マイルで得得旅行記 > この旅行記

旅行記 (2007年12月)
JAL・クラス J (古いシート)の搭乗記
(JAL・クラス J(新しいシート)の搭乗記はこちら

札幌への特典航空券を発券しましたの続きです。ここでは日本航空の札幌へのフライトレポートをしたいと思います。

(※このページの搭乗記は、クラス J の古いシートになります。新しいクラス J シートの搭乗記はこちらからご覧ください。なお、現在でも、クラス J には、新しいシートと旧シートの両方が存在しています)

今回のフライトはJALのマイルを使い、普通席で発券しました。

ちなみに、特典航空券で普通席を利用する際は、当日クラスJに空きがあれば、プラス1,000円でクラスJにアップグレードできるとのことだったので、出発の2時間前に羽田に着くように出発しました。

ただ、家を出る時点でクラスJが既に満席だったら早く出発する意味がないので、出発する前にJALに電話をして、自分のフライトのクラスJの空席状況を確認しました。

すると、まだ約20席残っているとのことだったので、クラスJを確保できることを願って早めに出発しました。

実は、国内線の自動チェックイン機を利用したのは今回がはじめてだったのですが、ちゃんと係員の方が助けてくれたのでスムーズにチェックインすることができました。

クラスJの空きがあるかを確認してみると、まだ5席残っていたので、さっそく1,000円払ってクラスJにアップグレードしました。



搭乗券の端には、このように「FFP特典航空券」と印字されていました。ちなみに、このFFPとは、英語のFrequent Flyer Programのことを指し、マイレージプログラムという意味です。英語でそのままMileage Programと言っても、通じない場合があるのでご注意ください。



羽田空港に着いて荷物を預けた後、お腹が空いてきたので、チキンカレーを食べました。ちなみに、数年前に国内線を乗ったときにも、同じ場所でカレーを食べたのを思い出しました。

時間が経つのは本当に早いなーと、この数年間を振り返ながらカレーを食べました(笑)。



今回は特典航空券なのでマイルの加算手続きはしなくていいわけですが、空港で時間に余裕があったのでマイルレコーダー(マイルを加算する機械)をちょっといじってみました。

このように、JALのフライトマイルを加算したいマイレージプログラムの一覧が表示されます。

JALはワンワールドに加盟しているのでほとんどの航空会社はワンワールド加盟の航空会社ですが、例外としてスカイチーム加盟のエールフランス航空・フライングブルーと、アライアンス非加盟のエミレーツ航空・スカイワーズも表示されていました。

ちなみに、数々の航空会社が各アライアンスへの加盟を発表していますが、エミレーツ航空は一体どのアライアンスに加盟するのでしょうか。

やっぱジャンボ機がいい



これが今回乗ったジャンボ機(ボーイング747)です。最近はジャンボ機の撤退が続いているとのことなので、ジャンボ機のファンである私は、わざとこの便を選びました。

(追記:JALの経営破たん後の経営再建の一環として、燃費の悪いボーイング747は退役し、現在は747が運航されていませんが、他の機種になっても、クラスJのサービスは、基本的には同じになるので、他の機種になっても、以下の搭乗記はある程度参考になるかと思います)



搭乗ゲートを歩いていくと、このように座席別の行き先案内がありました。

国際線だとファースト、ビジネス、エコノミーのようにクラス別で誘導されますが、国内線ではクラスJと一部の普通席が同じ方向へ案内されていました。やはり、たったの1,000円しか違わないので、あまり特別な優遇もないようです。

クラスJ全体の様子



クラスJは満席でした。数時間の間に、残りの約20席が全て売れたことになります。やはり、1,000円というお手頃な価格だと、利用したい人も増えるのかもしれません。

クラスJの座席配置ですが、一番機体の幅が広いところでは、2−4−2の配列になっていました。エコノミーだと3−4−3なので、クラスJだと横2席分少なく配置されていることになります(この座席配置はボーイング747の場合です)。

シートのリクライニング



クラスJシートの説明書には、このようにシートを最大限にリクライニングしたときの様子が描かれていました。

前方には足を楽にさせるレッグレストがついているのが、エコノミークラスとの主な違いのようです。



シートが倒れている状態を、前方から撮った写真です。



これは、後方から撮った写真です。この写真のほうが、レッグレスト(足を置くところ)の感じがもっとわかりやすいかと思います。



見づらいですが、レッグレストを上から撮った写真です。普通のエコノミーよりちょっと広い程度ですが、このレッグレストがあるとないとではかなりの違いがあり、私は1,000円払う価値があるかと思いました。

茶菓子と飲み物



茶菓子としてチョコレートが配られました。飲み物はオレンジジュースを選びました。



これが今回渡されたチョコレートです。濃厚なチョコレートだったのでとてもおいしかったです。



茶菓子が配られていた時、おそらく右前方の方が寝ていたのでしょうか、「起きた時に呼んでください」という内容のシートが張られていました。

今まで外資系エアラインに乗った中で、このようなサービスは見たことがないので、やはり日系のサービスはまだまだいいほうだと感じました。

コート用のゴム



一つ、今まで見たことのないものがクラスJにあったので紹介します。前方にあるシートポケットの下のあたりに、このようなロープのようなものがありました。

私はしばらく、何のためにあるのだろうと考えていたのですが、となりの乗客を見てすぐにわかりました。



このように、コートなどを席にかけた際、コートが自分のほうに倒れてこないようにするために、引っ掛けておくロープなんです。

別に話すほどの内容ではないかもしれませんが、私はこれを今までみたことがなかったのでかなり感心してしまいました。

ちなみに、マレーシア航空のエコノミークラスに乗ったときにも、前方にコートフック(コートをかけるフック)があったのを覚えていますが、JALのようなロープまではついていませんでした。

札幌市内までは電車で約30分

羽田から約1時間半のフライトの後、無事千歳空港に着きました。



空港から札幌市内までは電車で向かいました。出発間際にホームに着きましたが、1席だけ残っていたので猛ダッシュしてなんとかその席をゲットしました(笑)。

ホテルに着き、無事友人にも会うことができました。

ここまでは、羽田−札幌のクラスJのレポートをしました。次のコラムでは札幌の観光レポートをしたいと思います


>旅行記の一覧へ

↑ページのトップへ

>マイルで得得のトップへ


※このページの情報は2007年12月現在のもので、予告なしに変更されることがあります。