マイルで得得 > 裏技 > ユナイテッド航空・プレミアムエコノミーに無料アップグレード




目次 (このページの内容)



エコノミークラスと極端には変わらないが、長距離路線だと、少し広いだけでも居心地UP


最近は、エコノミークラスとビジネスクラスの間に「プレミアムエコノミー」を導入する航空会社が増えてきています。

日本の航空会社では、ANAとJALの両方で、一部の長距離国際線を中心に、プレミアムエコノミーが導入されています。

アメリカの航空会社ですと、デルタ航空やユナイテッド航空なども、プレミアムエコノミーを導入しています。

ユナイテッド航空では、プレミアムエコノミーのことを「エコノミープラス(Economy Plus)」と呼んでいます(以下、エコノミープラス)。

ユナイテッド航空・エコノミープラスのメリットは主に、

「足元が広い(前の席とのシートピッチが、エコノミークラスより、10cmほど広い」

となります。

10センチあるかないかの差ですが、
この少しの差があるだけで、特に日本〜米国本土間の長距離路線では、フライトが楽になるのも事実です

ユナイテッド航空 エコノミープラス 全体の様子

ユナイテッド航空・エコノミープラスの様子です。ビジネスクラスとエコノミークラスの間に設置されています。

ユナイテッド航空 エコノミープラス ヘッドカバー

ヘッドカバーには、ちゃんと「Economy Plus」と表記されています。エコノミークラスだと、これが「UNITED」だけになります。

ユナイテッド航空 エコノミープラス シートピッチ

何となくですが、エコノミークラスと比べて、シートピッチ(前のシートとの間隔)が、少しだけ広いのがわかります。

ユナイテッド航空 エコノミープラス 足元

座った時の足元の様子です。スペースに余裕があるのがわかります。

エコノミープラスですが、機種に差はありますが、日本〜米国本土間を飛ぶ中型機・大型機であれば、100席ほど用意されています。


場所は、前方のビジネスクラス、後方のエコノミークラスの間になります。

↑目次へ戻る↑


エコノミープラスへのアップグレード料金は、片道12,000円程度から


ユナイテッド航空のエコノミークラスに乗る場合、航空券の購入時や出発する前、または出発当日に、エコノミープラスへアップグレードすることができます。

エコノミープラスへのアップグレード料金ですが、為替レート・時期・路線・混雑具合・シートの場所(通路側・真ん中・窓側)などにより変動しますが、相場としては、

路線 アップグレード料金
の相場
(片道につき)
日本〜
米国本土
15,000〜
20,000円程度
日本〜
ホノルル
10,000〜
15,000円程度
日本〜
グアム
5,000〜
10,000円程度

程度の追加料金がかかります(米ドルベースなので、円安になるほど高くなる傾向があります)。

往復なら、10,000〜40,000円程度の追加料金になります。

↑目次へ戻る↑


ユナイテッド航空の上級会員なら、アップグレード料金が無料!


往復ともエコノミープラス(プレミアムエコノミー)へアップグレードすれば、数万円かかってしまうので、足元が広いシートとはいえ、少し躊躇してしまうかもしれません。

しかし、アップグレード料金を払うのを躊躇してしまう方に朗報です。

実は、
ユナイテッド航空のマイレージ「マイレージプラス」の上級会員になると、エコノミークラスからエコノミープラスへのアップグレード料金が、毎回無料になるのです

例えば、羽田〜サンフランシスコ間を往復し、エコノミープラスにアップグレードするなら、片道15,000円の場合、往復だと30,000円払う必要があります。

しかし、ユナイテッド航空のマイレージ「マイレージプラス」の上級会員なら、往復とも無料でエコノミープラスにアップグレードすることができるのです(アップグレードする段階で、エコノミープラスに空席がある場合)。

↑目次へ戻る↑


ユナイテッド航空・マイレージプラスが ステータスマッチキャンペーンを実施中。

このキャンペーンを利用すれば、1回も飛ばずに、ユナイテッド航空・マイレージプラスの上級会員になれる!


「ユナイテッド航空の上級会員だと、エコノミープラスへ無料でアップグレードできることはわかったけど、私は上級会員じゃないから関係ないな」と思われた方に朗報です。

実は、
1回も飛ばずに、ユナイテッド航空の上級会員になれる方法があります。それは、ステータスマッチを利用する方法です

以下、詳しく説明していきます。

ユナイテッド航空のマイレージプログラム「マイレージプラス」は、
期間未定で、ステータスマッチキャンペーンを実施しています

ステータスマッチとは、
「他の航空会社のマイレージプログラムで上級会員の人は、うちの航空会社のマイレージプログラムでも、即上級会員にしてあげます」というキャンペーンになります

つまり、ユナイテッド航空が実施しているこのキャンペーンでは、
「他社のマイレージプログラムで上級会員である場合は、ユナイテッド航空・マイレージプラスの上級会員にしてあげます」という内容になります

例えば、同じアメリカのデルタ航空・スカイマイルの上級会員である方は、今回のユナイテッド航空のステータスマッチキャンペーンを活用すれば、すぐにユナイテッド航空の上級会員になることができるわけです。

これは別にデルタ航空・スカイマイルである必要はなく、JALマイレージバンク、キャセイパシフィック航空・アジアマイル、大韓航空・スカイパスなどの上級会員も対象になります。

例として、現在デルタ航空・スカイマイルの上級会員である場合、ユナイテッド航空・マイレージプラスの、どの会員レベルでステータスマッチがされるのでしょうか。

デルタ航空
スカイマイル
. ユナイテッド航空
マイレージプラス
シルバー
メダリオン
プレミア
シルバー
ゴールド
メダリオン
プレミア
ゴールド
プラチナ
メダリオン
プレミア
プラチナ

具体的な名称はマイレージプログラムにより異なりますが、上のように、
「デルタ航空のゴールド会員は、ユナイテッド航空のゴールド会員に」のように、同じレベルの上級会員になれることになります


↑目次へ戻る↑


現在、どこの上級会員でない人にもチャンスあり!


デルタ航空・スカイマイル、JALマイレージバンクなど、どの航空会社のマイレージプログラムでもいいのですが、現在上級会員である方は、今回のステータスマッチキャンペーンを利用して、すぐにユナイテッド航空の上級会員になれることになります。

ただし、
このステータスマッチには1つの欠点があり、現在どのマイレージプログラムでも上級会員でない方は、今回のユナイテッド航空によるステータスマッチに参加できないことになります

しかし、裏技があります。

それは、デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードに入会して、まずはデルタ航空・スカイマイルのゴールド会員になる方法です。

デルタ航空・スカイマイルは珍しく、デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード(クレジットカード)に入会するだけで、
すぐにデルタ航空の上級会員である、ゴールドメダリオン会員資格が与えられるのです。デルタ航空を飛ぶ必要はありません

つまり、
デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードに入会し、一旦デルタ航空の上級会員になることで、今回のユナイテッド航空による、ステータスマッチにも参加できることになります

具体的には、

デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードに入会



デルタ航空・スカイマイルのゴールドメダリオン会員になる


ステータスマッチに参加して、ユナイテッド航空・マイレージプラスのプレミアゴールド会員になる


という順序になります。


↑目次へ戻る↑


ユナイテッド航空の上級会員は、何度もエコノミープラスへのアップグレード料金が無料!


ユナイテッド航空の上級会員になると、ユナイテッド航空に乗る時に、いくつかの特典を活用することができますが、
最も活用すべきなのが、「エコノミープラスへの無料アップグレード」特典です

利用条件ですが、

「出発の24〜72時間前になってから、Webでチェックイン手続きをする時に、エコノミープラスに空席があれば、無料でアップグレードできる(座席指定できる)」

特典になっています。

24時間前か72時間前かは、上級会員のレベルによって決まっています。

プレミアゴールド会員
→出発の72時間前から

プレミアシルバー会員
→出発の24時間前から


となっています。


例えば、出発の1ヵ月前にエコノミークラスの航空券を購入しても、まだ出発の72時間前ではないため、購入時に、すぐエコノミープラスへアップグレードすることはできません。

出発の24〜72時間以内になり、WEBでチェックインをする時点で、エコノミープラスに空席があれば、ユナイテッド航空の上級会員は、無料でエコノミープラスにアップグレードすることができます

具体的なアップグレード方法ですが、マイレージプラスの会員番号でログインした後、座席指定画面で、エコノミープラスの座席を無料で選択することができます。

ちなみに、ユナイテッド航空の一般会員は、この座席指定画面で、エコノミープラスの座席を選ぼうとすると、アップグレードに必要な料金が表示されてしまいます。

↑目次へ戻る↑


シルバー会員よりゴールド会員のほうが、エコノミープラスへ無料アップグレードできる確率が高い!


対象のクレジットカードに入会し、ステータスマッチキャンペーンを利用することで、即ユナイテッド航空の上級会員になれるわけですが、クレジットカードは2種類あり、それぞれ違うレベルの上級会員資格が与えられます。

具体的には

デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・カード
→ デルタ航空のシルバー会員 → ユナイテッド航空のシルバー会員

デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード
→ デルタ航空のゴールド会員 → ユナイテッド航空のゴールド会員

となります。

前述通り、エコノミープラスへアップグレードできるタイミングは、シルバー会員だと出発の24時間前から、ゴールド会員だと出発の72時間前になります。

つまり、デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードに入会してゴールド会員になったほうが、
エコノミープラスへ無料アップグレードできる確率が高くなるわけです

空席状況によっては、無料アップグレード用の枠が、出発の72時間前にゴールド会員で一杯になり、出発の24時間前には、無料アップグレード用の枠がないケースもあります。

なので、
エコノミープラスへの無料アップグレードを最優先するなら、ゴールド会員(ユナイテッド航空のプレミアゴールド会員)になることが大事になります


↑目次へ戻る↑



ゴールド会員なら、ユナイテッド航空ラウンジにも無料で入れる! アップグレードされなくても、ラウンジ利用は保証されている!


(ユナイテッド航空の)シルバー会員より、ゴールド会員のほうがいい理由がもう1つあります。

それは、
ユナイテッド航空のゴールド会員なら、ユナイテッド航空のラウンジ「ユナイテッドクラブ」に無料で入れるからです

もしユナイテッド航空のシルバー会員なら、たとえエコノミープラスへ無料でアップグレードできたとしても、ユナイテッド航空のラウンジに入れる資格はありません。

つまり、
ゴールド会員なら、搭乗前はユナイテッド航空ラウンジで寛げて、搭乗後はエコノミープラス席でゆったりできるわけです(アップグレードされた場合)。

例えば、ゴールド会員が、ユナイテッド航空で成田〜ニューヨークと飛ぶ場合、往路は成田空港で、ユナイテッド航空ラウンジに入ることができます。

帰りも、ニューアーク空港で、ユナイテッド航空ラウンジに入ることができます。もしエコノミープラスへ無料アップグレードされなかったとしても、ラウンジには入れます。

逆に、シルバー会員はラウンジに入れないため、
もしエコノミープラスへアップグレードされなかったら、「ラウンジに入れない」「エコノミープラス席にも座れない」と、何もメリットを受けれなくなってしまいます

しかし、
ゴールド会員なら、万が一エコノミープラスへ無料アップグレードされなくても、ラウンジ利用だけは確約されているので、それだけでも上級会員のメリットを満喫できるわけです


↑目次へ戻る↑



繁忙期でない限り、チェックイン時でもエコノミープラスに空席があることはよくある。

72時間前に、ウェブでチェックインすることが大事


チェックイン時にならないと、無料でエコノミープラスへアップグレードすることはできませんが、大事なのは、
「ゴールド会員の場合、出発の72時間前からウェブでチェックイン手続きができる点」です

例えば、17時出発の便であれば、3日前の17時からWebでチェックイン手続きをすることができます。

つまり、
出発の72時間前になったら、できる限り早めにWebでチェックインすれば、エコノミープラスの座席を確保できる可能性が高まります

例外もありますが、基本的に、
出発の72時間前になっても、エコノミープラスに空席があることはよくあります

機種にもよりますが、日本発着路線の中型機・大型機の場合、エコノミープラスは100席程度用意されていて、繁忙期などでない限り、出発の72時間前までに、この約100席が全て埋まることはあまりありません。


↑目次へ戻る↑


カード年会費は26,000円(税別)。2回のアップグレードで元が取れる! アップグレードは1回だけでも、ラウンジ利用分も含めるとお得


ここまでの説明は、

「ユナイテッド航空の国際線には、ビジネスクラスとエコノミークラスの間に、エコノミークラスより足元が広いプレミアムエコノミー(以下、エコノミープラス)が設定されている」

「通常、エコノミークラスからエコノミープラスへアップグレードするには、最低15,000円程度の手数料がかかる(米国本土路線の場合)」

「ユナイテッド航空の上級会員になれば、エコノミークラスからエコノミープラスへのアップグレードは無料になる」

デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードに入会して、ステータスマッチキャンペーンを利用すれば、即ユナイテッド航空のゴールド会員資格が与えられる。つまり、無料アップグレードの権利が与えられる」


というものでした。

しかし、

デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードに入会すれば、上級会員になれるのはいいけど、カードの年会費がかかるから微妙・・」

と思われるかもしれません。

確かに、カードの年会費は26,000円(税別)と高めになっています。

少し高めの年会費ですが、例えば、日本〜アメリカ本土間の路線だと、エコノミークラスからエコノミープラスへアップグレードするのに、片道最低15,000円前後はかかります(アップグレード料金は常に変動)。

ということは、
2度アップグレードされるだけで、カードの年会費である26,000円の元がとれる計算になります

もし、片道1回しか無料アップグレードがされなくても、ユナイテッド航空ラウンジに2回以上入れることを考慮すると、26,000円のもとを取ることはそんなに難しくありません

ユナイテッド航空ラウンジには、有料だと1回約6,000円で入ることができますが、ゴールド会員なら無料で入れます。

例えば、成田〜シカゴ〜オーランドと飛ぶ場合、往路は成田とシカゴで2回、復路はオーランドとシカゴで2回と、合計4回ラウンジに入れることになり、これだけで2万円以上の価値があります。

ラウンジの価値を考えると、
1回エコノミープラスへアップグレードされるだけで、カード年会費の26,000円以上の価値を得られることになります


↑目次へ戻る↑


ユナイテッド航空の上級会員になって、プレミアムエコノミーへ無料アップグレードするための手順


その1
デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードに入会する



その2
デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードが手元に届き、デルタ航空・スカイマイルのゴールドメダリオン会員へ昇格



その3
スマートフォンで、デルタ航空のアプリをインストールする

●デルタ航空のアプリは、「Delta Airlines」で検索すれば、候補に表示されます

●デルタ航空のPC公式サイトからログインして、印刷できるゴールドメダリオンカードには、ゴールドメダリオン会員資格の有効期限が印字されていないため、ユナイテッド航空のステータスマッチキャンペーンには使用できません。スマホ用のデルタ航空アプリを使用してください

●以下でも解説していますが、スマホが用意できない場合は、デルタ航空のPCサイトでログインして、ゴールドメダリオン会員資格の有効期限が提示されているページのスクリーンショットを使用してください

●デルタ航空のアプリは、「Delta Airlines」で検索すれば、候補に表示されます

デルタ航空のアプリ内で、デジタル版のゴールドメダリオンカードを提示する方法はこちらからご確認ください

デルタ航空・ゴールドメダリオンカードのデジタル版

デルタ航空のアプリ内で、デジタル版のゴールドメダリオン会員証を表示することができます。空港では、このデジタル版を表示すれば、上級会員として扱われます




その4
ユナイテッド航空・マイレージプラスに入会する

●既にマイレージプラス会員である方はスキップ



その5
ユナイテッド航空・マイレージプラスのステータスマッチキャンペーンに参加する

ステータスマッチ申請ページからログインし、ステータスマッチキャンペーンの申し込みをします

●ログイン後の申請ページが日本語の表記のままだと、一部の項目を選択できないエラーになると、当サイトに報告されています。

その場合は、ページ右上部分の「日本−日本語」の「ご覧いただける言語」で「English」を選び「変更」をクリックすれば、ページが英語表記に切り替わり、項目を選択できるようになります

●以下の項目を入力または選択します。

マイレージプラス会員番号
(MileagePlus number)
自動に反映されています

氏名
(Name)
自動に反映されています

Eメール
(Email)
自動に反映されています

(ステータスマッチ申請の完了お知らせメールがこのメールアドレスに届くので、頻繁にチェックするEメールアドレスを入力してください)

連絡先
(Contact information)
自動に反映されています

(チャレンジ開始日から90日以内に、ユナイテッド航空で12,500マイル以上獲得すると、登録先の住所にプレミアゴールド会員カードが郵送されます)

その他の航空会社
(Other Airline)
デルタ航空
(Delta Air Lines)
を選択

エリート会員レベル
(Elite Level)
ゴールドメダリオン
(Gold Medallion)
を選択

必要書類
(Documentation)
「参照」ボタンを押して、自分で用意した画像ファイルを選択し、添付してください

添付できる画像ファイルは、
デルタ航空・スカイマイルのゴールドメダリオン資格の有効期限(Valid Thru または current status)が記載されているものに限定。

以下のうちどれか1つ

【スマホを持っている場合】
1.スマートフォンから、デルタ航空のアプリをインストールして、スカイマイルのシルバーメダリオン会員のデジタルカードを表示した画面

デルタ航空・ゴールドメダリオンカードのデジタル版


or


【スマホを持っていない場合】
2.言語を「日本語」ではなく「English」にしてから、デルタ航空公式サイトからログインし、「My Delta」→「My Skymiles」のページに行き、

・自分の氏名
・会員番号
・エリート会員レベル(Gold Medallion)
・エリート会員の有効期限(Current Status)

が記載されている以下のようなページの画像(スクリーンショット)を保存






●デルタ航空から、プラスチック製のゴールドメダリオンカードは送られてきません。

●アプリ内のデジタル版ゴールドメダリオンカードのキャプチャ、または、デルタ航空公式サイトでゴールドメダリオン会員であることがわかる、上記のようなスクリーンショットの画像ファイルを添付する

●対応のファイル形式は、.pdf、.jpg、.gif、.tif、.tiff で、ファイルサイズは1.1MBまで

ご希望のチャレンジ開始日
(Preferred challenge start date)
月/日/年の順番で入力

●はじめの90日間のプレミアゴールド資格=スターアライアンスのゴールド資格が与えられる日付を選べます

●申請日から14日前後の日付を選択してください(ぴったり14日後である必要はありません)

●ここで選んだ日付から90日間は、ユナイテッド航空を飛ぶ・飛ばないに関係なく、プレミアゴールド会員(=スターアライアンスのゴールド会員)になれます

備考
(Additional comments)
もし、キャンペーンの担当者に伝えたいことがある場合は、ここにその内容を入力


項目内容・選択内容
を確認後、
「送信」(Submit)
をクリック




その6
ユナイテッド航空から、ステータスマッチが完了したことを知らせるEメールが届く



その7
ユナイテッド航空の公式サイトからログインし、マイアカウントのページにて、プレミアゴールド会員に昇格していることを確認する



その8
ステータスマッチが完了してから、初めの90日間は、プレミアゴールド会員として、「エコノミープラスへの無料アップグレード」特典を利用する



その9
ハワイ・グアム・アメリカ・北米・中南米方面へ行く時、ユナイテッド航空のエコノミークラス航空券を購入する

●航空券の予約時・購入時に、ユナイテッド航空・マイレージプラスの会員番号を登録する



その10
出発の72時間以内になったら、ユナイテッド航空のサイトからログインし、ウェブチェックインする際に、座席指定画面にて、エコノミープラス(プレミアムエコノミー)の座席を選び、アップグレードを完了する

ユナイテッド航空 エコノミープラス 座席指定画面

座席指定画面です。青い席がエコノミープラス席の空席部分です。72時間以上前は、有料なので169ドルと表示されていますが、出発の72時間以内になると、この席が無料で選べるようになります。

以上、デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードと、ユナイテッド航空のステータスマッチキャンペーン特典を活用して、エコノミープラスへのアップグレードが無料になる方法を紹介しました。



> 裏技・一覧へ

> マイルで得得・トップページへ

※ このページの情報は、予告なしに変更されることがあります。

※ ステータスマッチキャンペーンは急きょ終了したり、条件が変更されたりする可能性があります。

※ 予告なしに、ユナイテッド航空・マイレージプラスのゴールド会員が受けられる特典内容・利用条件等が、変更されることがあります。

※ 万が一、「急きょ利用条件等が変更された」 「航空券の予約にマイレージ番号を登録し忘れた」 「事前の座席指定を忘れた」 「エコノミープラスに空席がなかった」等の理由で、アップグレードが出来なかった場合、当サイトはその責任を負うことはできません。