マイルで得得 > 裏技 > エコノミー利用でも、上級会員でなくても、アシアナ航空ラウンジに入れる方法




目次 (このページの内容)



基本的に、エコノミークラス利用で、マイレージの上級会員でなければ、航空会社のビジネスクラスラウンジには入れない


基本的に、航空会社のビジネスクラスラウンジに入れるのは、

・ビジネスクラスの乗客
・マイレージプログラムの上級会員(エリート会員)


のどちらかに相当する方のみになります。

ビジネスクラスの乗客は、搭乗するまでの間、ビジネスクラスラウンジでゆったりすることができます。

また、エコノミークラスを利用する時にも、マイレージプログラムの上級会員(エリート会員)であれば、ビジネスクラスラウンジを利用することができます。

言い換えれば、基本的に、マイレージの上級会員でなく、利用クラスがエコノミークラスの場合、ビジネスクラスラウンジには入れないことになります


↑目次へ戻る↑


プライオリティパスを持っていると、エコノミー利用でも、上級会員でなくても、航空会社のビジネスクラスラウンジに入れる


前述通り、基本的に、航空会社のビジネスクラスラウンジでは、

・マイレージプログラムの上級会員
・ビジネスクラスの乗客

のみが入れる対象になりますが、実は、一部航空会社のビジネスクラスラウンジでは、入れる対象がもう1つあります

それは、

「プライオリティパス(Priority Pass)を持っている人」

です。

プライオリティパスとは、世界中の空港を対象とした、空港ラウンジ会員プログラムのことを指します。

このプライオリティパスは、世界中の空港のラウンジと提携しており、プライオリティパスを持っている人は、提携ラウンジに入れることになります。

そして、プライオリティパスの一部提携ラウンジには、何と一部航空会社のビジネスクラスラウンジも含まれているのです

大事なのは、航空会社のビジネスクラスラウンジだということです。各カード会社のゴールドカード会員が利用できる、典型的な空港運営のラウンジではありません。

典型的なゴールドカード会員用の空港運営ラウンジは、どちらかと言えば休憩室のような雰囲気がありますが、航空会社のビジネスクラスラウンジだと、軽食ブッフェ、アルコール飲み放題、リラックスできるソファー、シャワーなど、施設もそれなりになります(ラウンジにより多少の違いあり)

プライオリティパスを持っていれば、エコノミークラスの格安航空券で旅行する時や、特典航空券で旅行する時も、(一部の)ビジネスクラスラウンジが使えることになります。もちろん、どの航空会社を利用する時でも大丈夫です


↑目次へ戻る↑


航空会社のビジネスクラスラウンジのほうが、豪華である場合が多い


空港のラウンジは、主に

「クレジットカードのゴールド会員以上が入れるカードラウンジ」

「航空会社のラウンジ」

の2種類に分けられます。

空港により例外もありますが、基本的には、カードラウンジより、航空会社ラウンジのほうが、総合的に豪華になるケースが多いです。

例えば、成田空港の第1ターミナルなら、カードラウンジであるIASSラウンジより、プライオリティパスで入れる大韓航空ラウンジのほうが、軽食などの内容がが豪華になっています。

ホノルル空港なら、カードラウンジであるIASSラウンジより、プライオリティパスで入れるハワイアン航空ラウンジのほうが、内容は豪華になっています。

そういう意味でも、既にゴールドカード・プラチナカードを持っている人でも、別途プライオリティパスを持つことは大切になります(ラウンジ利用の場合)。

プライオリティパスがあれば、以下のようなビジネスクラス・ラウンジに入ることができます(一部抜粋)。


成田空港の大韓航空ラウンジ内部の様子


関西空港の大韓航空ラウンジ内部の様子


中部国際空港・スターアライアンス・ラウンジの軽食類


ソウル仁川空港のアシアナ航空ラウンジでは、韓国らしく、チャプチェ風に味付けされた料理
 

北京空港・中国国際航空ラウンジには、成田・羽田のANAラウンジ、JALラウンジにもないような、立派な仮眠室もあり


あくまでも一部の例ですが、このように、航空会社のラウンジであれば、施設・軽食共に、充実していることが多いです。


↑目次へ戻る↑


プライオリティパスで入れるラウンジはどこ?
ラウンジ一覧表


それでは、プライオリティパス保持者は、どの航空会社のラウンジを利用できるのでしょうか。

以下、プライオリティパスが提携している、世界中の航空会社ビジネスクラスラウンジを、エリア別に紹介します。


↑目次へ戻る↑


日本国内
(航空会社のビジネスクラスラウンジのみ抜粋)


日本国内の空港で、プライオリティパスで入れる、航空会社のビジネスクラスラウンジは、以下の通りです。

空港 利用できる
ビジネスクラス
ラウンジ
成田空港
第1
大韓航空
関西空港 大韓航空
中部空港 スターアライアンス
大韓航空
福岡空港 大韓航空

↑目次へ戻る↑


アジア
(航空会社のビジネスクラスラウンジのみ抜粋)


アジアの空港で、プライオリティパスで入れる、航空会社のビジネスクラスラウンジは、以下の通りです。

空港 利用できる
ビジネスクラス
ラウンジ
ソウル/仁川 大韓航空
釜山 大韓航空
チェジュ
済州島
大韓航空
北京
第3
中国国際航空
バンコク/
スワンナプーム
エールフランス航空
オマーン航空

↑目次へ戻る↑


アメリカ/ハワイ/カナダ
(航空会社のビジネスクラスラウンジのみ抜粋)


北米の空港で、プライオリティパスで入れる、航空会社のビジネスクラスラウンジは、以下の通りです。

空港 利用できる
ビジネスクラス
ラウンジ
ハワイ/ホノルル ハワイアン航空
ロサンゼルス 大韓航空
アラスカ航空
サンフランシスコ エールフランス航空
シアトル アラスカ航空
シカゴ エールフランス航空
ニューヨーク/JFK 大韓航空
エールフランス航空
ワシントンDC エールフランス航空
ブリティッシュエア
トルコ航空
ヒューストン KLMオランダ航空
ボストン エールフランス航空
ポートランド アラスカ航空
トロント エールフランス航空
アンカレッジ アラスカ航空
マイアミ アビアンカ航空

↑目次へ戻る↑


ヨーロッパ
(航空会社のビジネスクラスラウンジのみ抜粋)


ヨーロッパの空港で、プライオリティパスで入れる、航空会社のビジネスクラスラウンジは、以下の通りです。

空港 利用できる
ビジネスクラス
ラウンジ
モスクワ/
ドモジェドボ
S7航空
パリ/
シャルルドゴール
スターアライアンス
チューリッヒ スイス航空
(A/B/Dエリア)

↑目次へ戻る↑


オセアニア/中東/中南米
(航空会社のビジネスクラスラウンジのみ抜粋)


オセアニア・中東・中南米の空港で、プライオリティパスで入れる、航空会社のビジネスクラスラウンジは、以下の通りです。

空港 利用できる
ビジネスクラス
ラウンジ
ナンディー
(フィジー)
フィジー航空
アンマン
(ヨルダン)
ロイヤルヨルダン航空
サンパウロ ゴル航空
リオデジャネイロ ゴル航空
パナマシティ コパ航空
ボゴタ アビアンカ航空

↑目次へ戻る↑


利用航空会社に制限なし。LCCに乗る時でも、航空会社のビジネスクラスラウンジに入れる


プライオリティパス会員は、利用する航空会社に関係なく、上記のビジネスクラスラウンジに入れるのもうれしい点です

通常、マイレージの上級会員になっても、自社便または提携航空会社便に乗らない時は、ビジネスクラスラウンジに入ることができません

例えば、ユナイテッド航空・マイレージプラスなどの上級会員は、提携航空会社でないJAL、大韓航空などを利用する時、ユナイテッド航空ラウンジには入れないことになります。

しかし、プライオリティパスなら、このような心配はありません。利用するのがJAL、大韓航空、マレーシア航空のほか、エアプサン、チェジュ航空、ティーウェイ航空のような格安航空会社であろうと、上記のビジネスクラスラウンジが入り放題になるわけです


↑目次へ戻る↑


航空会社のビジネスクラスラウンジではないが、ビュッフェの食事内容が豊富な、VIPラウンジにも入れる


今までの解説は、「プライオリティパスを持っているだけで、上記のビジネスクラスラウンジに入れる」ということでしたが、実は、プライオリティパス保持者は、他にも入れるラウンジがたくさんあるのです

航空会社によるビジネスクラスラウンジではありませんが、空港が運営するVIPラウンジにも、プライオリティパス会員は無料で入ることができるのです

プライオリティパス会員が入れるVIPラウンジの数は、世界中だと数百にもなるのですが、特に注目すべきなのが、ビュッフェの食事内容が豊富であるVIPラウンジです

成田、羽田、関空、名古屋など、日本の国際空港だと、「航空会社のラウンジ=豪華」「空港運営のラウンジ=休憩室」というイメージがありますが、海外の空港だと、空港運営のラウンジでも、食事が用意されていて豪華なVIPラウンジも用意されているのです

例えば、食事内容が比較的豪華だと言われるVIPラウンジの一部は以下の通りになります。

空港 利用できる
VIPラウンジ
ソウル仁川 SKY HUB
ラウンジ
香港 Premium Plaza
ラウンジ
バンコク CIPラウンジ
シンガポール Green Market
ロンドン
ヒースロー
Premium Plaza
ラウンジ



ソウル仁川空港にあるHUBラウンジ。サラダ・麺類など豊富。


香港国際空港にあるトラベラーズラウンジ(1番ゲート付近)。サラダバーのほか、ヌードルバーもあり


シンガポール空港にあるグリーンマーケット。ここは日本食ビュッフェが用意されていて、何とサーモンの刺身まで食べられる


バンコク・スワンナプーム空港にあるラウンジ。東南アジアらしくフルーツが豊富。


ロンドン・ヒースロー空港・第2ターミナルにあるプレミアムプラザラウンジ。ビジネスホテルのランチビュッフェ並みの内容。


香港、バンコク、ロンドンヒースローなど、入れるビジネスクラスラウンジがない空港でも、代わりに、上記のような食事内容が豪華であるVIPラウンジに入れるのも、プライオリティパスの強みになります


↑目次へ戻る↑



プライオリティパスは、有料の空港ラウンジプログラム。
入り放題のプランだと、年会費は4万円以上!


ここまでは、「プライオリティパスに入会すれば、マイレージ上級会員でなくても、ビジネスクラスに乗らなくても、航空会社のビジネスクラスラウンジに入れる」という説明だったわけですが、

ここで、「プライオリティパスを持てば、私もビジネスクラスラウンジに入れる!」と思われた方もいるかもしれません。

その通りなのですが、もちろん、プライオリティパスは有料の空港ラウンジ会員プログラムなので、プライオリティパスを持つには年会費が発生します

それでは、プライオリティパスを持つにはいくらかかるのでしょうか。以下3つの会員プランが用意されています。

年会費はアメリカドルがベースになるので、為替レートにより、日本円で払う年会費も変動します。以下の日本円表記は、1ドル=110円の場合です。

プラン

年会費
ラウンジの
利用回数
プレステージ会員

年会費は
399米ドル
(約44,000円)
無制限

利用制限なしで
完全に使い放題
スタンダード
プラス会員


年会費は
249米ドル
(約27,000円)
10回まで無料

11回目からは
1回利用につき
27米ドル
スタンダード会員

年会費は
99米ドル
(約11,000円)
毎回27米ドル

回数が増えると
負担も増える


上の3つのプランを見てわかる通り、一番の理想は「プレステージ会員になって、制限なく毎回無料でラウンジに入れること」になるわけです

しかし同時に、「プレステージ会員だと毎回無料で入れるけど、その代わりに、年会費が399ドル(約44,000円)と高めなのがネック」となります。

「1年間に数回海外旅行に行くつもりで、プレステージ会員になったとしても、実際には2回しか海外旅行にいかなかったから、プレステージ会員の年会費399ドル(約44,000円)も払って損をしてしまった」ということもありえます。

逆に、「あまり海外旅行に行かないと思い、一番安いスタンダード会員になったけど、実際には往復とも経由地の空港でラウンジに入り、毎回27ドル払っていたら数万円になってしまい、結局は毎回無料になる、プレステージ会員になっておいた方が得だった」という可能性もあります。


↑目次へ戻る↑



直接ではなく、提携クレジットカード経由で、プライオリティパスに入会すると、本来4万円以上の年会費が、たったの1万円に!


上の通り、プランを選ぶ際、「毎回無料で入れるプレステージ会員が1番だけど、4万円を超える年会費は払いたくない」という問題があるわけです

しかし、この問題をうまく解決してくれる裏技があります。

それは、

「プライオリティパスに直接入会するのではなく、プライオリティパスが無料付帯されている、提携クレジットカード経由で、プライオリティパスのプレステージ会員になる」

という方法です。

毎回ラウンジが無料になるプレステージ会員の年会費399ドルですが、これはあくまでも、直接プライオリティパスに入会した場合の年会費です。

実は、一部のクレジットカード会社では、「プライオリティパスのプレステージ会員資格が無料付帯されている、ゴールドカードまたはプラチナカード」が用意されているのです

つまり、直接プライオリティパスを申し込まなくても、プライオリティパスが無料付帯されるクレジットカードを申し込んでも、プライオリティパスを保有することが出来るわけです

それでは、どのクレジットカードだと、プライオリティパスのプレステージ会員が無料付帯されるのでしょうか。


プライオリティパス
プレステージ会員
資格が
無料付帯される
クレジットカード

クレジット
カード
年会費
(税抜)
楽天
プレミアムカード
10,000円
セゾンプラチナ
ビジネス
アメリカン
エキスプレス
カード
20,000円
MUFGカード
プラチナ
アメリカン
エキスプレス
カード
20,000円


プライオリティパスのプレステージ会員資格が、無料付帯されるクレジットカードの中で、比較的年会費が安めなのは、上の3枚になります。

(他にも無料付帯されるクレジットカードはあるのですが、年会費が3万円を超えるプラチナカードなどになるので、ここでは省略します)

上の3枚のクレジットカードを見れば一目瞭然ですが、プライオリティパスのプレステージ会員が、無料付帯されるクレジットカードの中で、断トツに安いのは、年会費が10,000円(税別)である楽天プレミアムカードになります

ここで、もう一度比較してみると、


プライオリティパス
プレステージ会員
になる方法

年会費
直接
プライオリティパス
から申し込んで
プレステージ会員
を選ぶ
44,000円

1ドル110円
の場合
プレステージ会員
資格が
無料付帯されている
楽天プレミアムカード
に入会する
10,000円
(税抜)


カードの
年会費なので
毎年同額


つまり、楽天プレミアムカードに入会して、プライオリティパスのプレステージ会員になったほうが、直接入会する場合より、毎年約34,000円も節約できることになります

(円安が進み、1米ドル=120円、130円となるにつれて、節約できる金額は多くなります)

「年に何回海外旅行に行って、何回ラウンジに入れるかわからない」という場合でも、楽天プレミアムカードなら、毎年1万円の出費で済むわけです

このように、毎年1万円払うだけで、マイレージ上級会員でなくても、エコノミークラス利用でも、何回も無料で世界中のビジネスクラスラウンジに入れる方法を実現できることになります


↑目次へ戻る↑


今なら、楽天プレミアムカードの初年度年会費が、実質無料!


格安料金でプライオリティパスを手に入れられる、楽天プレミアムカードですが、実は、楽天プレミアムカードに入会すると、1万円分のポイントが付与されるキャンペーンが実施されています

このポイントは、楽天市場で1万円分の支払いに使えます。楽天プレミアムカードの年会費は1万円(税抜)なので、初年度年会費が実質無料になり、初めの1年間は無料で世界中のラウンジに入れることになります


↑目次へ戻る↑



詳しい手順


以下、プライオリティパスをゲットして、航空会社のビジネスクラス・ラウンジに入るまでの詳しい手順です。


その1
楽天プレミアムカードに入会する

●キャンペーン参加登録をすると、もれなく最大1万ポイント(1万円分のポイント)が付与されるので、初年度年会費は実質無料

●ポイント付与キャンペーンは、予告なしに変更される可能性があります



その2
楽天プレミアムカード到着後、別途プライオリティパスを申し込む(無料)

●登録方法は、楽天カード会員様専用オンラインサービス「楽天e-NAVI」ログイン後、【プライオリティパス】から申し込む

●申し込み後、2〜3週間で、プライオリティパスの会員カードが届く



その3
海外旅行時、成田、関空、中部、福岡、ソウル、プサン、北京、シンガポール、ホノルル、ロサンゼルス、ニューヨーク、チューリッヒなどを出発する時、各空港にある対象ビジネスクラスラウンジで、プライオリティパスを提示し、入室する

●どの航空会社利用時でもOK。格安航空会社(LCC)も対象

●上記空港で乗り継ぐ時でもOK

●特典航空券による旅行時でもOK

●ラウンジがあるターミナルと、利用する航空会社のターミナルが異なる場合は、基本的にラウンジには入れません

となります。


↑目次へ戻る↑


> マイルで得得・トップページへ

※ このページの情報は、予告なしに変更されることがあります。

※ プライオリティパスで入れるラウンジは、急きょ予告なしに変更される可能性があります。