マイルで得得 > ニュース・キャンペーン一覧 > ユナイテッド航空・マイレージプラス > この記事



2024年 5月未明から

ユナイテッド航空
マイレージプラス:
日本〜韓国・台湾・中国間
短距離路線エコノミークラス
必要マイル数を引き下げ(改善)




ユナイテッド航空・マイレージプラスでは、2024年5月頭に特典航空券の一部必要マイル数が引き下げられています。

(当記事の内容に関しましては、ご親切にも多くの方からメールをいただいております。誠に勝手ながら、個別のメール返答は控えさせていただき、こちらにてお礼申し上げます)

詳細は以下の通りです。

●変更日
2024年5月未明の発券分より

発券日ベースの変更になるので、搭乗日に関係なく、既に変更後の新しい必要マイル数が適用されています。

●対象の航空会社・路線
ANA、アシアナ航空、エバー航空、中国国際航空を含む、全ての提携航空会社
・日本〜韓国・中国・台湾
 (800マイル以下の路線)
 (直行便のみ)
  東京〜ソウル、関空〜ソウル、那覇〜台北、福岡〜大連など


●変更後の必要マイル数
(片道の場合)
クラス 変更前 変更後
エコ 8,800〜

17,500〜
5,000〜



一時期、片道17,500マイルまで引き上げられていたようですが、現在は片道5,000マイルで落ち着いている模様です(予告なしに変動する可能性あり)。

例えば、東京〜ソウル間の直行便は、元々は片道8,800マイルだったのが、現在は5,000マイルと大幅に引き下げられています。

デルタ航空・スカイマイルの片道7,500マイルよりも少ない設定です(デルタ航空・スカイマイルでは、新千歳〜ソウルなど片道801マイル以上の路線でも同じ必要マイル数)。

日本〜韓国線のほか、日本〜台湾・中国路線も、片道800マイル以下の路線(直行便)である限り、必要マイル数が引き下げられています。

対象路線には、
・那覇〜台北
・福岡〜大連
などがあります。

2025〜2026年には、アシアナ航空はスターアライアンスから脱退する予定なので、今がユナイテッド航空のマイルを使用して、お得に韓国旅行をできる最後の機会になるかもしれません。

今回はたまたま必要マイル数が引き下げられていますが、ユナイテッド航空は現在、公式サイトから必要マイル数チャートを削除してしまっているため、「そもそもチャートがないから、必要マイル数は常に変動して当たり前」というスタンスで、常に必要マイル数は変動すると考えておいたほうが無難です。

大量のユナイテッド航空マイルが貯まっている方は、本格的に消化していく計画を立てたほうが無難かもしれません。

片道800マイル以下の路線(東京〜ソウル、那覇〜台北など)で、また必要マイル数が変動した場合は、この記事を更新する形でお知らせいたします。



> ユナイテッド航空・マイレージプラスの最新情報・一覧へ

> ユナイテッド航空・マイレージプラスの徹底ガイドへ

> サイトマップ(コンテンツ一覧)へ

> マイルで得得・トップページへ

※ このページの情報は2024年5月現在のもので、予告なしに変更されることがあります。