マイルで得得 > ニュース・キャンペーン一覧 > 日本航空・JALマイレージバンク > この記事



2021年 4月 〜 5月

JALマイレージバンク:
まん延防止等重点措置の適用を受け、一部国内線の特典航空券キャンセル手数料を免除




日本航空・JALマイレージバンクでは、期間限定で、対象の特典航空券のキャンセル手数料が免除されます。

詳細は以下の通りです。

以下の対象路線等の条件は、新型コロナウィルスの状況によって変更される可能性もあります。

●対象路線と期間
発着空港 搭乗期間
羽田
成田
4月12日〜
5月11日
伊丹
関空
神戸
但馬
仙台
4月5日〜
5月5日
那覇 4月12日〜
5月5日
中部 4月20日〜
5月11日
松山 4月25日〜
5月11日
宮古 4月24日〜
5月11日


上記の対象路線・対象期間に相当する特典航空券のみ、取消手数料の3,100円が免除されます。

例えば、福岡〜新千歳線は対象外になるので、取消手数料の3,100円がかかります。

上記の対象路線・対象期間である限り、特典航空券の発券日は関係ありません。

通常、JALマイルを使用したJAL国内線特典航空券を取り消すと3,100円の手数料がかかりますが、今回は例外的に免除されます。

ちなみに、特典航空券をキャンセルする場合、通常は取り消す時点で失効していないマイルのみが戻ってきますが、今回は例外的に、失効済みのマイルも全て返却され、返却されたマイルは新しく3年の有効期限が設定されます

例えば、2021年3月末失効の7,500マイルを使って、2021年4月27日搭乗の羽田→福岡の特典航空券を予約した場合、通常は今から取り消してもマイルは戻りません。

しかし、今回は例外的に7,500マイルが戻り、新たに3年間の有効期限が設定されるので、
「手数料なしで取り消しできる+失効済みマイルの有効期限が3年延長」と一石二鳥になります

2021年5月末失効予定の7,500マイルを使って、2021年4月27日搭乗の羽田→福岡の特典航空券を予約した場合、今からキャンセルすると、返却されたマイルの有効期限は本来の2021年5月末ではなく、3年後の2024年4月末になります。

特典航空券をキャンセルした場合、全てのマイルが戻ってきて、なおかつマイルの有効期限も3年延長されるので、特典航空券をキャンセルして、3年以内に海外旅行に使うためにキープしておくのもありです



公式サイト:
JAL:
まん延防止等重点措置の実施に伴う国内線航空券の特別対応について




> 日本航空・JALマイレージバンクの最新情報・一覧へ

> 日本航空・JALマイレージバンクの徹底ガイド・トップへ

> サイトマップ(コンテンツ一覧)へ

> マイルで得得・トップページへ

※ このページの情報は2021年4月現在のもので、予告なしに変更されることがあります。