マイルで得得 > コツ > 希望日に特典航空券を予約するコツ > 日本国内の他の都市を経由



日本国内の他の都市(空港)を経由する

※このページでは、日本国内の他の都市を経由して、希望日に特典航空券を予約する方法を解説しています。





目次(このページの内容)



例えば、グアムへ行く場合、国内の他の空港を経由してグアムへ行ける


希望日に特典航空券を予約するコツとして、提携航空会社を駆使して、海外で乗り継いで行く方法がありますが、乗り継ぎ地は海外の空港だけでなく、日本国内の空港も活用することができます。

例として、東京からグアムへ行くケースを挙げてみます。日本〜グアム間で路線数・便数が圧倒的に多いのはユナイテッド航空になるので、ユナイテッド航空が加盟するスターアライアンスのマイルを例にしてみます。

例として、ANAマイレージクラブのマイルを使って、東京からグアムへ行くケースを挙げてみます。

まず思いつくのが、ユナイテッド航空の成田〜グアム間の直行便です。しかし、希望日の特典航空券には空席がないケースもありえます。

そこで、次に考えるのが、日本国内線とグアムへの国際線を組み合わせたルートです。

東京からグアムへ行く場合だと、羽田または成田からANA国内線で他の空港へ飛び、そこからグアムへ向かうことになります。

ユナイテッド航空は、成田のほか、関空、中部、札幌、福岡など、成田以外の空港からグアムへ飛んでいるので、その中から路線を選ぶことができます。

例えば、希望日に成田→グアム行きが満席でも、同じ日に飛んでいる福岡→グアムの便に空席があれば、羽田→福岡→グアムと飛ぶことができます(羽田→福岡にも空席がある場合)

グアムから東京へ戻ってくる時も、グアム→成田は満席でも、同日のグアム→新千歳行きの便に空席があれば、グアム→札幌→羽田と飛ぶことができます(札幌→羽田にも空席がある場合)。


↑目次へ戻る↑


地方から国際線を運航しているのは、アジア系航空会社がほとんど


上の例はグアムなので、アメリカ系のユナイテッド航空を例に挙げましたが、日本の複数の地方都市から国際線を運航している航空会社は、ほとんどアジア系になります。

地方都市から(それなりの)国際線を運航している航空会社は、

大韓航空
アシアナ航空
中国国際航空
中国東方航空
中国南方航空
チャイナエアライン
エバー航空

などになります。

例えば、またスターアライアンスになりますが、東京からソウルへ行く場合、ANAやアシアナ航空の直行便が満席でも、同日のアシアナ航空の札幌→ソウル行きに空席があれば、羽田→新千歳→ソウルと飛ぶことができます。


↑目次へ戻る↑


上の方法を使えるのは、ANAまたはJALと提携していて、日本国内線区間を入れても、必要マイル数が変わらないマイレージプログラム


東京や大阪から地方へ飛び、そこから国際線で海外へ向かう上の方法ですが、これは、ANAまたはJALと提携しているマイレージプログラムに限定されます

例えば、デルタ航空・スカイマイルのマイルを使う場合、例えば、羽田・成田発・台北行きに空席がなくても、同日の広島→台北行きに空席がある可能性もあります。

しかし、デルタ航空・スカイマイルはANA・JALと提携していないため、広島→台北間に空席があっても、羽田→広島→台北のような特典航空券を発券することはできません。

どうしても広島→台北間で特典航空券を利用したい場合は、羽田→広島への航空券代は自腹になってしまいます。

(※日本国内線も、現在は格安航空会社の路線数が増えてきて、片道数千円で飛べる場合もあり、特典航空券と組み合わせて利用するのもありですが、乗り継げなかった場合の補償は何もないのが欠点になります)

上のケースのように、希望日に特典航空券を予約できる確率を上げたいのであれば、地方発着の国際線も考慮されることをおすすめします

この方法を活用したい場合は、ANAまたはJAL国内線も、同じ必要マイル数で乗れるマイレージプログラムのマイルを使う必要があります。詳細は「マイレージプログラムの選び方>特典航空券に日本国内線は含められる?」をご覧ください。




↑目次へ戻る↑

> 希望日に特典航空券を予約するコツ・一覧へ

> コツ・トップへ

> サイトマップ(コンテンツ一覧)へ

> マイルで得得・トップページへ