マイルで得得 > 各マイレージプログラムの詳細 > 全日空・ANAマイレージクラブ > ANA国内線・特典航空券の徹底ガイド



全日空
ANAマイレージクラブ:
ANA国内線
特典航空券の徹底ガイド


※ このページでは、全日空・ANAマイレージクラブのマイルを使った、ANA国内線・特典航空券のルールをまとめています。

※ 必要マイル数やルール等は、航空会社側により、予告なしに変更されることがあります。





目次(このページの内容)


特典航空券を使える人(乗れる人)

第2親等以内の人
(本人・親・兄弟姉妹・配偶者・子供・孫・祖父母・叔母伯父など、第2親等以内の人が対象。友人などは対象外。親戚でも、第2親等以内でない人は対象外)
 ↑目次へ戻る↑

特典航空券の必要マイル数

必要マイル数
全旅程の
区間マイル数が
0〜600
マイルの路線

[東京路線]
大阪、秋田、庄内、仙台、新潟、大島、八丈島、富山、小松、能登、名古屋

[大阪路線]
萩・石見、松山、高知、福岡、大分、熊本、宮崎


[名古屋路線]
新潟、松山


[札幌路線]
利尻、稚内、女満別、根室中標津、オホーツク紋別、釧路、函館、青森、秋田


[沖縄路線]
宮古、石垣


[福岡路線]
対馬、五島福江、宮崎


[長崎路線]
壱岐、五島福江、対馬


[その他の路線]
仙台〜小松、宮古〜石垣
片道 L:5,000
R:6,000
H:7,500
シーズン期間表
往復 L:10,000
R:12,000
H:15,000
シーズン期間表
↑ブリティッシュエアウェイズのマイルを使うと、より少ない必要マイル数が適用されます
. .
上記・下記以外の
全路線


[東京路線]
札幌、福岡 など

[大阪路線]
札幌、沖縄 など
片道 L:6,000
R:7,500
H:9,000
シーズン期間表
往復 L:12,000
R:15,000
H:18,000
シーズン期間表
↑ブリティッシュエアウェイズのマイルを使うと、より少ない必要マイル数が適用されます
. .
全旅程の
区間マイル数が
1,601〜2,000
マイルの路線

[対象路線]
東京〜沖縄、大阪〜石垣、大阪〜宮古、名古屋〜沖縄、名古屋〜宮古、静岡〜沖縄、札幌〜福岡
片道 L:7,000
R:9,000
H:10,500
シーズン期間表
往復 L:14,000
R:18,000
H:21,000
シーズン期間表
. .
全旅程の
区間マイル数が
2,001〜
マイルの路線

[対象路線]
羽田〜石垣、羽田〜宮古、名古屋〜石垣、札幌〜沖縄、沖縄〜仙台、沖縄〜新潟

↓往復の利用のみ
羽田〜那覇経由〜宮古、羽田〜那覇経由〜石垣、大阪〜那覇経由〜宮古、大阪〜那覇経由〜石垣
片道 L:8,500
R:10,000
H:11,500
シーズン期間表
往復 L:17,000
R:20,000
H:23,000
シーズン期間表
 ↑目次へ戻る↑

特典航空券の必要マイル数
  (沖縄の離島路線を乗り継ぐ場合)

全旅程の
区間マイル数が
2,001〜
マイルの路線

[対象路線]
羽田〜石垣、羽田〜宮古、名古屋〜石垣、札幌〜沖縄、沖縄〜仙台、沖縄〜新潟

↓往復の利用のみ
羽田〜那覇経由〜宮古、羽田〜那覇経由〜石垣、大阪〜那覇経由〜宮古、大阪〜那覇経由〜石垣
片道 L:8,500
R:10,000
H:11,500
シーズン期間表
往復 L:17,000
R:20,000
H:23,000
シーズン期間表
ANAマイレージクラブの国内線特典航空券は、基本、往復で飛べるのは2区間のみになりますが、那覇乗り継ぎで宮古島・石垣島へ飛ぶ旅程は、例外的に往復で4区間で飛ぶのが許可されます。 
 ↑目次へ戻る↑

ブラックアウト日(利用制限期間)

あり

ANA国内線・特典航空券のブラックアウト日
 ↑目次へ戻る↑
 

特典航空券でANAプレミアムクラスに乗れるか?

不可

※ マイルを直接使って、ANA国内線・プレミアムクラスの特典航空券は予約できません。特典航空券で予約できるのは普通席のみ

※ マイルで予約した普通席の特典航空券でも、出発当日に空席があれば、追加料金を払って、プレミアムクラスにアップグレードすることは可能
 ↑目次へ戻る↑

特典航空券を予約できる期間

予約方法 予約できる期間
ANAの
公式サイト
出発の
2ヵ月前
の同日

4日前
ANAの
コールセンター

注意
※ ANAマイレージクラブのマイルを使って、ANA国内線特典航空券を予約できるのは、「60日前」からではなく、「2ヵ月前の同日」からとなります。

例えば、11月27日出発の特典航空券の場合、ANAマイレージクラブだと、9月27日に予約できます。

ところが、ユナイテッド航空などの外資系航空会社のマイルだと、予約できるのは60日前の9月28日になり、ANAマイレージクラブのほうが、少しだけ有利になります。
↑目次へ戻る↑

復路が予約できる期間前でも、往路と同時に、復路も予約できる?

可能

往復分を同時に予約する場合、往路(行き)の搭乗日が2ヵ月以内になっていれば、復路(帰り)の搭乗日が2ヵ月以内に入っていないくても、往路とと復路、同時に予約することができます。

例えば、行きが11月27日、帰りが11月29日の場合、往復一緒に予約できるのは、行きの11月27日の2ヵ月前・同日である、9月27日になります。

JALマイレージバンクのマイルを使ったJAL国内線・特典航空券の場合、復路の搭乗日も2ヵ月以内にならないと、往路と復路は同時に予約できないので、ANAマイレージクラブの利用条件のほうが有利になっています。
↑目次へ戻る↑

特典航空券の予約方法&注意点

全日空のコールセンター
or
全日空の公式ウェブサイト


注意点
現在、ANAのコールセンターからの予約すると、コールセンターの発券手数料がかかります。
 ↑目次へ戻る↑

対象路線

・ANA
・AirDoが運航するANA便
・スターフライヤーが運航するANA便
・ソラシドエアが運航するANA便


バニラエアの国内線は、ジェットスタージャパン特典航空券用の必要マイル数・利用条件が適用されます。
 ↑目次へ戻る↑

ANAの特典航空券はオンラインで予約できる?

可能

ANAマイレージクラブのマイルを使った、ANAの特典航空券は、全日空の公式サイトからオンライン予約することが可能です。
ANAマイレージクラブ > 特典航空券のオンライン予約できる航空会社一覧
 ↑目次へ戻る↑

片道につき、飛べる区間数

1区間

札幌→羽田→鹿児島のような、乗り継ぐ旅程の場合は、片道2区間飛ぶことになり、1区間毎に必要マイル数が発生します。

また、出発地から目的地への直行便がなく、強制的に経由で飛ぶ必要がある場合(片道2区間以上飛ぶ必要がある場合)、各区間でマイル数が必要になります。

例外
羽田、大阪などから那覇乗り継ぎで石垣島、宮古島へ向かう場合は、往復で4区間になっても大丈夫です(往復で2区間飛んだ時と同じ扱いになります)。
 ↑目次へ戻る↑

経由地でストップオーバーはできる?

那覇乗り継ぎで、宮古・石垣に向かうルートの場合、那覇でのストップオーバーが可能

例えば、羽田〜沖縄〜石垣という旅程で、レギュラーシーズンに2万マイル使って往復分予約した場合、乗り継ぐ沖縄(那覇)で、24時間以上の途中降機が可能です。行きと帰りの最大2回ストップオーバーが可能です。
 ↑目次へ戻る↑

特典航空券の有効期限

発券日から3ヵ月

例えば、6月20日に特典航空券を発券した場合、その特典航空券は、9月19日まで有効。つまり、9月19日までであれば、好きな日へフライト日を変更したりすることが可能。

9月19日までにキャンセルした場合は、特典航空券は失効せず、特典航空券に使ったマイルは全て返却
(返却されるのは、返却時点で失効していないマイルのみ)。
 ↑目次へ戻る↑

特典航空券の予約・変更・キャンセル手数料

ANAマイレージクラブ > 特典航空券の手数料一覧
 ↑目次へ戻る↑




> 全日空・ANAマイレージクラブの徹底ガイド・トップへ

> マイレージプログラムの一覧・トップへ

> サイトマップ(コンテンツ一覧)へ

↑ 目次へ戻る

> マイルで得得・トップページへ