マイルで得得 > 裏技 > Gポイント→ANAマイル交換率をUPさせる裏技


Gポイント→ANAマイルの交換率を80%もアップさせる裏技


目次 (このページの内容)



Gポイントを直接ANAマイルに交換するのはもったいない


Gポイントとは、Gポイントのサイト経由でショッピング、資料請求、会員登録、アンケート回答などを行うことにより、ポイントが貯まるポイントサイトです。

このGポイントは直接、
・ANAマイレージクラブ
・JALマイレージバンク

マイルへ交換することができます。

そして、GポイントをANAマイレージへ交換したい方へ朗報があります。その朗報とは、GポイントをANAマイルへ交換する際、通常の交換レートより高いレートで交換ができる方法があるということです

例えば、1,500Gポイントを交換する場合、

通常の交換レートは

1,500 Gポイント

500 ANAマイル

ですが、ある方法を使うと

1,500 Gポイント

900 ANAマイル

になり、交換率が80%も上がります。


↑目次へ戻る↑


三井住友カードのポイントを活用


Gポイント→ANAマイルの交換レートを80%も上げるに登場するのが、三井住友カードというクレジットカードのポイントです

Gポイントは三井住友カードと提携しているので、Gポイントを三井住友カードのポイントへ交換することができます。そして、この三井住友カードのポイントもANAマイルと提携しているのです。

つまり

Gポイント(500ポイント)

三井住友カード(500ポイント)

ANA (300マイル)


というように、三井住友カードのポイントを経由することにより、Gポイントを更に効率よくANAのマイルへ交換することができるのです

1,500 Gポイントを交換する場合、最終的に獲得できるANAマイル数の差は400マイルのみですが、例えば、交換したいGポイント数が9,000ポイントの場合、ANAの2,400マイルも多く獲得できます。

交換するGポイント数が多くなるにつれて、この裏技の効果も大きくなります


↑目次へ戻る↑


三井住友カードのポイントを経由するには、三井住友カードの所有が条件。
今なら初年度年会費が無料


Gポイントを三井住友カードのポイントへ交換するには、三井住友カードを持っていることが条件になります。

「わざわざクレジットカードに入会しなくてはいけないの?」と思われるかもしれませんが、現在このカード、初年度の年会費が無料になるキャンペーンが実施されています

ちなみに、明細書の受け取り方法を紙ではなくWebにすれば、2年目以降の年会費も825円(税込)と非常にリーズナブルです。

2年目以降も年間1,000円未満の年会費で済むので、

「Gポイントを、効率よくANAマイルへ交換するための専用カード」

として、気軽に保有することができます


↑目次へ戻る↑



詳しい手順


その1
Gポイントを貯める



その2
三井住友カードに入会する

今なら初年度年会費は無料



その3

500 Gポイント以上貯まったら、
三井住友カードのVポイントへ交換する

●この手続きはGポイントのサイトで行います

●最低の交換ポイント数は500、交換単位は100




その4
三井住友カードの
Vポイントを
ANAマイルへ交換する

●この手続きは三井住友カードのサイトで行います

●交換単位は、5ポイント→3マイル

Gポイントを直接ANAマイルに交換する場合より、少し手間がかかりますが、確実により多くのANAマイルをゲットできるので、ANAマイラーにはおすすめな方法です


↑目次へ戻る↑


> マイルで得得・トップページへ

※ このページの情報は、予告なしに変更されることがあります。