マイルで得得裏技 > マイレージ改悪から解放される方法

(※ 以下、長い解説ではありますが、マイレージの改悪に上手に対応したい方は、ぜひ最後まで読んでもらいたい内容です)

(※ 世界中の航空会社のマイレージ制度に精通している上級マイラー達が、密かに実践している方法でもあります)

ここ数年で、マイレージの改悪が進んでいます(ここでいう改悪とは、特典航空券に交換するための必要マイル数が、一気に引き上げられることを意味します)。

基本的に、改悪される数ヵ月前に発表されるケースが多いですが、一部航空会社では、予告なしに急きょ必要マイル数が引き上げられたケースもあります。

例えば、以下の航空会社のマイレージプログラムで、特典航空券に必要なマイル数が引き上げられています。

一部のマイレージプログラム・行き先を例に、引き上げられる前と、引き上げられた後のマイル数を比較してみます(一部抜粋)。

マイレージ
プログラム
(変更時期)
区間
(座席クラス)
変更前 変更後
ユナイテッド航空
マイレージプラス
(2014年02月)
日本〜東南アジア
(エコノミークラス)
30,000 45,000
デルタ航空
スカイマイル
(2015年04月)
日本〜東南アジア
(ビジネスクラス)
70,000 80,000
JAL
マイレージバンク
(2015年11月)
日本〜アメリカ
(ビジネスクラス)
80,000 100,000


マイルの改悪に影響を受けるのは、その航空会社のマイルだけを貯めているから

そもそも、どうしてマイレージの改悪(特典航空券の必要マイル数引き上げ)により、私たちマイラー達は悪影響を受けるのでしょうか?

それは、基本的には、ある特定の航空会社だけのマイルをメインに貯めているからです

例えば、ANAのマイルをメインに貯めたい人は、ANAカードなど、ANAマイルが貯まるクレジットカードをメインに使いますし、JALのマイルをメインに貯めたい人は、JALカードなど、JALマイルが貯まるクレジットカードをメインに使います。

デルタ航空のマイルをメインに貯めたい人は、JCBスカイマイルカードなど、デルタのマイルを貯まるクレジットカードを主に使いますし、アメリカン航空のマイルをメインに貯めたい人は、りそなアドバンテージカードなど、アメリカンのマイルが貯まるクレジットカードを使うわけです。

このように、集中して貯めていきたい航空会社のクレジットカードを持ち、そのカードに支払いを集中させることにより、その航空会社のマイルを効率よく貯めることができます。

しかし、特定の1社のマイレージに集中して貯めていると、その航空会社のマイレージで改悪があった場合、大打撃を受けてしまいます

例えば、JALマイレージバンクでは、2015年11月より、ビジネスクラス・ファーストクラスの特典航空券を中心に、必要マイル数が引き上げられます。

成田〜ニューヨーク間往復の特典航空券の場合、必要マイル数は以下のように変更されます。

区間
(座席クラス)
変更前 変更後
日本〜アメリカ
(ビジネスクラス)
80,000 100,000


このように、必要マイル数が2万マイル増えてしまいます。 もし、JALの8万マイルを貯めて、ニューヨークへビジネスクラス特典航空券で行くつもりだった人が、一生懸命JALカードを利用して、JALマイルを貯めていたらどうでしょうか。

きっと、

「せっかくJALの8万マイル目指してJALカードを使ってきたのに、急に10万マイル必要になったら、2万マイル余計に貯めなきゃいけないよ」

「余計な2万マイル貯めれる前に、既に貯まっているマイルの有効期限が来るから、結局片道はエコノミークラスにしないといけないな」

「JALマイレージバンクだと、ニューヨークへのビジネスクラス必要マイル数は10万マイルへ増えるけど、ANAマイレージクラブだったら、75,000マイル(ローシーズン)だけでいいんじゃん。だったら始めからANAマイルを貯めておけばよかった」


などと思うわけです。

でも、上の例の場合、コツコツ貯めてきたJALマイルをANAマイルに交換することもできないので、JALマイルはJALマイルとして使う必要があります

つまり、JALマイルでニューヨークへビジネスクラスで行くには、仕方なく10万マイル貯める必要があるわけです(または、少なめのマイルで飛べるところへ旅行先を変更することに)。

マイレージの改悪がされなくても、後から他社マイルに乗り換えたくても遅すぎ

上の例のように、自分が貯めていたマイレージで改悪があり、他のマイレージに乗り換えたいケースがあるわけですが、別に改悪がなくても、他社のマイレージに乗り換えたくなるケースもあります。

それは、「マイルを使って行きたい目的地が変わった場合、現在貯めている航空会社のマイルより、もっとお得なマイレージがあるとわかった場合」です

例えば、ユナイテッド航空・マイレージプラスだと、日本からフィジーへの必要マイル数は、エコノミークラスだと、たったの25,000マイルです。

そこで、25,000マイル貯めて、フィジーに行くために、ユナイテッド航空の提携クレジットカード(JCBやセゾン等)に入会し、25,000マイルを目指してコツコツと貯めていくわけです。

ところが、もし、この「25,000マイル貯めて、フィジーに行きたい」という目標が変わってしまったらどうでしょうか

例えば、フィジーへ行きたかったのが、「やっぱりバンコクに行きたくなった」と気持ちが変わるかもしれません。

この場合、既にユナイテッド航空のマイルを貯めてきているので、ユナイテッド航空のマイルを使って、バンコクへ行くことになるわけです。

現在、ユナイテッド航空・マイレージプラスだと、日本〜バンコク間往復は、エコノミークラスだと45,000マイル必要になります。

つまり、「バンコクに行きたくなったから、今度は45,000マイルを目指して貯める必要があるんだな」と考えるわけです。

これは普通な考え方であり、何も間違っているわけではありません。

しかし、後から「エアカナダ・アエロプランなら、日本〜バンコク間のエコノミークラス往復は、2万マイルだけでできる」ことがわかったらどうでしょうか

きっと、

「エアカナダのマイルだと、たったの2万マイルでバンコクまで行けるの?」

「これって、45,000マイル必要なユナイテッド航空のマイルの半分以下じゃん。だったら初めから、エアカナダのマイルを貯めていればよかったな」


と思うのではないでしょうか。

しかし、すでにコツコツと貯めてきたユナイテッド航空のマイルがあり、そのマイルをエアカナダのマイルに交換することもできないので、ユナイテッド航空のマイルは使い切る必要があるわけです

このユナイテッド航空とエアカナダのマイレージの例のように、

「特典航空券で行きたい場所が変わったら、貯めるべきマイレージも変えるべきだけど、すでに初めに決めたマイレージが貯まり始めてるから、今から変えるのは遅すぎ」

という事態が発生してしまうわけです。

多数の航空会社マイレージに交換できるポイントが貯まるクレジットカードにすれば問題解決。

マイレージの改悪からも開放される。


上のように、急なマイレージの改悪や、急に他社のマイレージに乗り換えたくなった場合に備えて、何かできることはないのでしょうか。

1つ、解決策があります。

それは、

「多数の航空会社マイレージに交換できるポイントが、無期限で貯めれるクレジットカードを使うこと」です。

例えば、ANAカードならANAマイルしか貯められません。JALカードなら、JALマイルしか貯まりません。

ところが、中には、直接マイルが貯まるのではなく、後から好きな航空会社のマイルに交換できるポイントが貯まるクレジットカードもあるのです

このタイプのクレジットカードで、日本で普及しているのは主に2枚あり、

・ダイナースクラブカード
・アメリカンエキスプレスカード
(スカイトラベラーカードを含む)


になります。

ダイナースクラブカードは、100円で1ポイント貯まり、貯まったポイントは、ANAを含む、航空会社14社のマイルに交換することができます。

同じように、アメリカンエキスプレスカードも100円で1ポイント貯まり、ポイントは、ANAを含む、航空会社15社のマイルに移行することができます。

なんと、31社の航空会社マイレージにポイントを交換できるクレジットカードが誕生。

しかも、ANA・JALの両方のマイルに交換できる!


今までの説明で、「多数の航空会社のマイルに移行できるポイントが貯まるクレジットカードにすれば、急なマイレージの改悪にも対応できる」ことを触れてきました。

それでは、どのクレジットカードがいいのでしょうか。ダイナースクラブカードでしょうか。それともアメリカンエキスプレスカード(スカイトラベラーカード)でしょうか。

実は、どちらでもなく、オススメのクレジットカードが別にあります。

それは、

スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カード

です。

「こんなカード聞いたことない」という人のほうが多いかもしれません。

日本では、まだまだ普及していないクレジットカードですが、実はマイラーには超ぴったりのカードなのです

それでは、このカードの詳細を詳しく説明していきます。

まず、スターウッドとは、英語で「Starwood」で、これはホテル運営グループの名称です。

スターウッドグループには、シェラトン、ウェスティン、セントレジスなどのホテルブランドが入っています。スターウッドという言葉は初耳でも、シェラトンやウェスティンは知っている人も多いのではないでしょうか。

次に、スターウッドグループのポイントプログラムの説明です。

航空会社のマイレージプログラム(会員プログラム)では、飛行機に乗ればマイルが貯まります。そして、行きたいところへの十分なマイルが貯まったら、特典航空券に交換することができます。

ホテルにも、同様のポイントプログラム(会員プログラム)があり、対象のホテルに宿泊すれば、ポイントが貯まります。

スターウッドの場合、系列ホテルであるシェラトン、ウェスティン、セントレジスなどに泊まれば、ポイントが貯まるわけです。 そして、十分なポイントが貯まったら、そのポイントを使って無料でホテルに泊まれるわけです。

しかし、ポイントは無料宿泊だけに使えるのではなく、実はマイラーにはうれしいことに、貯まったSPGポイントは、提携している航空会社のマイルに交換することができるのです

そして、なんとSPGポイントをマイルに交換できる航空会社数は、なんと31社もあるのです

しかも、我々日本人にはうれしいことに、SPGポイントは、ANA、JALの両方のマイルに交換することができるのです

SPGポイントをマイルに交換できる航空会社の31社は、以下の通りです。

日本の航空会社
ANAマイレージクラブ
JALマイレージバンク

スターアライアンス系
ユナイテッド航空
アシアナ航空
ルフトハンザドイツ航空
シンガポール航空
タイ国際航空
エアカナダ
中国国際航空
ニュージーランド航空

ワンワールド系
キャセイパシフィック航空
アメリカン航空
ブリティッシュエアウェイズ
カタール航空
エアベルリン
ラン航空

スカイチーム系
デルタ航空
エールフランス航空/KLM
アリタリア航空
中国東方航空
中国南方航空
アエロメヒコ航空
サウジアラビア航空

航空連合に加盟していない航空会社
エミレーツ航空
エティハド航空
ハワイアン航空
海南航空
アラスカ航空
ゴル航空
ヴァージンアトランティック航空
ヴァージンオーストラリア航空

おそらく、思いつくほとんどのメジャー航空会社が含まれているのではないでしょうか。

スターウッド・アメリカン・エキスプレス・カードなら、なんと100円で1.25マイル貯まる!

ここまでの流れを簡単にまとめると、

・SPGポイントは、無料宿泊だけでなく、提携している航空会社のマイルにも交換できる

・提携している航空会社数は何と31社。しかもANAとJALの両者も含まれている

スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カードを利用すれば、普段のショッピングでSPGポイントが貯まる

・貯まったSPGポイントは、ANAやJALをはじめ、世界中の31の航空会社のマイルに交換できる


ということになります。

次に重要なのが、ポイントからマイルへの交換レートです。 基本は、1ポイントを1マイルに交換することができます。

スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カードの利用では、100円支払いにつき、1ポイント貯まります。

つまり、100円で1マイル貯まることになり、マイルが貯まるクレジットカードとしては、これは平均的と言えます。

例えば、カードの利用金額が100万円になり、1万ポイント貯めると、上記の好きな航空会社の1万マイルに交換できるわけです。

5,000ポイントはANAの5,000マイル、5,000ポイントはJALの5,000マイル、というように分けて移行することも可能です。

そして、これがとても重要になるのですが、一度にSPGの2万ポイントを、1つの航空会社マイルに交換すると、なんと5,000ボーナスポイントが自動でプラスされるのです

例えば、SPGの2万ポイントを一度で、ANAマイルに交換すると、通常なら2万マイルになるところ、5,000ボーナスポイントが付与されるので、ANAの25,000マイルに交換されるのです

これは別に、交換先がANAマイルである必要はなく、JAL、アメリカン航空、エアカナダ、デルタ航空、アシアナ航空、シンガポール航空、ルフトハンザ航空など、提携している全ての航空会社のマイルが対象になります。

ということは、スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カードの利用額が200万円になり、SPGの2万ポイント貯まり、その2万ポイントを一気に1社のマイルに交換すると、25,000マイル獲得することができるわけです。

つまり、

合計200万円のカード利用

2万ポイント

25,000マイル

となり、100円のカード利用で、1.25マイルに貯まることになるのです


あまり知られていないカードですが、世界中の31社の航空会社マイルを、100円で1.25マイルという高還元で貯められる、(改悪に左右されたくない)マイラーにぴったりのクレジットカードになるわけです

SPGポイントは実質無期限だから、時間をかけて2万ポイント貯められる

スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カードで貯まるSPGポイントですが、一応「1年間」の有効期限があります。

しかし、1年間の間にポイントの加算がある度に、有効期限はさらに1年間延長されます。

ということは、1年に1回でもスターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カードを使う限り、ポイントは失効しないことになります

つまり、

「世界中の航空会社マイルに交換できるポイントを無期限で、しかも、100円で1.25マイルという高いレートで貯めることができる、マイラーにぴったりのカード」

となるわけです。

また、ある特定の航空会社のマイレージで改悪があり、特典航空券の必要マイル数が増えてしまっても、その航空会社のマイルは忘れて、SPGポイントを、もっと必要マイル数が少ない航空会社マイルに交換すればいいだけなので、マイレージの改悪対策にもなるわけです

SPGポイントは
世界中の航空会社マイルに交換できるから、
特典航空券の行き先によって
1番必要マイル数が少ない
マイレージプログラムを選べる

改悪されたマイレージには
交換しなければいいだけの話。
改悪にうんざりする必要もなくなる。


スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カードだと、世界中の航空会社のマイルが、100円で1.25マイルという高めの積算率で、実質無期限で貯められるわけですが、もう1つ、大きなメリットを忘れてはいけません。

それは、「特典航空券で行きたい所へ、必要マイル数が一番少ないマイレージプログラムを選ぶことができる。そうすれば、常に少ないマイル数で済み、マイルを効率よく使うことができる」ということです。

例えば、マイルで日本国内線を飛びたい時、真っ先に思いつくのが、SPGポイントをANAマイレージクラブ、またはJALマイレージバンクのマイルに交換し、ANAかJALの特典航空券を利用することではないでしょうか。

これでもいいのですが、これだと、スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カードのメリットを最大限に活かしているとは言えません

ここで大事なのは、「もし、貯めたSPGポイントを、ANAやJALでなく、外資系航空会社のマイルに移行した場合、もっと少ないマイル数で、日本国内線の特典航空券に交換することはできないのか?」と考えることです

「そんなケースあるの?」と思うかもしれませんが、実は、外資系航空会社のマイルのほうが有利になるケース(より少ない必要マイル数で済むケース)が頻繁にあるのです

例えば、マイルを使って、日本国内線(往復・片道1区間の場合)を飛びたい場合、おすすめなのが、「ブリティッシュエアウェイズ・エグゼクティブクラブ(Aviosポイント)」のマイルへの交換です

なぜなら、ブリティッシュエアウェイズ・エグゼクティブクラブは、少ないマイル数でJAL国内線の特典航空券に交換できるからです

ブリティッシュエアウェイズのマイルは、JALとも提携しているので、貯まったブリティッシュエアウェイズのマイルを、JAL国内線の特典航空券に交換することができます。

例えば、羽田〜福岡間の往復に必要なマイル数は以下の通りです(予告なしに変更される可能性あり)。

マイルを使う
マイレージプログラム
必要マイル数
(往復分)
日本航空
JALマイレージバンク
15,000
(通常時)
ブリティッシュエアウェイズ
エグゼクティブクラブ
9,000
(1年中)


このように、JALマイレージバンクのマイルを使うより、ブリティッシュエアウェイズのマイルを使ったほうが、なんと6,000マイルも少ない必要マイル数で、羽田〜福岡間の往復ができてしまうのです

なお、往復には9,000マイル必要になりますが、半分の4,500マイルで片道特典航空券を利用することも可能です。

JAL国内線の必要マイル数がかなり低いのが理由で、ブリティッシュエアウェイズ・エグゼクティブクラブは、マイレージの中級者・上級者の間では、密かに人気のあるマイレージになっています

つまり、スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カードで貯めたSPGポイントを使って、国内旅行をしたいなら、JALマイレージバンクやANAマイレージクラブではなく、ブリティッシュエアウェイズ・エグゼクティブクラブのマイルへ交換すべきなのです(沖縄などの長距離路線を除く)。

これも、世界中30社以上のマイレージを貯めることができる、スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カードだからこそ、実践できる方法なのです

上のは日本国内線のケースですが、国内線でなく、国際線でも、上のようなケースはたくさんあります

行き先により、かなり必要マイル数が異なるので、一番少ないマイレージプログラムを選べばいいわけです

1番必要マイル数が少ないマイレージプログラムを選べばいいだけの話なので、どこかの航空会社マイルで改悪がされても、そのマイルは避ければいいだけの話になります

例えば、自分の行きたい目的地への必要マイル数が、1番少ないのが航空会社Aのマイルとして、航空会社Aのマイルが改悪(必要マイル数の引き上げ)されてしまったら、その次に必要マイル数が少ない航空会社Bのマイルに、ポイント交換先を変更すればいいわけです

以下、同じ行き先でも、必要マイル数が多いマイレージプログラムと、必要マイル数が少ないマイレージプログラムの一部例です。

SPGポイントを
移行する
マイレージプログラム
区間/
座席クラス
必要マイル数
全日空
ANAマイレージクラブ
日本〜バンコク/
ビジネスクラス
60,000
エアカナダ
アエロプラン
30,000

SPGポイントを
移行する
マイレージプログラム
区間/
座席クラス
必要マイル数
全日空
ANAマイレージクラブ
日本〜エジプト/
エコノミークラス
90,000
アメリカン航空
アドバンテージ
45,000

SPGポイントを
移行する
マイレージプログラム
区間/
座席クラス
必要マイル数
アメリカン航空
アドバンテージ
日本〜ニューヨーク/
ビジネスクラス
100,000
全日空
ANAマイレージクラブ
75,000〜


このように、同じ場所へ飛ぶ場合も、どの航空会社のマイレージを使うかによって、必要マイル数に2〜3万マイル以上の差が生じるケースがたくさんあります

この時、もし1社のマイルしか貯まらないクレジットカードなら、その航空会社のマイレージプログラムで、必要マイル数が高めに設定されても、その高い必要マイル数を使うしかないわけです

例えば、クレジットカードでANAカードを使っていれば、ANAマイルしか貯められないので、バンコクへビジネスクラスで飛びたいのであれば、強制的に6万マイル貯めなければならないのです。

なぜなら、ANAマイレージクラブでは、必要マイル数が6万マイルに設定されているからです。

しかし、もしスターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カードを持っていれば、貯まったSPGポイントをエアカナダのマイルに交換することにより、たった3万マイルで、バンコクへのビジネスクラス特典航空券を利用することができるわけです。

つまり、ANAカードを持っている人は、強制的に6万マイル貯めなければならないところ、スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カードを持っている人は、ポイント移行先をエアカナダに選べば、たったの3万マイル貯めるだけで済むわけです

このように、世界中の30社以上のマイレージプログラムの中から、特典航空券で行きたいところへの必要マイル数が最も少ないところを選べば、毎回マイル数を節約することができるわけです

この醍醐味を知ってしまうと、スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カードを手放せなくなるマイラーも結構いるのが現状です


唯一の欠点は、31,000円(税抜)という高いカード年会費。

しかし、
1.「ホテル無料宿泊特典」
2.「SPG ゴールド会員特典」

の2つを活用すれば、実質の年会費はかなり安くなる。実質ほぼ無料になる可能性もあり


マイラーにぴったりのスターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カードですが、1つ欠点があります。

それは、「年会費が31,000円(税抜)円と高め」ということです。

ほとんどの方は、「世界中の航空会社マイルが100円で1.25マイル貯まるのは魅力的だけど、さすがに年会費31,000円は高すぎる」と感じるのではないでしょうか。

しかし、「ホテル無料宿泊特典」「SPG ゴールド会員特典」の2つをうまく活用すれば、実質の年会費をかなり下げることも可能です

それぞれのメリットを、以下で詳しく見てみます。

メリット1:
カードを更新(継続)すると、
ホテル無料宿泊特典がもらえる。
1泊で2〜3万円、または3万円以上の価値になるケースもあり


スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カードの特徴の1つとして、「カードを継続すれば(翌年の年会費を払えば)、スターウッド系グループの好きなホテルに、無料で泊まれる特典」が付いてきます。

スターウッドグループ系列のホテルには、以下のようなブランドがあります(一部抜粋)。

・シェラトン
・ウェスティン
・セントレジス
・ル メリディアン
・W ホテル
・ラグジュアリー コレクション


日本国内だと、翠嵐 ラグジュアリーコレクションホテル京都、セントレジス大阪、ウェスティン東京、ディズニーリゾート近くのシェラトン、ウェスティン大阪、ウェスティン名古屋、横浜ベイシェラトン、シェラトン広島などがあります。

ここで大事なのは、ホテル無料宿泊特典で、できるだけ高いホテルを選ぶことです。そうすれば、前年のカード年会費が、実質かなり安くなります

例えば、スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カードに入会し、入会から1年経って、2年目の年会費を払った後、無料宿泊特典を利用することができます。

そして、無料宿泊特典を使い、上記の中で好きなホテルに1泊すれば、その宿泊代分、前年のカード年会費が実質割引されたことになります

それでは、日本国内にあるスターウッド系列のホテルは、1泊でいくらするのでしょうか。シーズンや混雑状況により宿泊料金は常に変動しますが、以下、2015年10月某日の宿泊料金で比較してみます(料金の高い順)。

ホテル名 宿泊料金
(1泊・2名)
翠嵐 ラグジュアリーコレクション
ホテル 京都
約 57,000円
セントレジスホテル
大阪
約 46,000円
ウェスティンホテル
東京
約 33,000円
ウェスティン都ホテル
京都
約 30,000円
シェラトン・グランデ
トーキョーベイ・ホテル
約 24,000円
ウェスティンホテル
大阪
約 23,000円
ウェスティンホテル
仙台
約 20,000円
ウェスティン
ナゴヤキャッスル
約 17,000円
シェラトン・グランデ
オーシャンリゾート宮崎
約 17,000円
ウェスティンホテル
淡路
約 17,000円
横浜
ベイシェラトン
約 17,000円
シェラトン都ホテル
東京
約 16,000円
神戸
ベイシェラトン
約 14,000円
シェラトン
広島
約 14,000円


何と、京都のラグジュアリーコレクション、大阪のセントレジス、東京のウェスティンだと、1泊の宿泊料金が、スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カードの年会費である31,000円よりも高くなっています

ということは、これら3つのどれかのホテルに泊まれば、前年のカード年会費の元がとれるので、前年のカード年会費は実質無料になったことになります

もし、1泊約57,000円もするラグジュアリーコレクション京都に、無料宿泊特典で泊まった場合、前年のカード年会費である31,000円の元がとれただけでなく、実質約26,000円も得したことになります

また、少し安めである、ウェスティン大阪や横浜シェラトンに泊まっても、15,000円前後はするので、前年のカード年会費は実質半分程度で済んだことになります

この無料宿泊特典は、カードを継続する限り毎年使えるので、毎年、高めのホテルに無料で泊まる限り、ずっと(前年の)カード年会費の元(またはそれ以上)を取ることができるのです

つまり、31,000円(税抜)と一見、年会費の高いスターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カードですが、実は実質無料(または半額程度)で持てるカードと言うこともできます

メリット2:
SPGのゴールド会員資格が贈呈される。
アップグレードやレイトチェックアウトもOK。


スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カードには、もう1つの特徴があり、それは、「SPGのゴールド会員資格が付与される」ことです

SPGのゴールド会員になるには通常、スターウッド系列のホテルに、1暦年(1〜12月)に10回以上の滞在、または合計25泊以上する必要があります。

ところが、スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カードを維持している限り、毎年SPGのゴールド会員でいることができます

SPGのゴールド会員には、いくつかの特典がありますが、1番注目すべきなのが、「無料アップグレード特典」です。

例えば、スタンダードルームで予約をしたところ、チェックイン当日、フロントでエグゼクティブルームにアップグレードしてくれるケースがあります(混雑状況により、アップグレードされない可能性もあり)。

または、部屋のアップグレードは無理でも、眺望指定なしの安めのプランで予約したところ、高めのオーシャンビューにしてくれるケースもあります

ホテル、シーズンなどにより異なりますが、自分で予約した安めの部屋(眺望希望なしなども含む)と、アップグレードされた後の部屋の料金の差が、1万円くらいになるケースもあります

例えば、1年に、スターウッド系列のホテルに3回泊まり、3回ともアップグレード(より良い眺望の部屋へのアップグレード・広めの角部屋へのアップグレード等を含む)されて、1回のアップグレードの価値が約1万円だった場合、3回なら約3万円の価値になり、これだけでカードの年会費である31,000円(税抜)のほぼ元を取れた計算になります

このように、

「無料宿泊特典で泊まれる価値」
「SPG ゴールド会員特典の価値」

を考慮すると、スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カードは、とても年会費の元を取りやすいカードなのがわかります


31,000円の年会費の元も取りやすく、
100円で 1.25マイルも貯まり、
しかも実質無期限で貯められて、
マイレージの改悪からも解放される


以上、長くなりましたが、スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カードのメリットをまとめると、

1.
「100円につき、1.25マイル貯まる」

2.
「一部の提携店舗だけでなく、どこで使っても、常に100円で1.25マイル貯まる」

3.
「ANA、JALはもちろん、世界中の航空会社31社のマイレージを貯められる」

4.
「SPGポイントは実質無期限で貯められるので、同時に、実質無期限でマイルを貯められることになる」

5.
「行きたい所への、特典航空券の必要マイル数が1番少ないマイレージプログラムへSPGポイントを交換すれば、効率よくマイルを使える」

6.
「もし、ある航空会社のマイレージが改悪されても、そのマイレージを避けて、他の航空会社のマイルへ、SPGポイントを交換すれば大丈夫」

7.
「年会費は高めだが、ホテル無料宿泊特典を活用すれば、年会費は実質無料にすることも可能。または実質半額にすることも可能」

8.
「SPG ゴールド会員資格も付与されるため、スターウッド系列のホテルでは、無料アップグレード、無料レイトチェックアウトなどの特典を受けられる」


となります。

以下、スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カードで、マイレージの改悪に影響されずに、好きな航空会社のマイルを貯める方法です。

その1
スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カードに入会する

●SPG(スターウッド プリファード ゲスト)の会員でない方は、まずはSPGに入会し、SPG会員番号を取得する。SPGの入会は、上記リンク先にて可能

●カード入会後、1〜2カ月以内に、SPG ゴールドカードが届く




その2
スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カードを使い、SPGポイントを貯めていく

●SPGポイントは、1年に一度でもポイントの加算があれば、さらに有効期限が1年延長されるため、実質無期限で貯めていくことが可能

●SPGの20,000ポイント貯めると、マイルへ移行する際、5,000ボーナスポイントが付与されるため、最低20,000ポイントに達するまで貯め続ける



その3
スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カードを継続したら(2年目になったら)、ホテル無料宿泊特典を活用し、スターウッド系列ホテルに無料で泊まる。そして、前年のカード年会費を実質無料(または実質半額程度)にする

●カードを更新すると(2年目の年会費を払うと)、スターウッドから登録Eメールアドレスに、ホテル無料宿泊特典に関する案内メールが届く

●ホテル無料宿泊特典は、毎年カードを更新する度に使えるので、毎回前年のカードの実質年会費を安くするために、(お金を払ったら)高いホテルを選ぶようにする



その4
スターウッド系列ホテルに宿泊する際は、SPG ゴールド会員証を提携し、無料アップグレード、無料レイトチェックアウトなどの特典を満喫する



その5
SPGの20,000ポイント以上貯まったら、好きな航空会社のマイルへ交換する

●マイルへの交換手続きは、SPG公式サイト、またはSPGのコールセンターにて可能

●20,000、40,000、60,000のように、20,000ポイント単位でマイルへ交換することが大事。そうすれば、100円で1.25マイル貯まることになる

●特典航空券で行きたい所への必要マイル数が、1番少なくて済むマイレージプログラムを見つけ、そのマイルへSPGポイントを移行すべき。 

例えば、バンコクへビジネスクラスへ行きたい場合は、エアカナダのマイルへ移行すべき(特典航空券の必要マイル数は、予告なしに変更される可能性あり)



その6
SPGポイントがマイルへ移行された後、マイルを使って、特典航空券を予約する

となります


↑ページのトップへ

※このページの情報は、予告なしに変更されることがあります。

※このページで掲載しているクレジットカードの年会費・キャンペーンなどの内容は、予告なしに変更されることがあります。