マイルで得得裏技 > 1年間無料で国内ラウンジを利用できる方法

申込分まで。残り 1

日本国内の各主要空港には、各クレジットカード会社のゴールドカードを持っている人が無料で入れる空港ラウンジがあります。

ゴールドカードを持っていない人も入れますが、約1,000円の利用料を払う必要があります。


日本国内の27空港ラウンジが無料

クレジットカード会社により少し異なりますが、ゴールドカードを持っていると、日本国内にある27空港のラウンジに入ることができます

対象の空港は以下の通りです。

羽田、成田、伊丹、関西、神戸、中部、福岡、新千歳、函館、青森、秋田、仙台、新潟、富山、小松、広島、岡山、米子、山口宇部、高松、松山、徳島、長崎、熊本、大分、鹿児島、那覇

(国内線だけでなく、上記の対象空港から出発する国際線を利用する時も、ラウンジを利用できます)

(羽田空港、関西空港、福岡空港では、保安検査・出国審査後の制限エリア内にある、カードラウンジにも入れます)


例えば、羽田〜札幌間を往復すると、行きは羽田空港にあるラウンジ、帰りは新千歳空港にあるラウンジと、1回の旅行で2回ラウンジに入ることができます。

無料で利用できるサービスは、基本的に

・無線インターネット(Wifi)
・ソフトドリンク
・アルコール1杯(一部ラウンジのみ)
・ビール飲み放題(中部のみ)
・マッサージチェア(一部ラウンジのみ)
・おつまみ(一部ラウンジのみ)
・パン(一部ラウンジのみ)


などがあり、上記の無料サービスを受けながら、搭乗前にリラックスできる空間に、無料で入れると入れないでは大きな違いになります。

空港・時間帯によっては、搭乗ゲート付近の座席は満杯で座れないこともあります。

成田空港、中部国際空港などの一部ラウンジでは、アルコール類も無料で提供されています

また、昔は単なる休憩室という印象だった国内のカードラウンジですが、最近はリニューアルが行われていて、カードラウンジのレベルも徐々に上がってきています

例えば、伊丹空港ではプライベート感のあるシートになっていたり、那覇空港では南国らしくグアバジュースが提供されたり、熊本空港ではフラペチーノが飲み放題だったり、広島空港ではマッサージチェアーが無料だったりと、空港によって、いろんなサービスが提供されています

以下、一部空港ラウンジの簡単な紹介です。

【羽田空港・第2・エアポートラウンジ北ピア】

窓から滑走路と東京湾を見渡せます

時間帯によっては、クロワッサンも提供

【羽田空港・第2エアポートラウンジ南ピア】

ビジネスクラスラウンジのような、プライベート空間ソファがある

粉末状のパンプキンスープを提供

【羽田空港・第1・エアポートラウンジ北】

羽田空港・第1ターミナル(JALターミナル)にあるラウンジの入口

ソフトドリンク、コーヒーが飲めるドリンクコーナー

【羽田空港・国際線ターミナル・スカイラウンジ】

羽田空港・国際線ターミナルラウンジにあるドリンクバー

羽田を離発着する飛行機を眺められるソファー席

【成田空港・第2・IASSラウンジ】

国際線ターミナルにあるが国内線利用時も入室できる

国内ラウンジでは珍しくアルコール1杯が無料

【大阪伊丹空港・カードラウンジ】

数が豊富なパソコンデスク

プライベート空間のあるANA/JALラウンジ並みのシート

【中部国際空港・プレミアムラウンジ】

ビールサーバーでビールが飲み放題

スナック類の種類も豊富

【新千歳空港・スーパーラウンジ】

国内の空港ラウンジの中では高級感があるスーパーラウンジ

ティーバッグの種類が豊富なドリンクコーナー

【那覇空港・華ラウンジ】

ラウンジ内はモダンなデザイン

沖縄らしくシークァーサージュースやグアバジュースを提供

【福岡空港・第2・くつろぎのラウンジTIME】

朝食時間帯はパンも提供

立派なパソコンルームだけの部屋も用意

【広島空港・ビジネスラウンジ「もみじ」】

ホテルにいるような高級感のある雰囲気

何とマッサージ機が無料で使える

【熊本空港・ビジネスラウンジ「ASO」】

ビール・おつまみの両方が無料

何とフラペチーノが無料で飲み放題


セゾンゴールド・アメリカンエキスプレスカードなら、年会費(10,000円・税抜)が1年間無料!

ゴールドカードだと、上記のような国内空港のラウンジを無料で利用できるわけですが、ゴールドカードを持つには高めの年会費がかかります

カード会社、またはカードに付いてくる特典により多少の差はありますが、ゴールドカード年会費の相場は10,000〜15,000円となっています。

「国内旅行の時に無料でラウンジに入れるのはうれしいけど、高いゴールドカードの年会費を払うのも微妙・・」という方に朗報です。

現在、セゾンカードが発行する

セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード

が、までにオンラインから申し込みをすると、初年度1年間の年会費(10,000円・税抜)が無料になるキャンペーンを実施しています

つまり、セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードに入会すると、1年間無料で上記の国内空港ラウンジに入れることになります

現在既に他社のゴールドカードをお持ちの方で、毎年年会費を払っている方も、初年度年会費無料キャンペーンをしているセゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードに乗り換えると、これから1年間は無料で国内ラウンジを使えることになります

家族会員カード(ファミリーカード)も
1年間無料。
家族も無料でラウンジ入れる。


今なら、セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードを1年間無料で持てるチャンスですが、実は、家族カード(通常の年会費は1,000円・税抜)も1年間年会費無料キャンペーンの対象になります

なので、例えば、ある家族の夫が本会員として申し込み、同居する配偶者の妻、18歳以上の子供の2人が家族カードを持てば、家族3人全員が1年間無料で国内空港ラウンジを使うことができます

もちろん、家族カードを持っている方は、本会員カードを持っている方と一緒に旅行する必要はありません。家族カードを持っている方が一人で旅行する時も、空港ラウンジを利用することができます

家族会員カードは、配偶者のほか、同居している子、親、兄弟なども対象になります。

国内空港ラウンジを
1年間無料で利用する手順


その1
セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードに入会する

残り 1
初年度年会費が無料になるのは
入会申し込み分まで

※ネットでの入会申し込み自体が、までであれば、初年度年会費無料の対象になります。カードが手元に届くのは後になっても大丈夫です。

●本会員カードが発行された後、別途家族会員カードも申し込むと、家族会員カードの年会費も1年間無料



その2
日本国内線または国際線を利用する時、下記27空港のラウンジにて、セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードを提示し、無料で入室する

●どの航空会社利用時でもOK

●家族カード持っている同伴者も入れる

●一部空港ラウンジではアルコールも無料

●以下の空港にあるラウンジが対象
羽田、成田、伊丹、関西、神戸、中部、福岡、新千歳、函館、青森、秋田、仙台、新潟、富山、小松、広島、岡山、米子、山口宇部、高松、松山、徳島、長崎、熊本、大分、鹿児島、那覇

●羽田空港は、国際線ターミナルにある「スカイラウンジ」も対象

●国内線だけでなく、上記対象空港から国際線を利用する時もラウンジ利用OK

となります。


↑ページのトップへ


※このページの情報は、予告なしに変更されることがあります。

※このページで掲載しているクレジットカードの年会費・キャンペーンなどの内容は、予告なしに変更されることがあります。