでしょうか。


↑目次へ戻る↑



> マイルで得得・トップページへ

※ このページの情報は、予告なしに変更されることがあります。

※ 場合によっては、ステータスマッチキャンペーンの審査に落ちて、プレミアゴールド会員になれない可能性もあります。

※ アプリでプレミアゴールド会員カードを提示できない場合、一部の提携航空会社のラウンジ入室を断られる可能性があります。

※ 万が一、ステータスマッチが拒否された場合、マイレージプラスの会員番号を登録し忘れた、などの理由でラウンジ入室が拒否された場合、当サイトはその責任を負うことはできません。

※ 契約ラウンジの変更などに伴い、入れるラウンジが急きょ変更される可能性があります。