マイルで得得 > コツ > 希望日に特典航空券を予約するコツ > 直前まで空席をチェック



特典航空券の空席状況を、出発ギリギリ(可能なら前日)までチェックする

※このページでは、出発直前まで、特典航空券の空席を確認すべき理由を解説しています。





目次(このページの内容)



特典航空券の空席数は変動する


希望日に特典航空券を予約するための代表的なコツに、予約開始日(出発の約11か月前)に予約する方法がありますが、時間がなかったり、既に満席になっていたりと、予約開始日に予約できないケースもたくさんあります。

ゴールデンウィークやお盆休みなどの繁忙期になると、特にハワイなどの人気路線だと、約11か月前である予約開始日に、特典航空券用の席が一気に埋まってしまうこともあります。

しかし、そこであきらめてはいけません。
なぜなら、特典航空券の空席数は、後から増えることも多々あるからです

例えば、JAL国際線の特典航空券は、出発の330日前から予約できますが、予約開始日に既に満席になっていて、予約できなくても、あきらめてはいけません。

例えば、来年のお盆休みの某日で、予約開始日に予約できる特典航空券用の席数が15とします。そして予約開始日に、15の全席が予約されたとします。

それでは、来年のお盆休みまで、もう同じ日の特典航空券は確保できないかというと、必ずしもそうではありません。

各航空会社は、
空席状況などを常に把握していて、特典航空券用の座席数も常に調整されています

例えば、上の例だと、約11ヶ月前の予約開始日に15の全席が埋まっても、後から、さらに10席が追加される可能性もあります(数字はあくまでも例です)。

ただし、特典航空券用の席数が追加されたとしても、航空会社側はそれを公表してくれません。つまり、
自ら何度も特典航空券の空席状況を確認する必要があるわけです

ANAマイレージクラブJALマイレージバンクなど、自社便の特典航空券限定で、キャンセル待ちできるケースもあり、その場合は、空席が出ると航空会社から連絡がきます。

また空席が出た時は、キャンセル待ちをしている人が、先に予約できる権利があるため、新しい空席数より、キャンセル待ちの人数のほうが多ければ、一般の特典航空券空席照会では、満席のままになっている場合も多くあります)

一度予約されてしまうと、特典航空券の空席は後から出てこないと考えられがちですが、後から空席が出てくるケースもよくあるので、何度も(最低でも毎月1回くらい)チェックされることをおすすめします。


↑目次へ戻る↑


出発の1〜2週間前でも、新しい空席が出ることもある。前日に出るケースもあり


予約開始日に予約できず、それから何度もチェックしても空席がなくても、まだあきらめてはいけません。実は、航空会社側は、特典航空券用の座席数の調整を、出発ギリギリまでしています

ということは、約11ヶ月前の予約開始日、出発の半年前、3ヶ月前、1ヶ月前と何度もチェックしても空席がなかったとしても、
出発の1〜2週間前に、急に空席が出てくることもあります

これはエコノミークラスだけでなく、ビジネスクラス、ファーストクラスの特典航空券でも起こります。

つまり、
ギリギリでも予定を立てられるのであれば、極端に言えば、出発の前日まで、特典航空券の空席チェックをすべきなのです

例えば、これは実際にあったケースですが、ゴールデンウィークのJAL・ハワイ行きの特典航空券が、出発の3ヶ月前、1ヶ月前に確認した時は空席がなかったのが、出発の1〜2日前に空席が出た例などがあります。

また、ニューヨーク行きのビジネスクラスの特典航空券が、予約開始日、出発の約半年前、2ヶ月前と数回チェックしても空席がなかったのが、約1週間前に2席予約できた例もあります。

このように、出発の数週間前、または数日前に、急きょ空席がでるケースもあるので、ギリギリまであきらめず、何度もチェックすれば、特典航空券を確保できるチャンスがあるわけです。

例えば、JALマイレージバンクのマイルを使って、JAL国際線に乗りたい場合、公式サイトで予約できるのは、出発の4日前までですが、電話だと出発の前日まで予約することができます。

ここで大事なのは、
4日前は満席でも、1〜2日前に電話をしてみると空席があり、予約できるケースもあるということです(ただし、予約できない可能性のほうが高いです)。

出発の1〜2日前だと、JALの公式サイトでは、特典航空券の空席照会・予約ができず、電話でしか空席照会・予約ができないので、
電話した人が有利になる、貴重な期間とも言えます

確率はケースバイケースですが、出発の前日まで、丹念にチェックすることも大事になります。


↑目次へ戻る↑


ホテルの予約は、キャンセル手数料がかからないプランで予約すれば安心


ギリギリまで特典航空券を狙う場合に大事なのが、滞在先のホテルの確保です。

例えば、出発の1週間前に運良く特典航空券が取れたとしても、特に(現地の)繁忙期・オンシーズンだと、ホテル代がかなり高くなっていたり、泊まりたいホテルが満室になっている可能性もあります。

なので、もしギリギリまで特典航空券を狙うのであれば、
その日程で、ホテルの予約をしておくのも1つの方法です

宿泊日の前日または当日まで、キャンセル手数料が無料になるプランで予約しておけば、
もし特典航空券が取れなくても、手数料なしでホテルの予約もキャンセルすることができます





↑目次へ戻る↑

> 希望日に特典航空券を予約するコツ・一覧へ

> コツ・トップへ

> サイトマップ(コンテンツ一覧)へ

> マイルで得得・トップページへ