マイルで得得 > 裏技 > 各公共料金・税金でマイル貯める方法


公共料金・自動車税・税金・健康保険料等でマイルを貯める裏技

目次 (このページの内容)



口座振替・コンビニ払いしかできない公共料金・税金はまだまだ多い


誰もが必ず払わなくてはいけない公共料金。ガス代、電気代、水道代など、長い期間で見てみると結構な額になるのではないでしょうか。

税金も同様で、1年に1回とはいえ、自動車税などの税金類も、合わせると結構な額になります。

持ち家に住んでいる場合は、年に数回払う固定資産税もかなりの額になります。

副収入がある方、自営業の方は、所得税、住民税、国民健康保険料なども自分で払う必要があり、収入の額によっては、払う税金もかなりの額になります。

避けることのできない公共料金・税金・保険料の支払いでもマイルを貯められたら、効率的にマイルを獲得することができます



ちなみに、Yahoo!公金払いのサイトからは、一部市町村の税金等をカード払いできますが、カード払い手数料が別途かかり、マイルを獲得するために手数料を払うのも微妙という考えもあるので、このページでは割愛します。

このページで以下紹介する方法は、手数料等のコストは一切かからない方法になります


↑目次へ戻る↑


セブン-イレブンでは、Nanacoで公共料金・税金を払える


実は、ガス代、電気代、水道代、自動車税、固定資産税、所得税などコンビニ払い(収納代行)できる全ての公共料金・税金・健康保険料などで、マイルを獲得できる方法があります。

その方法とは「セブン-イレブンのNanaco払い」です。



いつもさりげなく利用しているセブン-イレブンも、マイラーには貴重なコンビニになります。

「あれ? 私はいつもセブン-イレブン(またはコンビニ)で公共料金や税金を払っているけど、マイルは貯まらないからそんな方法はない」と思われるかもしれません。

実際に、明細書(納付書)をコンビニに持っていき、現金で払っただけではマイルは貯まりません

「わかった。コンビニで払うときに現金ではなく、クレジットカードで払うとマイルが貯まるんだ」とも思われるかもしれません。実際に、セブン-イレブンではクレジット払いも可能です。

しかし、公共料金・税金等はカード払いの対象外になるため、結局はカードで公共料金・税金等を払うことができません


「クレジットカードを使ってコンビニで公共料金を払えないんだったら、どうやってマイルを貯めるの?」と思われるかもしれません。

その方法とは、

「マイルが貯まるクレジットカードで、セブン-イレブンで使える電子マネー「Nanaco」のチャージをして、そのNanacoで各種公共料金・税金を払う方法」

です。

セブン-イレブンでは、電子マネー「Nanaco」は例外的に、各種公共料金・税金等の支払いにも使うことができます

昔は、電子マネー「Edy」を使い、多数のコンビニで、各種公共料金・税金の支払いが可能でしたが、残念ながら、その方法は廃止されています。

現在のセブン-イレブンでも、「Edy」「Suica」などの他の電子マネーでは、公共料金・税金の支払いは出来ませんが、例外的に「Nanaco」だけは認められているのです

つまり、ナナコのチャージを、マイルが貯まるクレジットカードですれば、公共料金・税金の支払いでも、間接的にマイルを貯めることができるのです



住んでいる区・市町村・自治体・税金の種類に関係なく、納付書の裏側に、コンビニ払いが可能で、なおかつ対象コンビニ一覧の中にセブン-イレブンがある限り、セブン-イレブンではNanacoで払えます。


↑目次へ戻る↑


Nanacoチャージでマイル(ポイント)が貯まるクレジットカードはかなり限定されている


マイルが貯まるクレジットカードで、Nanacoをチャージして、そのNanacoを使い、セブン-イレブンで納付書の支払いをすることにより、各種公共料金・税金の支払いでマイルを貯めることができます。

しかし、1つネックなのが、「Nanacoのチャージで、マイル(またはマイルに交換できるポイント)が貯まるクレジットカードが、かなり少ない」ということです

実際、マイルが貯まるほとんどのクレジットカードでは、Nanacoチャージだとマイル加算対象外になってしまいます。例えば、マイルが貯まるカードとして代表的なJALカード、ANAカードなどは、Nanacoのチャージでマイルは貯まりません。

しかし、中にはNanacoチャージでも、マイルが貯まる貴重なクレジットカードがあります

2020年6月現在、これからNanacoチャージ用に新規登録でき、なおかつNanacoチャージに対してポイントが付与されるカードは、

セブンカード・プラス
(年会費無料)

の1枚だけになっています。なので、今は強制的に上記カードを選ぶ必要があります。

セブンカード・プラスでNanacoチャージすると、200円チャージで1ポイント貯まり、2ポイントをANAの1マイルに交換できます。

つまり、400円チャージでANA1マイル貯まるので

100円チャージで、ANA 0.25マイル

貯まる計算になります。

クレジットカードだと100円で平均1マイル貯まるので、0.25マイルは少ないですが、公共料金・税金の支払いでANAマイルを貯められる方法が、今でも残っているのは実は有り難いことでもあります


↑目次へ戻る↑


2021年2月まで、Nanacoチャージでポイントが当たるキャンペーン実施中


これからセブンカード・プラスでNanacoチャージをして、公共料金・税金等の支払いでANAマイルを貯めていきたい方に1つ朗報です。



セブンカード・プラスでは、2021年2月15日まで、セブンカード・プラスでNanacoチャージをすると、抽選でNanacoポイントが当たるキャンペーンが実施されています。

抽選
ポイント数
人数
10,000 毎月
20名
1,000 毎月
100名
10 毎月
9,880名


例えば、1万Nanacoポイント当たれば、ANA5,000マイルに交換することができます。

2021年2月までは、

「Nanacoチャージによる公共料金・税金等の支払いでANAマイル獲得」

「Nanacoチャージで毎月最大1万ポイント当選のチャンス」

と、セブンカード・プラスは一石二鳥のカードになります


↑目次へ戻る↑


ANAマイルへの交換はレートアップキャンペーン期間中がおすすめ


通常の交換レートは、
500 Nanaco

250 ANA
ですが、

交換レートが
500Nanaco

300ANA
と上がるレートアップキャンペーンが不定期に実施されます。



レートアップキャンペーンは、Nanaco公式サイトでも案内されます。当サイトのNanacoポイント最新情報でもお知らせいたします。

公共料金・税金の支払いでコツコツNanacoポイントを貯めていき、上記キャンペーンが実施されたら、一気にANAマイルに交換するのがベストです。


↑目次へ戻る↑


Nanacoチャージの回数制限・上限額に注意


セブンカード・プラスでNanacoのチャージをする場合、注意点が2つあります。

1.
チャージできるのは1日1回・30,000円まで


例えば、Nanacoで4万円分の公共料金・税金等を払いたい場合、当日4万円分チャージしてNanacoで払うことはできません。

1日目は30,000円、2日目は10,000円というように2日に分けてチャージをしておく必要があります。

2.
1枚のNanacoにチャージできるのは5万円まで


1枚のNanacoにチャージできるのは最大5万円になるので、1枚のNanacoで5万円以上の支払いには使えません。

もし納付書1枚の支払い額が5万円以上の場合は、2枚のNanacoカードを使って払えます。

セブンカード・プラスはNanacoカード一体型タイプを選べば、もう1枚のNanacoカードを用意すれば大丈夫です。

アンドロイドのスマホであれば、アプリの「モバイルNanaco」でも代用できます(今のところ、Iphone用のモバイルNanacoアプリはありません)。

例えば、支払い額が9万円の場合、セブンカード・プラス一体型のNanacoに5万円、2枚目のナナコ(またはモバイルNanaco)に4万円チャージすれば、合計9万円の納付書も支払えます。

レジでNanacoを使って収納代行の納付書を払う場合、複数枚のNanacoで支払えます。

ただし、一部のレジ係は、複数枚のNanacoでの支払いに慣れていない人もいるので、はじめに「2枚のNanacoで払います」と一言伝えたほうがベターです。


↑目次へ戻る↑



Nanacoのチャージ受取りは、セブン銀行のATMが便利


Nanacoをセブンカード・プラスでチャージしただけでは、すぐにNanacoを利用することはできません。

Nanacoカードをセブンカード・プラスでチャージした後に、「チャージの受け取り」をする必要があります

なお、チャージを受け取るには、Nanacoの「残高確認」をすれば、セブンカード・プラスでチャージした金額を受け取ることができ、Nanacoに反映されて、レジで使える状態になります。

この残高確認の方法ですが、一般的に知られているのが、セブン-イレブンのレジになります。

例えば、Nanacoの公式サイトから、Nanacoカードのクレジットチャージを5万円分した後、そのNanacoカードをセブン-イレブンのレジに持っていき、そのNanacoカードの残高確認をすれば、Nanacoカードに5万円分がチャージされることになります。

つまり、レジでは
「Nanacoの残高確認」
「Nanacoでの支払い」
と2つのアクションが発生してしまいます。

残高確認(チャージの受け取り)を忘れたまま、Nanacoで税金等を払おうとすると、チャージが不足しているためエラーになるので、少しではありますが、レジ係に手間がかかってしまいます。

(特に最近では、バイト経験が少ない外国人のレジ係になると、Nanaco払いする時に、残高が足りずエラーになり、そこから一旦残高確認をしてチャージを受け取る、という手順ができずに混乱してしまうバイトさんががいます。

しかも、外国人のレジ係だと、操作方法がわかならなくなると、店長に聞きに行ったりせず、このNanacoは使えません等、適当に言ってくる人もいます)

レジ係によっては面倒になることもある、Nanacoカードの残高確認ですが、別に、必ずレジにて残高確認をする必要はありません。

Nanacoカードの残高確認(チャージ受け取り)には、セブン銀行のATMを使えば便利です

なぜ便利かというと、セブン銀行のATMでは、Nanacoカードの残高確認(チャージの受け取り)を事前にすることができるからです

セブン銀行のATMは、各セブン-イレブンの店舗にあるので、レジで納付書の支払いをする前に、セブン銀行のATMで、まずはNanacoカードの残高確認をしてしまえば、レジではNanacoで払うだけになるのでスムーズです。



セブン銀行のATMです。



「Nanacoカードチャージ・残高確認はこちら」というところをプッシュします。



このように、Nanacoカードを置くスペースがあるので、そこにNanacoカードを置けば、自動で最大5万円分のチャージを受け取ることができます。

そして、このNanacoカードを持って、レジに行けば、後は納付書の支払いで、レジにNanacoカードをかざすだけで済みます。


↑目次へ戻る↑


税金の納付書は、数枚に分けて1枚10万円以下にできるケースも


自営業やフリーランスの方は、自ら所得税、住民税、健康保険料などを払う必要があり、人によっては納税額がそれなりの金額になります。

ここで問題なのが、

「セブンカード・プラスでチャージできるのは、1枚のNanacoカードに5万円、Nanacoモバイルに5万円と、合計10万円なので、納税額が10万円以上の納付書をNanacoで払う場合、10万円を超えた部分は基本現金で払う必要がある」

ということです。

例えば、納付書の支払い額が30万円の場合、セブン-イレブンでNanacoで払う場合、最大10万円までしかNanacoで払えないので、残りの20万円は、現金で払う必要があります。

この方法だと、残りの20万円に対してマイルは貯まらないので、マイラーとしては避けたいものです

この問題に対して、市町村によっては実践できる対策があります。

それは、

「納税額が10万円を超える場合は、1枚の納付書につき、支払い額が10万円未満になるように、複数枚に分けて再発行してもらう」

ことです。

例えば、納税額が30万円の時、税務署や市役所などの担当部署に電話をして、「10万」「10万」「10万」と3枚の納付書に分けて、再発行してもらえます。

(住んでいる市町村や担当者によっては、拒否される可能性もあります)

このように3回に分けて、1枚の納付書の支払い額が10万円以下になるようにすれば、全ての支払い額に対して、マイルを貯めれるわけです

面倒臭いですが、マイルを無駄にせず貯められます。

ただし、この方法の唯一の欠点が、「通常1回の支払いで済むところを、何回もセブン-イレブンに行かなければならない」ということです。

もし、所得税、住民税、国民健康保険料、固定資産税などで、1枚の納税書の支払い額10万円を超える場合は、税務署や市役所などに電話をして、1枚の納税額が10万円未満になるように再発行してもらえば、全額をNanacoで払うことができます(ただし、複数回セブン-イレブンに行く必要あり)。


↑目次へ戻る↑



詳しい手順


その1
セブンカード・プラスに入会する

●年会費は無料

●Nanaco一体型に入会すれば、1枚のカードでセブンカード・プラス、Nanacoカード2役になり便利です




その2
セブンカード・プラスが届いたら、Nanacoをチャージする

●チャージはNanaco公式サイトからログインして「クレジットチャージ」を選択

●チャージできるのは1日1回30,000円まで

●1枚のNanacoにチャージできるのは最大50,000円

●1枚のNanacoにクレジットカードでチャージできる回数は、月15回まで
●1枚のNanacoにチャージできるのは、月最大20万円まで



その3
各種公共料金・税金・保険料等
の払込書をセブン-イレブンに持っていき
チャージしたNanacoで払う

●レジに向かう前に、セブン-イレブン内にあるセブン銀行ATMで、Nanacoの残高確認(チャージ受取り)をすれば、レジではNanacoによる支払いだけで済むのでスムーズです



その4
Nanacoチャージで貯まったNanacoポイントを、ANAマイルへ交換する

●Nanacoポイント→ANAマイルへの交換レートアップキャンペーンがタイミングよくあればベスト

となります。

「Nanacoをチャージする」「セブン-イレブンへ行く」と、自動的な口座振替に比べると少し面倒になりますが、必ず払う公共料金・税金で確実にマイルが貯まっていくので、マイラーはぜひ実践したい方法です



↑目次へ戻る↑


> マイルで得得・トップページへ

※ このページの情報は、予告なしに変更されることがあります。