マイルで得得 > ニュース・キャンペーン一覧 > 日本航空・JALマイレージバンク > この記事



2023年 4月12日 搭乗分から

JALマイレージバンク:
JAL国内線特典航空券、搭乗日・便の変更不可に。
つまり強制的にキャンセルする必要があり取消手数料が発生




日本航空・JALマイレージバンクでは、国内線特典航空券の一部ルールが改悪されました。

詳細は以下の通りです。

●対象日
2023年4月12日搭乗分から

搭乗日が2023年4月12日以降である限り、今から予約する特典航空券でも、既に今回の改悪の対象になるのでご注意ください。

●変更内容
【2023年4月11日搭乗分まで】
JAL国内線特典航空券は、一旦予約(発券)した後でも、後から搭乗日・便の変更は何でも無料(Webで操作する場合)



【2023年4月12日搭乗分から】
JAL国内線特典航空券は、一旦予約(発券)すると、後からの搭乗日・便の変更は一切不可に
つまり、予約後に日付・便を変更したい場合、一旦取消手数料を払ってキャンセルし、マイルが返却されてから、新しい特典航空券を予約する必要があります

ちなみに、上記の変更と共に、JAL国内線特典航空券の取消手数料は

【2023年4月11日搭乗分まで】
3,100円



【2023年4月12日搭乗分から】
1,000円


と一気に約3分の1に引き下げられています。

つまり、これからは、特典航空券の日付・便を変えるには、強制的に毎回1,000円負担する必要があるわけです。

(今回の変更はJALマイレージバンクのマイルを使う場合です。アメリカン航空、ブリティッシュエアウェイズ、カンタス航空などのマイルを使う場合は、各マイレージプログラムのルールが適用されます)

今までの自分の特典航空券を振り返ってみて、日付・便を変更することが多かった方は、2023年4月12日以降の搭乗分に関しては十分ご注意ください。

なお、JALマイルを使ったジェットスター国内線特典航空券に関しては、今のところ変更のお知らせはなく、2023年4月12日搭乗分からも、後から無料で日付・便の変更はできる模様です。

なので、

・大量のJALマイルが貯まっている
・基本国内線で使いたい
・後から日付・便を変更する可能性が高い

という方は、これからはジェットスターを選ぶのもありです(ただし、LCCになる・成田や関空発着などのデメリットあり)。

後から日付・便を無料で変更できる点が重要で、LCCは嫌という方は、今回の改悪を機に、国内線の特典航空券に関しては、2022年5月時点では、変更手数料がかからない

ANAマイレージクラブ
スターフライヤー・スターリンク
アメリカン航空・アドバンテージ

などに乗り換えるのもいいかもしれません(ただし後から変更手数料を導入・または変更不可などに改悪される可能性もあり)。

今回のJALマイレージバンクの改悪に、ガッカリされている方も多いのではないでしょうか。

マイラーとして我々が現在願うのは、ANAマイレージクラブが同じ内容を追随しないことです。

ちなみに、ポイントを30社以上の好きな航空会社のマイルに交換できる、Marriott Bonvoy アメリカン・エキスプレス・プレミアム・カードがありますが

こちらのカードをメインに使用されている方は、これからはポイントをANAやアメリカン航空などに移行することにより、今回のJALの改悪を避けることができるので、うまくカードのメリットを活用したいところです。



公式サイト:
JAL:
国内線運賃制度変更に伴う各種取り扱い




> 日本航空・JALマイレージバンクの最新情報・一覧へ

> 日本航空・JALマイレージバンクの徹底ガイド・トップへ

> サイトマップ(コンテンツ一覧)へ

> マイルで得得・トップページへ

※ このページの情報は2022年5月現在のもので、予告なしに変更されることがあります。