マイルで得得 > 裏技 > プライオリティパス無しでも羽田空港・国際線ラウンジ入れる


(更新:2021年6月)
羽田空港 国際線 プライオリティパスのラウンジなし!対策あり



目次 (このページの内容)



速報&朗報
2021年4月1日より、羽田・成田の国際線ANAラウンジもプライオリティパスで利用可能に!


このページの記事は、本来

「羽田空港・第3ターミナル(旧名:国際線ターミナル)には、プライオリティパスで入れるラウンジがないので、ラウンジに入れる他の方法」

を紹介する内容になっているわけですが、急に超朗報が入ってきました。

2021年4月1日より、羽田空港・成田空港の国際線ANAラウンジも、プライオリティパスで入れるようになりました

2021年6月現在、羽田空港の第3ターミナルで入れる唯一のラウンジがANAラウンジになるわけですが、カードラウンジではなくANAラウンジが対象になったのは驚きです。

しかし皆さんご存知の通り、コロナで今すぐ海外旅行に行ける方は少ないわけですが、今年の夏以降、新型コロナのワクチン接種済みの観光客を受け入れる国が増えてくる予定です。

急きょ海外旅行が決まっても、事前に余裕を持ってプライオリティパスを取得しておけば、ANAラウンジに入れる準備をしておけます


↑目次へ戻る↑


意外だが、羽田空港・国際線ターミナルには、プライオリティパスで入れるラウンジがない


エコノミークラス利用でもマイレージ上級会員でなくても、空港ラウンジに入れるプライオリティパスがあります。特に国際線に乗る時は、プライオリティパスが大活躍します。

しかし意外にも、
羽田空港の国際線ターミナルには、プライオリティパスで入れるラウンジがないのが現状です

羽田空港・国際線ターミナルには、

・ANAラウンジ
・JALサクララウンジ
・キャセイパシフィック航空ラウンジ

と、航空会社3社がラウンジを設置していますが、プライオリティパスではどれにも入れません。

上記以外にも、

・カードラウンジの「SKY LOUNGE」
・航空会社共有ラウンジの「TIAT LOUNGE」

の2つがありますが、どちらともプライオリティパスでは入れません。

「さすがに航空会社ラウンジは無理でも、最後の2つのラウンジだったら入れるだろう」と思っている人が意外に多いのでしょうか、受付でプライオリティパスを提示して、入室を断られる光景を時々目にします。

現在は羽田空港の国際線も多くなり、LCCも羽田空港に乗り入れており、羽田空港から国際線に乗る機会は確実に増えてきています。

にも関わらず、
羽田空港の国際線ターミナルで、プライオリティパス提携ラウンジがゼロということは、空港ラウンジ重視派の方には問題と言えます


↑目次へ戻る↑


できる対策は?


「羽田空港・国際線ターミナルでもラウンジに入りたい。でもプライオリティパスで入れるラウンジがない」現状に対して、できる対策はないのでしょうか? 実はプライオリティパスが無くても、ラウンジに入れる方法があるのです

ちなみに、その方法とは

「クレジットカードのゴールドカードで、カードラウンジのSKY LOUNGEに入る」

ではありません。

カードラウンジに入れても、中にあるのはソフトドリンクバーだけなので、国際線ラウンジらしさはありません。

以下紹介する方法は、

「プライオリティパスが無くても、航空会社共有ラウンジのほうのTIAT LOUNGEに入る方法」

です。

TIAT LOUNGEは、ANAやJALなどの航空会社が運営するラウンジではありませんが、
カードラウンジでなくビジネスクラスラウンジになるので、食事、アルコール、シャワー等が無料で提供されています

↑目次へ戻る↑


実は、一部のクレジットカード保有者も、TIAT LOUNGEに入れる


TIAT LOUNGEの、一般的に知られている利用方法は、

・提携航空会社のビジネスクラス客
・提携航空会社のマイレージ上級会員

になります。

TIAT LOUNGEと提携している航空会社は、

・デルタ航空
・チャイナエアライン
・アエロフロートロシア航空
・中国南方航空
・ガルーダインドネシア航空
・吉祥航空
・海南航空
・天津航空
・ベトジェットエア

になります。

実は、上記航空会社のビジネスクラスに乗らなくても、上記航空会社の上級会員でなくても、TIATラウンジに入れる方法があるのです。それは

「対象のクレジットカード(ゴールドカード)を持っていること」

です。

具体的なクレジットカードは、以下の通りです。

・TS CUBICカード
・ポルシェ Card
・エムアイカード
・LUXURY CARD
・マンチェスターユナイテッドカード

聞き慣れないクレジットカードが多いのではないでしょうか。

道理で、
「対象のクレジットカードを持っていれば、羽田空港・国際線のTIATラウンジに入れる方法」があまり知られていないのも理解できるわけです

↑目次へ戻る↑


TIATラウンジは、航空会社共有ラウンジだから豪華。食事ビュッフェ・アルコール・シャワーは全て無料


TIATラウンジは「カードラウンジ」ではなく、「航空会社共有のビジネスクラスラウンジ」になります。

ビジネスクラスラウンジなので、対象のクレジットカードで入れるとはいえ、
隣接しているカードラウンジ「SKY LOUNGE」より豪華になっています

ANAラウンジ・JALサクララウンジなどの航空会社と同様、TIATラウンジでも、

・食事ビュッフェ
・アルコール類
・シャワー

は全て無料で利用することができます


羽田空港 国際線 TIATラウンジ 食事コーナー

ANAラウンジ・JALサクララウンジには劣りますが、それなりの軽食ビュッフェが提供されています

羽田空港 国際線 TIATラウンジ カレー

ANAラウンジ・JALサクララウンジと同様、TIATラウンジのオリジナルカレーもあります(食事のメニューは不定期に変わります)

羽田空港 国際線 TIATラウンジ 巻物

巻き寿司やスープなどもあります

羽田空港 国際線 TIATラウンジ ビール

ビールは飲み放題です

羽田空港 国際線 TIATラウンジ アルコール類

ビール以外のアルコール類も飲み放題です

羽田空港 国際線 TIATラウンジ シャワーブース

シャワールームは3室あり無料で使えます。特に深夜発の長距離便に乗る前は有り難いです

関連ページ:
羽田空港・国際線ターミナル・TIATラウンジの詳しい訪問記


↑目次へ戻る↑


TIATラウンジは混雑していないことが多いので落ち着く


無料の軽食ビュッフェ・アルコール飲み放題・シャワーなどに加えて、TIATラウンジならではメリットがあります。それは

「ANAラウンジやJALサクララウンジと比べて、TIATラウンジは空いていることが多い」

ことです。

ANAマイレージクラブ、JALマイレージバンク共に、年々上級会員が増えてきてることもあり、ここ数年はANAラウンジ、JALサクララウンジ共に混雑傾向にあります。

空いていることが多い羽田空港のTIATラウンジ

これは、ある時間帯のTIATラウンジの様子です。同じ羽田空港のANAラウンジ・JALサクララウンジでも、これだけ空いていることはあまりありません。

さすがに、ゴールデンウィーク・年末年始などの繁忙期は、TIATラウンジも混雑しますが、繁忙期以外だと、TIATラウンジは混雑しないことが多いので、ゆったり寛げるのも嬉しいポイントです。

(閑散期でも、遅延便が重なったり等の理由で、TIATラウンジも混雑する可能性もあります)


↑目次へ戻る↑


新型コロナウィルスの影響で、多くの国際線が運休中ですが、2021年1月より営業時間を拡大


新型コロナウィルスの影響で、現在も多くの国際線が運休になっており、
運航されている便の出発時間に合わせて、しばらく短縮営業されていましたが、2021年1月10日より営業時間が拡大されています

2021年1月10日以降の、最新の営業時間は以下の通りです。

土曜日:
5:30〜22:00

土曜日以外:
8:00〜22:00

ANA、JAL、ルフトハンザ航空、ブリティッシュエアウェイズ、アメリカン航空、ユナイテッド航空など、乗る航空会社に関係なく、TIATラウンジが営業している時間帯であれば、以下の対象ゴールドカード保有者は、TIATラウンジに入れます

↑目次へ戻る↑



乗る航空会社に制限なし


対象のゴールドカードを持っていると、TIATラウンジにを利用できるわけですが、
ゴールドカードを持っている限り、乗る航空会社は関係ありません

ANAやJALはもちろん、ピーチ、エアアジア、春秋航空、香港エクスプレス、タイガーエア台湾、ベトジェットエアなどのLCCに乗る時も、TIATラウンジに入れます。

また、マイレージの上級会員でも、
乗る航空会社が対象でなければ、結局はANAラウンジやJALサクララウンジには入れません

例えば、JALグローバルクラブ会員(JGC会員)やANAスーパーフライヤーズカード会員(SFC)会員などの上級会員であっても、乗るのが上記LCCや異なるアライアンスの航空会社であれば、結局はラウンジに入れないわけです。

しかし、対象のゴールドカードを持っていれば、TIATラウンジに入ることができます。


↑目次へ戻る↑


エムアイカードのゴールドカードは、今なら初年度年会費が実質無料に


乗る航空会社に関係なく、

・TS CUBICカード
・ポルシェ Card
・エムアイカード
・LUXURY CARD
・マンチェスターユナイテッドカード

上記カード会社のゴールドカードを持っていると、TIATラウンジに入れるわけですが、どのカードも大手ではないため、持っている方も少ないのではないでしょうか。

また、どれかのカードに新しく申し込む場合も、ゴールドカード以上しかTIATラウンジには入れないので、どれも年会費は最低11,000円以上するのが現状です。

しかし朗報です。現在、
TIATラウンジに入れる上記カードの中で、初年度年会費が無料になるゴールドカードがあります。それは

エムアイカード・プラスゴールドカード

になります。

このエムアイカード・プラスゴールドカードは、通常の年会費は11,000円(税込)ですが、
今なら初年度年会費が実質無料になるキャンペーンが行われています

つまり、
はじめの1年間は無料で、羽田空港のTIATラウンジに入れるわけです

キャンペーンの内容ですが、以下2つの条件をクリアすると、初年度年会費の1万円がキャッシュバックされます。2つとも簡単な条件です。

1.
Webエムアイカード会員に登録

2.
入会月の翌月末までに5万円以上のカード利用


1.のWebエムアイカード会員に登録すると、ネットで好きな時に「マイページ」にログインして、カード利用状況などをチェックできます。もちろん費用は無料です。

2.は入会月の翌月末までに、カードを5万円以上利用するだけで条件達成です。

例えば、1月に入会した場合、2月末までに5万円以上カードを利用すれば大丈夫です。利用場所は三越・伊勢丹だけでなく、カード払いできる場所・サービスは全部対象です。

5万円ですから、普段の日用品・ショッピング・食費・外食費などをカード払いすれば、簡単に達成できる金額です。


ちなみに、初年度年会費がキャッシュバックされるだけでなく、エムアイカード・プラスゴールドカードに入会後、
4,200円分の商品券も後から送られてきます

初年度年会費は実質無料になるので、
1年間は実質無料でTIATラウンジに入れるのに、さらに4,200円分の商品券がもらえるのはお得です

この4,200円分の商品券は、

・羽田空港の伊勢丹ストア
・中部国際空港の伊勢丹ストア
・新千歳空港の丸井今井ショップ

などで使うことができます。

店舗により売っている商品は異なりますが、ハンカチや靴下などのアパレル系や、お菓子などのお土産系などがあります。

エムアイカードから商品券入った封筒が届く

このような封筒で、毎年4,200円分のクーポン券が送られてきます。

300円のクーポンが14枚

300円分のクーポンが14枚入っています。

クーポン使える店舗の一覧

空港で使えるショップの一覧です。

羽田空港の伊勢丹ストア

羽田空港の国内線ターミナルにある伊勢丹ストアです。

伊勢丹ストアではお菓子類・軽食も販売されている

羽田の伊勢丹ショップには、このようにお土産向きのお菓子類のほか、飲み物やソフトクリームなどの軽食も売られています。


↑目次へ戻る↑



詳しい手順


以下、羽田空港・国際線ターミナル・TIATラウンジに入るまでの詳しい手順です。

その1
エムアイカード・プラスゴールドカードに入会する

今なら初年度年会費が実質無料

●通常の年会費は11,000円(税込)

●今なら入会キャンペーンがあり、簡単な2つの条件クリアで、年会費相当がキャッシュバックされます

●条件1:無料のWebエムアイカード会員登録。条件2:入会月の翌月まで5万円以上のカード利用



その2
羽田空港から国際線に乗る時、TIATラウンジの受付で、エムアイカード・プラスゴールドカードを提示し、無料で入室する

●どの航空会社利用時でもOK

●同伴者1人も無料で入れます




その3
TIATラウンジ入室後、食事ビュッフェ、アルコール飲み放題、シャワールームなどのサービスを満喫する



その4
後から送られてくる4,200円分の商品券を、対象空港にあるお土産店などで使う



↑目次へ戻る↑


> マイルで得得・トップページへ

※ このページの情報は、予告なしに変更されることがあります。

※ ゴールドカードで入れるラウンジは、急きょ予告なしに変更される可能性があります。