マイルで得得 > エアライン大辞典 > ベトナム航空 > 搭乗記・エコノミークラス・A321


ベトナム航空
(2014年9月)
(A321なら、現在も内容は基本的に同じ)

ベトナム航空
エコノミークラス
搭乗記/レポート
(機種:A321)


※ このページでは、ベトナム航空・エコノミークラスの詳細を掲載しています。

※ このページで掲載している搭乗記は、機種エアバスA321。





このページの目次



機種・路線


乗った機種・路線は、以下の通りです。

↓機種
A321
↓路線
ホーチミン~バンコク


今回ベトナム航空のA321型機乗ったのはホーチミン~バンコク線ですが、名古屋、福岡など、一部の日本路線も同型機が飛んでおり、同じ機種であれば、機内の様子は同じになります。

ベトナム航空 エコノミークラス A321 機体

ベトナム航空のA321型機。独特のあるブルー基調のカラーです。


↑目次へ戻る↑



シートマップ・避けるべき席


ベトナム航空・A321・エコノミークラスの、シートマップ・避けるべき座席番号に関してです。

↓シートの配列
 3-3
↓避けるべき座席番号
エコノミークラス

最後の列
↓避けるべき理由

リクライニング角度があまりない


すぐ後ろがトイレで落ち着かない。エコノミークラスのトイレは全て後ろに集中しており、機内食後はトイレ待ちの乗客で落ち着かない


ベトナム航空 エコノミークラス A321 シートマップ

Seatguru.comから引用した、シートマップです。

黄色になっているシートが、特に注意すべき座席になります。リクライニングもほとんど倒せず、すぐ後ろにトイレが3つもあり、落ち着かないかもしれません。

↑目次へ戻る↑



機内の様子・雰囲気


ベトナム航空・A321・エコノミークラスの、機内の様子・全体の雰囲気です。

ベトナム航空 エコノミークラス A321 全体

機内に乗り込みます。前方から後方を見た様子です。座席の配置は、3列~3列です。

ベトナム航空 エコノミークラス A321 全体

後方から前方を見た様子です。


↑目次へ戻る↑



座席・シートピッチ・足元の広さ/狭さ


ベトナム航空・A321・エコノミークラスの、座席のタイプ・リクライニング角度に関してです。

↓シートピッチ
約32インチ
ll
約81センチ
↓足元の広さ/狭さ
広め


ベトナム航空 エコノミークラス A321 シート

シートです。

ベトナム航空 エコノミークラス A321 シート横から

シートを横から見た感じです。リクライニングする前です。

ベトナム航空 エコノミークラス A321 リクライニング倒した状態

完全にリクライニングしている状態です。

ベトナム航空 エコノミークラス A321 足元

足元の様子です。LCCのように狭い感じはありません。LCCの料金並みで乗れることの多いベトナム航空ですが、小型機でもシートは普通なので良かったです。

ベトナム航空 エコノミークラス A321 座っている乗客

斜め前に座っている人の様子です。

ベトナム航空 エコノミークラス A321 非常口の列

ちなみに、非常通路の1列後ろにあるシートは、前にシートがないため、このように広いスペースがあります。ここはおすすめのシートかもしれません(一部機材を除く)。

ベトナム航空 エコノミークラス A321 非常口の列に座る欧米人

このように、白人男性が座っていました。背の高い人は、このような席は事前にチェックしているのかもしれません。


↑目次へ戻る↑



ヘッドレスト・フットレスト


ベトナム航空・A321・エコノミークラスの、ヘッドレスト・フットレストについてです。

↓ヘッドレスト
なし
↓フットレスト
なし


ベトナム航空 エコノミークラス A321 シート

ヘッドレストは付いていません。フットレストもありません。

↑目次へ戻る↑



テーブル・ドリンクホルダー・収納


ベトナム航空・A321・エコノミークラスの、テーブル・ドリンクホルダー・収納についてです。

↓テーブルは半分に折りたためる?
× たためない
↓ドリンクホルダー
× なし
↓小物入れの収納
× なし


ベトナム航空 エコノミークラス A321 シート前方

シート前方の様子です。カップホルダー、小物入れスペースなどはありません(通常のシートポケットはあり)。

↑目次へ戻る↑



電源・充電・コンセント・USB


ベトナム航空・A321・エコノミークラスの、電源・コンセントに関してです。

↓コンセントの有無/数
なし
↓USB電源の有無/数
なし


ベトナム航空・A321のエコノミークラスには、電源は装備されていません。

東南アジア内の路線ならまだしも、日本~ベトナム間の路線となると、充電の残量が少ない状態で搭乗し、ずっとスマホを使いたい場合は、電源なしだと少し厳しいかもしれません。


↑目次へ戻る↑


テレビ・ヘッドフォン


ベトナム航空・A321・エコノミークラスの、パーソナルモニター・ヘッドホンに関してです。

↓個人用テレビの有無
× なし
↓個人用テレビのサイズ
↓ヘッドホンの質


ベトナム航空 エコノミークラス A321 シート前方

シート前方の様子です。パーソナルモニターはありません。

ベトナム航空 エコノミークラス A321 天井からのモニター

パーソナルテレビがない代わりに、天井から吊り下がったモニターがあります。


短い東南アジア内の路線ならいいですが、日本~ベトナム間で乗る場合は、少しがっかりするかもしれません。

ガルーダインドネシア航空やマレーシア航空など、B737などの小型機でもパーソナルテレビを搭載しているところもあるので、ここはマイナスです。

↑目次へ戻る↑



機内エンターテイメント・チャンネル


ベトナム航空・A321・エコノミークラスの、機内エンターテイメント・チャンネルに関してです。

↓日本語メニュー
↓操作方法


ベトナム航空 エコノミークラス A321 シート前方

シート前方の様子です。パーソナルモニターはありません。

ベトナム航空 エコノミークラス A321 フライトマップ

天井からのモニター上に、フライトマップが表示されるので、どの辺りを飛んでいるかはわかります。


↑目次へ戻る↑



毛布・枕・スリッパ


ベトナム航空・A321・エコノミークラスの、毛布・枕・スリッパに関してです。

↓毛布
〇 あり
↓枕
〇 あり
↓スリッパ
× なし


ベトナム航空 エコノミークラス 枕と毛布

日本路線でA321に乗る場合、搭乗すると、シートにブランケット、枕が置かれています(写真はA330型機)。

これがホーチミン~シェムリアップのような東南アジア内の路線なら、ブランケットなどは置かれていません。ただしCAに頼めばブランケットはくれます。


ベトナム航空 エコノミークラス A321 ブランケット

毛布です。エコノミークラスのブランケットにしては立派なほうです。

ベトナム航空 エコノミークラス A321 枕

枕です。


↑目次へ戻る↑



アメニティ・セット


ベトナム航空・A321・エコノミークラスの、アメニティグッズに関してです。

搭乗時に、既にシートに置かれていた枕・ブランケットを除くと、アメニティグッズはありません。

↑目次へ戻る↑




WIFI・インターネット


ベトナム航空・A321・エコノミークラスの、WIFI・インターネットに関してです。

↓WIFI
× なし
↓料金


ベトナム航空・A321では、WiFiサービスは提供されていません。

↑目次へ戻る↑




客室乗務員/CAの態度・接客


ベトナム航空・エコノミークラスの、客室乗務員の態度・接客に関してです。

↓ベトナム人・乗務員の接客
ふつう
↓日本人・乗務員の接客
ふつう~
あまりよくない


ベトナム航空 エコノミークラス 接客中のCA

接客中のCAです。

ベトナム人の乗務員ですが、悪い接客ではないのですが、全体的に物足りない感じです。ただし気分が悪くなるような態度でもありません。

あるベトナム人CAが、「飲み物、何します?」みたいな片言の日本語で話してきたのですが、丁寧ではありませんが、マイペースといいますか、何か憎めない感はあります。

日本人CAですが、ANA/JALレベルの乗務員は少ないようで、どちらかというと、ベトナム人CAのペースに合わせて仕事をしている感じが伝わってきました。

例えば、シートベルトサインが消える前に立ち上がった乗客がいたのですが、ANA/JALのCAなら「お客様、お座りください」のように接するところ、ベトナム航空の某日本人CAは「ちょっと何立ってるのよ。座りなさいよ」みたいな態度で注意していました。

ANA/JALレベルの日本人CAはいない印象で、良くも悪くもなく普通か、上記の例のように少し雑な日本人CA、という感じでしょうか。

(※ CAの評価は個人的な主観です。客室乗務員の態度は、今回搭乗したフライトでの評価です。フライトによっては、親切な乗務員もいますし、とても態度の悪い乗務員もいます)


↑目次へ戻る↑



まとめ・感想


ベトナム航空・A321・エコノミークラスの、メリット・デメリットは、以下の通りです。

良かった点

・小型機だが、シートピッチは広め

残念な点

・パーソナルテレビがない

・電源がない


以上、ベトナム航空・A321・エコノミークラスの搭乗記でした。





↑目次へ戻る↑

> ベトナム航空・徹底ガイドへ