マイルで得得裏技 > ANAマイルの有効期限3年を実質無期限にして貯める方法

裏技


ANAマイレージクラブのマイルを貯めている方の多くは、「マイルの有効期限が3年より長かったら、もっとマイルを貯められるのにな・・」と思っているのではないでしょうか。

実際に、アメリカ系航空会社とヨーロッパ系航空会社を中心に、外資系航空会社のマイルは、有効期限を延長できるので、実質無期限でマイルを貯めることができます。

例えば、5年以上にかけて10万マイル貯めて、ヨーロッパへビジネスクラスで行くことも可能です。 これが、有効期限が3年であるANAマイレージクラブのマイルであれば、5年以上かけてマイルを貯めることができません

JCB、VISA、マスターのANAカードでも
結局有効期限はある


ANAマイルを貯めるために、クレジットカードのANAカードを持っている方も多いかと思います。 もちろん、日常生活の支払いでANAマイルを貯められるという意味では、ANAカードはマイラーに必要になります。

ところが、マイルの有効期限という視点では、ANAカードを持っていても何も変わりません

というのも、ANAカード(クレジットカード)利用で貯まった各社のポイント(ポイントの名称はクレジットカード会社によって異なる)には期限があり、その期限内にポイントをANAマイルに交換する必要があります。

そして、一旦各カード会社のポイントをANAマイルに交換してしまうと、結局その時点から、3年という有効期限が発生してしまうわけです

クレジットカードのポイントが無期限であれば、ANAのマイルも実質無期限で貯められる

3年の有効期限があるANAのマイルですが、考え方を変えると、ANAのマイルを実質無期限で貯めていくことも可能です。

つまり、ANAマイルを無期限で貯めるには、クレジットカードのポイントを自体が無期限である必要があるわけです

それは、「ANAのマイルに交換できて、しかも無期限であるクレジットカードのポイントを、時間をかけて貯めていく方法」です

ポイントを無期限で貯められるクレジットカードを継続的に利用して、ポイントを貯めていきます。この方法だと、無期限のマイペースで貯めていくことができるため、ANAマイルの本来の3年間の有効期限に縛られなくて済むわけです

また、一部クレジットカードのポイントでは、せっかくポイントを貯めてANAマイルに移行したくても「年間にANAマイルへ移行できるのは8万ポイントまで」というような制限が設けられています

このような制限があると、例えば、「一気に10万ポイントをANAの10万マイルに移行」ということができないので、「ポイント→ANAマイルへの移行で制限がないクレジットカード」を選ぶのも大切になります

ANAマイルへの移行数に制限がなく、
ANAマイルに交換できる
無期限ポイントを貯められる
クレジットカードは3枚あり。


それでは、ANAマイルに交換できるポイントを無期限で貯められ、ポイントをANAマイルへ交換する時に制限がないクレジットカードはどれくらいあるのでしょうか?

100円で1マイル(100円で1ポイント=1マイル)貯まるクレジットカードは以下の通りです。

クレジットカード名 年会費
(税抜)
スターウッド プリファード ゲスト
アメリカン・エキスプレス・カード
31,000円
ANA
ダイナースカード
27,000円
ANA
アメリカン・エキスプレス・カード
7,000円

ポイント移行
コース手数料
6,000円


ANAマイルに交換できるポイントを、無期限に貯められるクレジットカードは、上記3枚になります。

上記3枚のカードだと、例えば、7年間かけてANAマイルをコツコツ貯めていき、ビジネスクラスでアメリカへ行く、というようなことが可能です

例えば、毎月のカード利用額が18万円の場合、1年で216万円支払うことになります。100円で1マイルとした場合、1年でANAの21,600マイル分のポイントが貯まることになります。

これはあくまでも無期限のポイントになるので、ANAマイルの3年の有効期限は関係ありません。

毎月の利用額が18万円だと、1年で21,600マイル分のポイントが貯まり、これを7年間続けると、151,200マイルになります。

ANAの15万マイルあれば、ニューヨークへのビジネスクラス特典航空券2人分に交換することができます(ローシーズン期間中の場合)。

このように、ポイントが無期限である上記のクレジットカードあれば、7年間かけて15万マイルを貯めて、2人でニューヨークへビジネスクラス特典航空券で行くようなことが可能になるわけです

これが、本来の3年間の有効期限に縛られると、3年だと十分なマイルが貯まらず、結局近めのアジアにエコノミークラスで行くことになってしまった、というようなことが起こるわけです

スターウッド・プリファード・ゲスト
アメリカン・エキスプレス・カードなら
100円で1.25マイル貯まる!


上記3枚のカードのうち、(ポイント移行などの手数料を含む)合計の年会費が一番安いのはANAアメリカン・エキスプレス・カードになります。

なので、ANAアメリカン・エキスプレス・カードが1番いい!と思われるかもしれませんが、実は、上記3枚のクレジットカードでは、獲得できるマイル数が異なるのです

カード別、100円で貯まるマイル数は以下の通りになります。

クレジットカード名 100円で
貯まる
ANAマイル
スターウッド プリファード ゲスト
アメリカン・エキスプレス・カード
1.25 マイル
ANA
ダイナースカード
1 マイル
ANA
アメリカン・エキスプレス・カード
1 マイル


なんと、スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カードだと、100円で1.25マイル貯まるのです

このカードは、上記3枚の中でも、ANAマイルの付与率が一番高いクレジットカードになります(リボ払いをすれば通常より多くマイルが貯まるクレジットカードや、年会費が8万円以上と高すぎる一部クレジットカードを除く)。

スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カードだと、ANAマイルの付与率は、100円で1.25マイルになるわけですが、この高還元を実現するには、ちょっとしたコツが必要になります

具体的に見てみると、まず、スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カードを使うと、スターウッド プリファード ゲスト(SPG)のポイントが貯まります。

スターウッド・プリファード・ゲスト(Starwood Preferred Guest)とは、ホテルブランドのシェラトンやウェスティンを運営している、スターウッドホテルグループによるホテルポイントプログラムのことを指します。

このスターウッド・プリファード・ゲストのポイントですが、実は、ANAマイレージクラブのマイルに交換することができるのです。

つまり、スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カードは、ANAマイルを貯めることができるカードになるわけです

ポイントの積算率ですが、スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カードを100円利用すると、SPGの1ポイントが貯まり、SPGの1ポイントを、ANAの1マイルに交換することができます(最小の交換単位は1,000ポイント)。

つまり、100円でSPG 1ポイント → ANA 1マイルとなるので、100円で1マイル貯まることになります。

「あれ?100円で1マイルなら、ANAカードと変わらないのでは?」と思われるかもしれません。

実は、SPGポイントには、「一度に、SPGの2万ポイントをANAマイルに交換すれば、5,000ボーナスポイントをプレゼントする特典」が用意されているのです

例えば、SPGの10,000ポイントを貯めて、これをANAマイルに交換すれば、1ポイント→1マイルの交換率なので、ANAの10,000マイルになります。これだと、100円で1マイル貯まる計算になるので、ANAカードと変わりません。

ところが、SPGの20,000ポイントを貯めて、20,000ポイントをANAマイルに交換すると、5,000ボーナスポイントが加算されて、合計25,000ポイントが、ANAの25,000マイルに交換されます。

つまり、20,000 SPGポイント → 25,000 ANAマイルとなるので、100円につき、1.25マイル貯まる計算になります

大事なのは、100円で1.25マイルは
「すべての支払いが対象」であること


100円につきANAの1.25マイル貯まるスターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カードですが、ここで大事なのは、「すべての支払いに対して、100円につき1.25マイル貯まる」ということです

というのも、ANAカードにも、ANAカードマイルプラスという一部の提携店舗を対象に、ダブルマイル、つまり100円で2マイルが貯まる特例があります。

「100円で2マイルなら、スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カードの100円で1.25マイルよりいいじゃん」と思われるかもしれません。

しかし、ANAカードの100円2マイルは、ガソリンスタンドのENEOS、マツモトキヨシ、イトーヨーカドーなど、一部の提携店舗での支払いしか対象になりません。ということは、対象外の店舗での支払いは、結局100円1マイルになってしまうのです

100円2マイルとはいえ、実際に対象のANAカードマイルプラスの店舗で支払う額は、全体の支払いに対して、かなり少ないのが実情です。ENEOSではなく他のガソリンスタンドを利用する人も多いはずです。

食料品の買い物も、イトーヨーカドー以外でする人も多いですし、世の中にはマツモトキヨシ以外のドラッグストアもたくさんあります。

ところが、スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カードだと、カードの利用場所に関係なく、常に100円で1.25マイル貯まることになります

ガソリンを入れるのはENEOSである必要はなく、他のガソリンスタンドでも100円につき1.25マイル貯まります。マツモトキヨシ以外のドラッグストア・薬局でも100円につき1.25マイル貯まります。

もちろん、毎月払う電気代、食費代、保険代、インターネット代、携帯料金などでも、すべて100円で1.25マイル貯まります

このように、「実質無期限で、どこでも常に100円で1.25マイル貯まる」というのが、ANAカードにはなく、スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カードにあるメリットになります


年会費は31,000円(税抜)と高め。
しかし、
1.「ホテル無料宿泊特典」
2.「SPG ゴールド会員特典」

の2つを活用すれば、実質の年会費はかなり安くなる。実質ほぼ無料になる可能性もあり。


ANAが一番貯まるスターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カードですが、1つデメリットもあります。それは、「ANAマイルが貯まる他のクレジットカードと比べて、年会費が高め」ということです

100円でANAの1.25マイル貯まるスターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カードの年会費は、31,000円(税抜)と、高めなのが現状です。

しかし、もれなく付いてくる「ホテル無料宿泊特典」「SPG ゴールド会員特典」の2つをうまく活用すれば、実質の年会費をかなり下げることも可能です

それぞれのメリットを、以下で詳しく見てみます。

メリット1:
カードを更新(継続)すると、
ホテル無料宿泊特典がもらえる。
1泊で2〜3万円、または3万円以上の
価値になるケースもあり


スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カードの特徴の1つとして、

「カードを継続すれば(翌年の年会費を払えば)、スターウッド系グループの好きなホテル(カテゴリー6まで)に、無料で泊まれる特典」

が付いてきます。

スターウッドグループ系列のホテルには、以下のようなブランドがあります(カテゴリ6までのホテルを一部抜粋)。

・シェラトン
・ウェスティン
・セントレジス
・ル メリディアン
・W ホテル

日本国内だと、セントレジス大阪、ウェスティン東京、ディズニーリゾート近くのシェラトン、ウェスティン大阪、ウェスティン名古屋、横浜ベイシェラトン、シェラトン広島などがあります。

ここで大事なのは、ホテル無料宿泊特典で、できるだけ高いホテルを選ぶことです。そうすれば、前年のカード年会費が、実質かなり安くなります

例えば、スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カードに入会し、入会から1年経って、2年目の年会費を払った後、無料宿泊特典を利用することができます。

そして、無料宿泊特典を使い、上記の中で好きなホテルに1泊すれば、その宿泊代分、前年のカード年会費が実質割引されたことになります

それでは、日本国内にあるスターウッド系列のホテルは、1泊でいくらするのでしょうか。シーズンや混雑状況により宿泊料金は常に変動しますが、以下、2015年10月某日の宿泊料金で比較してみます(料金の高い順)。

ホテル名 宿泊料金
(1泊・2名)
セントレジスホテル
大阪
約 46,000円
ウェスティンホテル
東京
約 33,000円
ウェスティン都ホテル
京都
約 30,000円
シェラトン・グランデ
トーキョーベイ・ホテル
約 24,000円
ウェスティンホテル
大阪
約 23,000円
ウェスティンホテル
仙台
約 20,000円
ウェスティン
ナゴヤキャッスル
約 17,000円
シェラトン・グランデ
オーシャンリゾート宮崎
約 17,000円
ウェスティンホテル
淡路
約 17,000円
横浜
ベイシェラトン
約 17,000円
シェラトン都ホテル
東京
約 16,000円
神戸
ベイシェラトン
約 14,000円
シェラトン
広島
約 14,000円


何と、大阪のセントレジス、東京のウェスティンだと、1泊の宿泊料金が、スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カードの年会費である31,000円よりも高くなっています

ということは、これら3つのどれかのホテルに泊まれば、前年のカード年会費の元がとれるので、前年のカード年会費は実質無料になったことになります

もし、1泊約46,000円もするセントレジス大阪に、無料宿泊特典で泊まった場合、前年のカード年会費である31,000円の元がとれただけでなく、実質約15,000円も得したことになります

また、少し安めである、ウェスティン大阪や横浜シェラトンに泊まっても、15,000円前後はするので、前年のカード年会費は実質半分程度で済んだことになります

この無料宿泊特典は、カードを継続する限り毎年使えるので、毎年、高めのホテルに無料で泊まる限り、ずっと(前年の)カード年会費の元(またはそれ以上)を取ることができるのです

つまり、31,000円(税抜)と一見、年会費の高いスターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カードですが、実は実質無料(または半額程度)で持てるカードになります

メリット2:
SPGのゴールド会員資格が贈呈される。
アップグレードやレイトチェックアウトもOK。


スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カードには、もう1つの特徴があり、それは、「SPGのゴールド会員資格が付与される」ことです

SPGのゴールド会員になるには通常、スターウッド系列のホテルに、1暦年(1〜12月)に10回以上の滞在、または合計25泊以上する必要があります。

ところが、スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カードを維持している限り、毎年SPGのゴールド会員でいることができます

SPGのゴールド会員には、いくつかの特典がありますが、1番注目すべきなのが、「無料アップグレード特典」です。

例えば、スタンダードルームで予約をしたところ、チェックイン当日、フロントでエグゼクティブルームにアップグレードしてくれるケースがあります(混雑状況により、アップグレードされない可能性もあり)。

または、部屋のアップグレードは無理でも、眺望指定なしの安めのプランで予約したところ、高めのオーシャンビューにしてくれるケースもあります

ホテル、シーズンなどにより異なりますが、自分で予約した安めの部屋(眺望希望なしなども含む)と、アップグレードされた後の部屋の料金の差が、1万円くらいになるケースもあります

例えば、1年に、スターウッド系列のホテルに3回泊まり、3回ともアップグレード(より良い眺望の部屋へのアップグレード・広めの角部屋へのアップグレード等を含む)されて、1回のアップグレードの価値が約1万円だった場合、3回なら約3万円の価値になり、これだけでカードの年会費である31,000円(税抜)のほぼ元を取れた計算になります

このように、

「無料宿泊特典で泊まれる価値」
「SPG ゴールド会員特典の価値」

を考慮すると、スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カードは、とても年会費の元を取りやすいカードなのがわかります


31,000円の年会費の元も取りやすく、
100円でANA 1.25マイルも貯まり、
しかも実質無期限で貯められる


以上、長くなりましたが、スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カードのメリットをまとめると、

1.
「100円につき、ANA1.25マイル貯まる」

2.
「一部の提携店舗だけでなく、どこで使っても、常に100円で1.25マイル貯まる」

3.
「SPGポイントは実質無期限で貯められるので、同時に、実質無期限でANAマイルを貯められることになる」

4.
「年会費は高めだが、ホテル無料宿泊特典を活用すれば、年会費は実質無料にすることも可能。または実質半額にすることも可能」

5.
「SPG ゴールド会員資格も付与されるため、スターウッド系列のホテルでは、無料アップグレード、無料レイトチェックアウトなどの特典を受けられる」


となります。

以下、スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カードでANAマイルを貯める方法です。

その1
スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カードに入会する

●SPG(スターウッド プリファード ゲスト)の会員でない方は、まずはSPGに入会し、SPG会員番号を取得する。SPGの入会は、上記リンク先にて可能

●カード入会後、1〜2カ月以内に、SPG ゴールドカードが届く




その2
スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カードを使い、SPGポイントを貯めていく

●SPGポイントは、1年に一度でもポイントの加算があれば、さらに有効期限が1年延長されるため、実質無期限で貯めていくことが可能

●SPGの20,000ポイント貯めると、ANAマイルへ移行する際、5,000ボーナスポイントが付与されるため、最低20,000ポイントに達するまで貯め続ける



その3
カードを継続したら(2年目になったら)、ホテル無料宿泊特典を活用し、スターウッド系列ホテルに無料で泊まる。そして、前年のカード年会費を実質無料(または実質半額程度)にする

●カードを更新すると(2年目の年会費を払うと)、スターウッドから登録Eメールアドレスに、ホテル無料宿泊特典に関する案内メールが届く

●ホテル無料宿泊特典は、毎年カードを更新する度に使えるので、毎回前年のカードの実質年会費を安くするために、(お金を払ったら)高いホテルを選ぶようにする



その4
スターウッド系列ホテルに宿泊する際は、SPG ゴールド会員証を提携し、無料アップグレード、無料レイトチェックアウトなどの特典を満喫する



その5
SPGの20,000ポイント以上貯まったら、ANAマイルへ交換する

●ANAマイルへの交換手続きは、SPG公式サイト、またはSPGのコールセンターにて可能

●20,000、40,000、60,000のように、20,000ポイント単位でANAマイルへ交換することが大事。そうすれば、100円で1.25マイル貯まることになる



その6
SPGポイントがANAマイルへ移行された後、ANAマイルを使って、特典航空券を予約する

となります。


↑ページのトップへ


※このページの情報は、予告なしに変更されることがあります。

※カード会社側、航空会社側による、予告なしのルール・規則変更等により、このページで紹介している方法が実践できなくなる可能性もあります。