マイルで得得 > ニュース・キャンペーン一覧 > 日本航空・JALマイレージバンク > この記事



2023年 4月12日 搭乗分から

JALマイレージバンク:
JAL国内線特典航空券、必要マイル数を変更。
変更後は7つのゾーンへ細分化。
多くの路線で必要マイル数を引き上げ(改悪)




日本航空・JALマイレージバンクでは、国内線特典航空券の必要マイル数が変更されています。

詳細は以下の通りです。

●対象日
2023年4月12日搭乗分から

搭乗日が2023年4月12日以降である限り、今から予約する特典航空券でも、既に今回の変更の対象になるのでご注意ください。

●変更内容
【2023年4月11日搭乗分まで】
変更前の区間A/B/C、3つのゾーンで必要マイル数を適用



【2023年4月12日搭乗分から】
変更後の区間A/B/C/D/E/F/G、7つのゾーンで必要マイル数を適用。多くの路線で必要マイル数がアップ。
しかも、空席数が少なくなるほど、必要マイル数がさらに増えるため、変更前のように、一律7,500マイル、のようにはならない

変更前は、ゾーンは3つに分かれていて、その必要マイル数で予約できる・予約できない、とシンプルな仕組みでした。

しかし、変更後はゾーン数は7つへと細分化され、しかも、必要マイル数も需要によって増加する仕組みへと改悪されました。JAL国際線の特典航空券と同じ仕組みが導入された形になります。

変更前と変更後の、必要マイル数の変化を、一部路線で比較してみます(全て片道)。

●羽田〜伊丹
6,000

6,000〜

閑散期(便利でない時間帯の便)は同じ6,000マイルで予約できる可能性も十分ありますが、需要がある期間(便利な時間帯の便)は、6,000マイルで予約できる可能性は低いです。

●羽田・大阪〜新千歳
7,500

8,000〜

閑散期(便利でない時間帯の便)は500マイルの微増ですが、繁忙期(スケジュールのいい便)は9,000、10,000と、数千マイルの引き上げになる可能性が高いです。

●羽田・大阪〜那覇
7,500

9,000〜

1番マイル数が少ない場合でも1,500マイルの引き上げになり、繁忙期(スケジュールのいい便)だと数千マイルの引き上げになる可能性が高いので、この路線は完全に改悪です。

●羽田〜山形・中部
6,000

5,000〜

1番マイル数が少ないケースだと、変更後は1,000マイル引き下げとなるので、閑散期に利用される方には改善と言えそうです。ただし、羽田路線では山形・中部の2路線だけになります。

●札幌〜函館、福岡〜松山、福岡〜宮崎、那覇〜久米島 など
6,000

4,000〜

一部のローカル短距離路線では、1番マイル数少ないケースだと、変更後は2,000マイルも少なくなります。

一部路線を抜粋してみましたが、多くの路線では必要マイル数が引き上げとなり、今回の変更は改悪となります

一部の短距離路線では、1番マイル数が少ないケースだと、1,000〜2,000マイルの引き下げとなるので、「短距離路線+閑散期(便利でない時間帯の便)」でJALマイルを利用する方は、ルール変更の恩恵を受けられそうです

貯めてきたJALマイルで自分が乗りたい国内線路線が、必要マイル数引き上げの対象になり、なおかつ、乗りたい時期が閑散期でない方(便利な時間帯に乗りたい方)は、2023年4月11日までにマイルを使ったほうが賢明です

ちなみに、JALのルール変更後、片道8,000マイル以上必要になる路線に乗りたい方は、JAL国内線の全区間、片道7,500マイルで乗れるアメリカン航空・アドバンテージに乗り換えるのも選択肢の1つになります(予告なしに変更される可能性あり)。

関連ページ:
アメリカン航空・アドバンテージ、JAL国内線特典航空券の詳細

ちなみに、ポイントを30社以上の好きな航空会社のマイルに交換できる、Marriott Bonvoy アメリカン・エキスプレス・プレミアム・カードがありますが

こちらのカードをメインに使用されている方は、これからはポイントをANAやアメリカン航空などに移行することにより、今回のJALの改悪を避けることができるので、うまくカードのメリットを活用したいところです。



公式サイト:
JAL:
国内線運賃制度変更に伴う各種取り扱い




> 日本航空・JALマイレージバンクの最新情報・一覧へ

> 日本航空・JALマイレージバンクの徹底ガイド・トップへ

> サイトマップ(コンテンツ一覧)へ

> マイルで得得・トップページへ

※ このページの情報は2022年5月現在のもので、予告なしに変更されることがあります。