マイルで得得 > 裏技 > クラスJに1回乗るだけで8,000マイル


JAL クラスJ に1回乗るだけで8,000マイルも獲得できる裏技

目次 (このページの内容)



あるクレジットカードの入会キャンペーンを利用


あるクレジットカードで日本国内線の航空券を1回購入するだけで、8,000マイルも獲得できるキャンペーンが実施されています。

(カード入会日から1年以内に航空券の購入・搭乗をすれば、このキャンペーンの対象になります)

そのカードとは、

アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード

になります。

このカードは、名前通り、「スカイトラベラー」、つまり「飛行機で旅行する人たち」のために作られたカードになり、マイルに交換できるポイントが多く貯まり、マイルに交換できるポイントが無期限で貯まるカードになります。

具体的なメリットは、

1.
「ポイント(マイル)が無期限に貯まる」
2.
「対象の航空会社の航空券購入で
100円=3マイルも貯まる」


と、マイラーをターゲットにしたカードとなっています。


↑目次へ戻る↑


入会するだけで3,000ポイント(3,000マイル)もらえる


このアメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードですが、入会キャンペーンを行っていて、もれなく3,000マイル分のポイントが贈呈されます



カードに入会するだけで、「ご入会ボーナスポイント」として、もれなく3,000ポイントが付与されます。

アメリカン・エキスプレスのポイント制度ですが、1ポイントを、以下の航空会社の1マイルに交換することができます。

スターアライアンス系
全日空・ANAマイレージクラブ
タイ国際航空・ロイヤルオーキッドプラス
シンガポール航空・クリスフライヤー
スカンジナビア航空・ユーロボーナス

ワンワールド系
キャセイパシフィック航空・アジアマイル
ブリティッシュエアウェイズ・エグゼクティブクラブ
フィンランド航空・フィンエアープラス
カタール航空・プリビレッジクラブ

スカイチーム系
デルタ航空・スカイマイル
(旧ノースウエスト航空・ワールドパークス)
チャイナエアライン・ダイナスティフライヤープログラム
エールフランス航空/KLM・フライングブルー
アリタリア航空・ミッレミリア

アライアンス(航空連合)非加盟
エミレーツ航空・スカイワーズ
エティハド航空・エティハドゲスト
ヴァージンアトランティック航空・フライングクラブ


↑目次へ戻る↑


航空券を購入すれば、さらに5,000ポイントもらえる。
入会分を合わせると合計8,000ポイント獲得!


アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードの入会から1年以内に、対象の航空会社の航空券を購入すると、さらに5,000マイル分のポイントが、付与されるキャンペーンも実施されています



「ファーストトラベル・ボーナスポイント」として、対象の航空券の支払いにカードを使うと、もれなく追加5,000ポイントが付与されます(付与されるのは初めの1回のみ)。

つまり、
入会による3,000ポイント、航空券購入による5,000ポイントと、合計8,000マイル分のポイントを獲得できることになります

この8,000ポイントは、上記マイレージプログラムの中から好きなマイルの8,000マイルへ移行することができます。

8,000ポイントをANAマイルへ交換するのも可能ですし、デルタ航空のマイルへ交換するのも可能です。

ただし、航空券購入によるプラス5,000ポイント付与には、以下の条件があります。

1.
支払いにアメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードを使うこと

2.
対象航空会社の航空券を日本で購入すること
(各航空会社の日本語ホームページは対象)
(海外発券などの航空券は対象外)

3.
各航空会社から直接購入すること

(つまり、各航空会社のホームページやコールセンターから直接購入する航空券のこと。旅行会社経由の航空券・ツアーは対象外。ただし、旅行会社の「日本旅行」での購入は例外でOK)


例えば、ANAの航空券を、直接ANAのホームページから購入すれば、5,000ポイントの対象になりますが、HISなどの旅行会社経由で購入すれば対象外になります。ただし、日本旅行での購入は対象になります。


↑目次へ戻る↑


対象の航空会社は28社


航空券購入による「ファーストトラベル・ボーナスポイント」の5,000ポイントですが、上の3つの条件に当てはまる限り、対象の28社のうち、好きな航空会社、好きな路線の航空券でも対象になります

対象の28の航空会社は以下の通りです。

・JAL
・ANA
・スターフライヤー
・ピーチ
・デルタ航空
・大韓航空
・アシアナ航空
・シンガポール航空
・タイ国際航空
・チャイナエアライン
・エバー航空
・キャセイパシフィック航空
・ガルーダインドネシア航空
・フィリピン航空
・エールフランス航空
・KLMオランダ航空
・ルフトハンザドイツ航空
・オーストリア航空
・スイス航空
・ブリティッシュエアウェイズ
・アリタリア航空
・スカンジナビア航空
・フィンランド航空
・ヴァージンアトランティック航空
・エミレーツ航空
・エティハド航空
・カンタス航空
・エアタヒチヌイ


航空券の金額に関係なく、航空券を1回買うだけで、合計8,000マイルも獲得できるキャンペーンはなかなかありません


↑目次へ戻る↑


狙い目は、ANA・JAL・スターフライヤー・ピーチの日本国内線


航空券購入による5,000ボーナスポイントですが、上の3つの条件に当てはまる限り、上記の好きな航空会社、好きな路線の航空券でも対象になるわけです

上記の対象航空会社には、JAL、ANA、スターフライヤー、ピーチも含まれているわけですが、JAL、ANA、スターフライヤー、ピーチの航空券は、国内線・国際線のどちらでもいいわけです。

ということは、
JAL、ANA、スターフライヤー、ピーチの国内線のチケット購入に、アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードを使っても、5,000ボーナスポイント付与の対象になるわけです

日本国内線であれば、
JALの「先得」、ANAの「SUPER VALUE」、スターフライヤーの「STAR 55」、ピーチの「シンプルピーチ」のような、安めの運賃も対象になります

当日空席があれば安く購入できる「スカイメイト」や「シニア割引」も対象になります。

つまり、
アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードに入会し、JAL、ANA、スターフライヤー、ピーチの国内線航空券を1回買うだけで、8,000マイル分のポイントを獲得できることになります

日本国内線の航空券を1回買うだけで、合計8,000マイルも獲得できるキャンペーンはなかなかありません


↑目次へ戻る↑


JAL国内線に乗る当日に1,000円払って、クラスJにアップグレードするだけでもOK!


上までの説明で、「ANA / JAL / スターフライヤー / ピーチの国内線に1回乗るだけで8,000マイル獲得できる」ことを解説してきましたが、実は、ちょっとした裏技があります。

それは、

「JAL国内線に乗る出発当日に、空港で1,000円払って、クラスjにアップグレードする時に、支払いをアメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードでするだけでも、5,000ボーナスポイントの対象になり、合計8,000ポイント獲得できる」

ことです。

例えば、上でも触れましたが、JAL国内線に1回乗るだけで、合計8,000ポイント獲得するには、JAL公式サイト、コールセンター、窓口など、JALから直接航空券を購入するのが条件になります。

ただし、中には
JAL国内線の航空券を、直接JALから購入しない人もたくさんいます。結果、今回の8,000ボーナスポイントを獲得できないことになります

例えば、HIS、JTBなどの旅行会社で購入したJAL航空券や、航空券+ホテルのセット、パックツアーなどは対象外になります。

いくらJALの公式サイトでも、航空券ではなく、ホテルと航空券がセットになったパックツアーを購入した場合も、対象外になってしまいます

最近はGo toキャンペーンを活用するために、旅行会社経由でJAL国内線+ホテルのパックツアーで購入する人も増えていますが、旅行会社経由だと、8,000ボーナスポイントの対象外になってしまいます(日本旅行を除く)。

このように、
「せっかくJAL国内線に乗るのに、JALから直接JALの航空券だけを購入しない人は、8,000ポイント獲得できない」ことになってしまい、これは勿体ないことです。

5,000ボーナスポイントの条件として、JALから直接航空券を購入することがありますが、実は、
「航空券+ホテルのパックツアー」「旅行会社で購入した航空券」などでも、出発当日、クラスJにアップグレードすれば、それはJALのカウンターで支払ったことになり、結果、5,000ボーナスポイントの対象になるのです

つまり、
どのような形・運賃・予約方法・購入方法でJAL国内線に乗るのに関係なく、出発当日のクラスJのアップグレード料金を、アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードで払う限り、合計8,000ポイント獲得できてしまうのです

なので、
JAL国内線のクラスJに乗る限り、誰でも8,000マイル相当のポイントを獲得できることになります


↑目次へ戻る↑



日本全国28空港のカードラウンジが無料


アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードの名前に「ゴールド」という言葉ないので、カードラウンジに入れるゴールドカードではないの?と思われるかもしれませんが、ちゃんと日本全国のカードラウンジに入れるカードになります。

現在、アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード保有者が入れるカードラウンジは以下の通りです。

羽田、成田、伊丹、関西、中部、福岡、新千歳、函館、青森、秋田、仙台、新潟、富山、小松、神戸、広島、岡山、米子、山口宇部、高松、松山、徳島、北九州、長崎、熊本、大分、鹿児島、那覇

スカイ・トラベラー・カードを持っていると、上記28空港のカードラウンジに無料で入れます。

昔はANAラウンジやJALサクララウンジと違い、「カードラウンジ=単なる休憩室」というイメージが強かったですが、ここ数年で、全国のカードラウンジがリニューアルされていて、雰囲気もANAラウンジ・JALサクララウンジのレベルに近づいている印象があります。

昔と違って、現在はカードラウンジでも無料のビール、おつまみ、マッサージチェアなど、サービスのレベルも上がってきています。

以下、一部カードラウンジの雰囲気・サービスの内容を写真と共にご案内します。

羽田空港 第2 POWER LOUNGE NORTH テーブル席

羽田空港のカードラウンジ「POWER LOUNGE」です。全席にUSB電源があり、無料のソフトドリンクを飲みながらスマホなどの充電ができます。

羽田空港 第2 POWER LOUNGE NORTH 無料パン

羽田空港の「POWER LOUNGE」では、毎朝無料のクロワッサンサービスがあります。個数の制限がないのも嬉しいポイントです。

成田空港 第2 IASSラウンジ 無料の缶ビール

成田空港のカードラウンジ「IASSエグゼクティブラウンジ」では、缶ビールまたはハイボール1本が無料です。このラウンジは出発時だけでなく到着時も入れるので、成田発着のLCC国内線に乗る場合、行きと帰りでアルコール2本無料でいただけます。

伊丹空港 ラウンジオーサカ 個室タイプの席

伊丹空港のカードラウンジ「ラウンジオーサカ」です。このようなプライベート感あるシートもあります。

伊丹空港 ラウンジオーサカ 無料のクロワッサン

1人1個限定ですが、伊丹空港のカードラウンジでは、朝は無料のクロワッサンサービスがあります。

関西空港 ラウンジ比叡 おつまみは種類が多い

関西空港のカードラウンジ「ラウンジ比叡」には、無料のおつまみ類が豊富です。LCCのピーチやジェットスターに乗る時にも入れます。

福岡空港 くつろぎのラウンジTIME 無料おつまみ

福岡空港のカードラウンジ「くつろぎのラウンジTIME」でも、無料おつまみの種類が豊富です。

中部国際空港 プレミアムラウンジ・セントレア ハートランドビール

中部国際空港のカードラウンジ「プレミアムラウンジセントレア」では、なんとビールが無料で飲み放題です。到着時にも入れるので、電車出発時間に合わせて無料で一杯飲むのもありです。

広島空港 カードラウンジ「もみじ」 もみじ饅頭は1人1個

広島空港のカードラウンジ「もみじ」では、時間限定・1人1個限定ではありますが、何ともみじ饅頭が無料でいただけます。

宇部空港 ラウンジ 鶏卵せんべい

山口宇部空港のカードラウンジ「ラウンジきらら」では、地元のお菓子「鶏卵せんべい」が食べ放題です。

松山空港 ポンジュースが飲み放題

松山空港のカードラウンジでは、愛媛らしくポンジュースが飲み放題です。

北九州空港 ラウンジひまわり ゼリー飲料

北九州空港のカードラウンジでは、何とゼリー飲料が無料で飲み放題です。ゼリー飲料が無料で飲み放題の国内のカードラウンジは、おそらく日本全国でここ唯一です。

以上、いつかのラウンジを抜粋してみましたが、このように最近のカードラウンジの雰囲気・サービス共にレベルが上がってきています。

アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードを持っていると、上記を含む日本全国28空港のカードラウンジが無料で入れます。


↑目次へ戻る↑



カードラウンジは同行者1人も無料!


全国の空港ラウンジに無料で入れるゴールドカードは多くありますが、ほとんどのゴールドカードでは、無料で入れるのはカード会員本人の1人だけになります。

旅行や出張で同行している家族・友人・同僚・部下などがいても、その人たちも自分でゴールドカード等を保有していない限り、一緒に無料でラウンジに入ることはできないわけです。

しかしアメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードは、他社ゴールドカードと年会費が同じにも関わらず、本人+同行者1人も無料でラウンジに入れます。

つまり、
アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード1枚で2人無料でラウンジに入れるので、同行者がいる分、得することになります

友人や同僚などがラウンジに入れない中、自分だけラウンジに行くのに躊躇する必要もありません。


↑目次へ戻る↑



8,000マイル獲得でき、最大2名ラウンジに入れるので、年会費のもとは簡単に取れる


クラスJに1回乗るだけで、合計8,000マイルも獲得できるアメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードですが、年会費は10,000円(税抜)と、少し高めの設定になっています。

しかし、将来貯めたマイルを無料航空券に交換する場合、1マイルの価値は平均で2〜3円になります。

ということは、
今回のキャンペーンで獲得した8,000マイルの価値は、平均で16,000〜24,000円の価値があることになります

貯めたマイルでビジネスクラスに乗る場合、1マイルの価値は4円以上になる場合も多いので、そうすると8,000マイルの価値は32,000円以上の価値になります。


このように、
このキャンペーンで獲得できる8,000マイルは、年会費の数倍の価値があることがわかります


↑目次へ戻る↑



航空券の支払いだと、100円につき3マイル貯まる、マイラーにはうれしいカード


アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードですが、今回の8,000ポイント獲得できるキャンペーンだけしか、メリットがないというわけではありません。

実はこのカード、
対象の航空会社の航空券を購入すると、100円につき3ポイント、つまり100円で3マイルも加算される、マイラーにはうれしいカードになります

例えば、
JALカードは、JALの航空券購入で、100円につき2マイル貯まりますが、このアメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードで払うと、100円で3マイル貯まります

100円で3マイル貯まる航空会社ですが、ANA、JAL、スターフライヤー、ピーチのほか、上記に記載してある、外資系航空会社の航空券購入時も対象になります。

例えば、一般的な100円で1マイル貯まるクレジットカードで、10万円の航空券を買った場合、1,000マイル貯まるところ、
このアメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードなら、3倍の3,000マイル分のポイントが貯まることになります


↑目次へ戻る↑


まとめ


アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードの入会キャンペーンを含む、得られるメリットをまとめると、

1.
「今回のキャンペーンを利用して、JALのクラスJを1回利用するだけで8,000ポイントも獲得できる」

2.
「対象の航空会社で、航空券支払い100円につき3マイルも貯まる」

3.
「全国28空港のカードラウンジが、本人+同行者1人まで無料」


と、正にマイラーのために作られたクレジットカードとなっています。


↑目次へ戻る↑



クラスJに1回飛ぶだけで、8,000マイル獲得する手順


以下、アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードを活用するための、詳しい手順です。

その1

アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードに新規入会する
ここで3,000ポイント獲得
(ご入会ボーナスポイント)




その2
アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードで、出発当日、JALのカウンターで、クラスJへのアップグレード料金を支払う
ここで5,000ポイント獲得
(ファーストトラベル・ボーナスポイント)


●カード入会日から1年以内の支払いが5,000ポイントの対象



その3
8,000ポイントを、好きな航空会社の8,000マイルに交換する

●6,000ポイントをブリティッシュエアウェイズの6,000マイル、2,000ポイントをデルタ航空の2,000マイルのように、複数の航空会社に分けて交換することも可能

●スカイ・トラベラー・カードで貯めたポイントに有効期限はないので、時間をかけて数万ポイント貯めて、一度に数万マイルへ交換することも可能




その4
国内線に乗る時は、スカイ・トラベラー・カードを提示して、空港ラウンジを無料で利用する

●同伴者も一人無料

●対象の空港は以下の通り

羽田、成田、伊丹、関西、中部、福岡、新千歳、函館、青森、秋田、仙台、新潟、富山、小松、神戸、広島、岡山、米子、山口宇部、高松、松山、徳島、北九州、長崎、熊本、大分、鹿児島、那覇



↑目次へ戻る↑


> マイルで得得・トップページへ

※ このページの情報は、予告なしに変更されることがあります。