マイルで得得マイルの裏技 > 特典の取消手数料を無料にできるかもしれない方法

マイルの裏技
特典航空券のキャンセル手数料を
無料にできるかもしれない方法

自分の理由によるキャンセルには
手数料が発生


当サイトで扱っているマイレージプログラムのほとんどでは、一度発券した特典航空券をキャンセルする場合、特典のキャンセル手数料が発生します

JALマイレージバンクの3,000円のように、手数料を低めに抑えているマイレージプログラムもあれば、デルタ航空・スカイマイルの150米ドルのように、かなり高めに設定しているマイレージプログラムもあります。

また、ANAマイレージクラブの3,000マイルのように、現金ではなくマイルで取消手数料を払わなければいけないマイレージプログラムもあります。

いくら自分の都合によるキャンセルとはいえ、「特典航空券のキャンセルだけに数千円〜1万円以上の手数料を払うのは辛い」という方も多いかと思います。

しかし、ここで1つ注目すべきことがあります。それは、「特典航空券のキャンセル手数料を払うのは、自分の都合で、自らキャンセルする場合」ということです

例えば、「有給が取れる予定だったのに、急きょ出勤しなければならなくなった」などの理由で、特典航空券の予約を取り消すのであれば、それは自分の都合によるキャンセルなので、取消手数料を負担する必要があります。

このように、「自分の都合により特典航空券をキャンセルする場合は、取消手数料を負担する」ということになります。

つまり、逆から見ると、「航空会社側や、旅行先の情勢など、自分以外の都合により特典航空券をキャンセルする場合は、取消手数料が免除される可能性がある」と考えることができます

それでは、自分以外による都合とは、どのようなケースが考えられるのでしょうか。

ケース1.
「特典で乗る便のスケジュールが、勝手に変更されてしまい、または便が欠航になってしまい、旅行の予定が狂ってしまう場合」


特典航空券は、約11カ月先まで予約を入れることができます。つまり、特典航空券を発券してから、実際に出発するまでの間に、スケジュールが変更される可能性もあります

例えば、特典航空券による現地到着時間が17時で、現地では、19時発の電車に乗る旅程だとします。

それが、乗る予定の便のスケジュールが変更されて、現地到着時間が21時になってしまったとします。目的地へ向かう最終電車は19時発のため、空港到着が21時になると、電車に乗り継ぐことができません。

このような場合、マイルを使ったマイレージプログラムに連絡を入れて、「特典のスケジュールが変更された結果、旅行の計画が狂ってしまい、今回の変更は航空会社側による都合のため、本来かかるキャンセル手数料を無料にしてキャンセルしたい」と言えば、手数料無料でキャンセルできる可能性があります

もう1つの例として、特典で乗る路線が、毎日運航から週3〜4便の運航になってしまい、出発日が2日間遅くなる、というようなケースも考えられます。

「旅行先での滞在が3泊の予定だったところ、出発が2日間遅れると、現地に1泊しかできなくなってしまう」という理由でも、手数料無料で特典をキャンセルできる可能性があります

つまり、特典航空券をキャンセルする必要があっても、すぐに素直にキャンセルするのではなく、「もしかして、航空会社側がスケジュールを変更するかもしれない」と待つことが大事になります

例えば、出発の4か月前に、仕事などの理由で、特典旅行ができないとわかるとします。しかし、出発するまでの4ヵ月間の間に、スケジュールが大幅に変更されるかもしれません。

もし運よく、スケジュールが大幅に変更されたり、減便などにより出発日などが変更になったり、利用する航空会社が変更になったら、「それは本来予約した特典とは異なるため、手数料無料でキャンセルできるべき」と主張したら、キャンセル手数料が無料になる可能性があります(あくまでも可能性があるということになります。100%確約ではありません)


ケース2.
「目的地の情勢悪化などの場合、台風などの天候悪化の場合」


上で紹介したケースは、航空会社によるスケジュール変更が原因でしたが、他に考えられるのが、目的地の情勢悪化や、台風などの天候悪化のケースです

例えば、2012年の秋に、中国各地で反日デモが行われましたが、現地にいる邦人に被害が出るなど、中国での情勢悪化が懸念された時期がありました。

この時期ですが、ANAマイレージクラブ、JALマイレージバンク共に、中国・香港行きの特典航空券のキャンセルを、手数料無料にしてくれる例外を認めてくれました。

例えば、もし2012年10月に、特典航空券で中国に行く予定があり、発券したのが2012年4月だとします。そして、2012年5月に、個人的な理由で、特典をキャンセルしようとします。

しかし、5月にキャンセルしてしまうと、取消手数料が発生してしまいます。ところが、出発の10月ギリギリまで待ってみたら、情勢悪化の理由により、特典を無料でキャンセルできたことになります

今回のケースでは、特典を無料でキャンセルできる理由が「現地の情勢悪化」でしたが、他にも「インフルエンザなどのパンデミック」「ある航空会社によるスト」などの理由により、急きょ特典の無料キャンセルが認められる可能性もあります。

同時に、出発の前日になって、翌日に台風が直撃するのがほぼ確実である場合もあります。そのような場合も、特典を無料でキャンセルできる可能性があります。これも、出発ギリギリまで予測することはできません。

つまり、理由は何にせよ、出発のギリギリまで、何か出来事が起こるかもしれないと待つことにより、特典を無料でキャンセルできる機会があるかもしれないのです


無料キャンセルを
認めてくれない可能性のほうが
高いと思うべき


このページのタイトル通り、上のケースでは、あくまでも特典航空券を無料でキャンセルできる「かもしれない」方法になります。

「かもしれない」と強調するのは、いくら同じような変更・状況でも、航空会社(のオペレーターや責任者)によっては、特典を無料でキャンセルさせてくれないケースも多々あるからです

ANAマイレージクラブやJALマイレージバンクのように、「中国の情勢が悪化したので、無料で特典をキャンセルできます」のように公表したケースを除き、あとは「コールセンターのオペレーター次第になる」のが現状です

例えば、中国の情勢悪化が心配で、某外資系マイレージプログラムのマイルで発券した、中国行きの特典をキャンセルしたくても、いざ連絡してみると、「当社では、旅行を中止すべきという判断はしていないため、特典をキャンセルする場合は手数料を負担していただきます」と言われる可能性もあるわけです。

または、現地到着が予定より6時間遅くなることが判明しても、「乗る予定だった直行便ですと6時間遅くなりますが、ソウル経由にしてもらいますと、本来の到着時間と30分しか違わないので、大韓航空の利用をお願いします。こちらとしては代替の手段を提案できますので、キャンセルする場合は、通常通りキャンセル手数料が発生します」と言われる場合もあります。

つまり、同じ状況でも、あるマイレージプログラムでは無料でキャンセルできても、あるマイレージプログラムでは手数料を請求される可能性もあるわけです

また、同じ(または似たような)状況で、同じマイレージプログラムでも、オペレーターや責任者の判断によっては、特典を無料でキャンセルできる場合もあれば、できない場合もあるわけです

このような事情から、当サイトでは、「XXX航空のマイレージプログラムのマイルで、XXX行きの特典が、XXXが理由で、無料でキャンセルできた」という具体的な情報の掲載は控えさせていただくので、予めご了承ください。

もし、仕事などの事情で、予約済みの特典航空券をキャンセルしなければいけない場合は、出発ギリギリまでキャンセルするのを待つことにより、運が良ければ、無料でキャンセルできるかもしれません。

メールマガジン(無料)のご案内:
当サイトでは、この裏技のようなマイルのお得情報をはじめ、マイレージの最新情報をお届けするメールマガジンを発行しています。メルマガ限定のコラムや裏技も配信されます。登録ページはこちら


>マイルの裏技・トップへ

↑ページのトップへ

>マイルで得得のトップへ


※このページの情報は、予告なしに変更されることがあります。