マイルで得得 > 裏技 > 関空からLCC乗る時も大韓航空ラウンジに入る方法


関空からピーチ等LCC国内線乗る時に大韓航空ラウンジに入れる裏技

目次 (このページの内容)




プライオリティパスを持っていると、エコノミー利用でも、上級会員でなくても、航空会社のビジネスクラスラウンジに入れる


基本的に、航空会社のビジネスクラスラウンジに入れるのは、

・ビジネスクラスの乗客
・マイレージプログラムの上級会員(エリート会員)


のどちらかに相当する方のみになります。

ビジネスクラスの乗客は、搭乗するまでの間、ビジネスクラスラウンジでゆったりすることができます。

また、エコノミークラスを利用する時にも、マイレージプログラムの上級会員(エリート会員)であれば、ビジネスクラスラウンジを利用することができます。

言い換えれば、マイレージの上級会員でなく、利用クラスがエコノミークラスの場合、ビジネスクラスラウンジには入れないことになります


しかし例外もあります

基本的に、航空会社のビジネスクラスラウンジでは、

・マイレージプログラムの上級会員
・ビジネスクラスの乗客

のみが入れる対象になりますが、実は、一部航空会社のビジネスクラスラウンジでは、入れる対象がもう1つあります

それは、

「プライオリティパス(Priority Pass)を持っている人」

です。

プライオリティパスとは、世界中の空港を対象とした、空港ラウンジ会員プログラムのことを指します。

このプライオリティパスは、世界中の空港のラウンジと提携しており、プライオリティパスを持っている人は、提携ラウンジに入れることになります。

そして、プライオリティパスの一部提携ラウンジには、何と一部航空会社のビジネスクラスラウンジも含まれているのです

大事なのは、航空会社のビジネスクラスラウンジだということです。各カード会社のゴールドカードで入れる、典型的な空港運営のラウンジではありません。

典型的なゴールドカード会員用の空港運営ラウンジは、どちらかと言えば休憩室のような雰囲気がありますが、航空会社のビジネスクラスラウンジだと、軽食ブッフェ、アルコール飲み放題など、施設もそれなりになります(ラウンジにより多少の違いあり)

プライオリティパスを持っていれば、エコノミークラスの格安航空券で旅行する時や、特典航空券で旅行する時も、(一部の)ビジネスクラスラウンジが使えることになります。もちろん、どの航空会社を利用する時でも大丈夫です


↑目次へ戻る↑


当たり前だが、国際線のビジネスクラスラウンジに入れるのは、国際線に乗る時だけ


上記では、航空会社のビジネスクラスラウンジに入れるのは

・ビジネスクラスの乗客
・マイレージ上級会員

そして例外的に
・プライオリティパス保有者

になるわけですが、国際線のビジネスクラスラウンジに入れるのは、国際線に乗る時だけになります。当たり前のことです

例えば、プライオリティパスを持っていると、成田空港の大韓航空ラウンジに入れますが、入れるのは成田から国際線に乗る時だけです。なぜなら国際線ターミナル内に大韓航空ラウンジがあるからです。

乗る航空会社に関係なく、成田から国内線に乗る時は、成田の大韓航空ラウンジには入れません。


↑目次へ戻る↑


プライオリティパスで入れるラウンジはどこ?
ラウンジ一覧表


それでは、プライオリティパス保持者は、どの航空会社のラウンジを利用できるのでしょうか。


日本国内の空港で、プライオリティパスで入れる、航空会社のビジネスクラスラウンジは、以下の通りです。

空港 利用できる
ビジネスクラス
ラウンジ
成田空港
第1
大韓航空
関西空港
一般区域
大韓航空
中部空港
国際線
スターアライアンス
大韓航空
福岡空港
国際線
大韓航空
羽田空港
国際線
なし


↑目次へ戻る↑



関西空港の大韓航空ラウンジは例外的に、国内線で出発する時にも入れる!


上記の説明通り、航空会社のビジネスクラスラウンジに入れるのは

・ビジネスクラスの乗客
・マイレージ上級会員

そして例外的に
・プライオリティパス保有者

になるわけですが、国際線のビジネスクラスラウンジに入れるのは、国際線に乗る時だけになります。当たり前のことです。

例えば、プライオリティパス保有者は、成田空港・中部国際空港・福岡空港の大韓航空ラウンジに入れますが、入れるのは国際線に乗る時だけです。なぜなら国際線ターミナル内に大韓航空ラウンジがあるからです。

なので、乗る航空会社に関係なく、成田・中部・福岡から国内線に乗る時は、大韓航空ラウンジには入れません。

しかし関西空港なら話は別です。実は、関西空港の大韓航空ラウンジは例外的に、国内線で出発する時にもプライオリティパスで入室することができるのです

なぜなら、関西空港の大韓航空ラウンジは珍しく、保安検査手前の一般エリア内にあるからです。一般エリアですから、国内線の乗客も行き来できます。

そして重要なのが、大韓航空ラウンジは国際線の乗客だけしか入れないとよく誤解されるのですが、実はプライオリティパス保有者は、国内線を利用する時にも大韓航空ラウンジに入れるのです

関西空港に限った話ですが、

「乗るのは国内線なのに、外資系航空会社のビジネスクラスラウンジに入れてしまう」

という、面白い現象が起きているわけです。

関西空港 大韓航空ラウンジ 入口

関西空港・大韓航空ラウンジの入口


↑目次へ戻る↑


第2ターミナルからピーチ国内線に乗る時にも、大韓航空ラウンジに入れる!


これもあまり知られていませんが、関西空港の大韓航空ラウンジは第1ターミナルにありますが、プライオリティパス保有者は、第2ターミナルを発着するピーチ航空利用時にも、大韓航空ラウンジ入れます

早めに空港に着いても、ベンチなどに座って時間をつぶす必要はなく、大韓航空ラウンジで寛げるのです。

ちなみに、ピーチが出発する第2ターミナルに行く前に、大韓航空ラウンジのある第1ターミナルに寄るので、手元にピーチの搭乗券がない状態で、大韓航空ラウンジに行くことになりますが大丈夫です

手元に搭乗券がなくても、

・乗客の氏名
・出発日
・便名

の3点がわかる限り、プリントアウトした予約確認書や、スマホのEメール画面を提示できれば大丈夫です。一緒にプライオリティパスも提示します。

↑目次へ戻る↑



ANA・JAL・スターフライヤー・ジェットスターの国内線も対象


ここでは、関空を拠点とするピーチに焦点を当てて話していますが、必ずしも乗るのがピーチ航空である必要はありません。

プライオリティパスを持っている限り、乗るのはANA・JAL・スターフライヤー・ジェットスタ航空の日本国内線でも、関空の大韓航空ラウンジに入ることができます

ANA・JAL・スターフライヤー・ジェットスターなら、大韓航空ラウンジがある第1ターミナルから出発するので、搭乗開始の10−20分前までラウンジでゆったりできます。

↑目次へ戻る↑


大韓航空ラウンジなら、ビールを含むアルコール類・軽食が無料!


特にピーチを利用する場合、第2ターミナルを利用することになり、混雑していることが多いエリアで待つ必要があります。



時間帯にもよりますが、関西空港のLCCターミナル(第2ターミナル)は、このように混雑していることが多いです。

シートの狭い飛行機に閉じ込められる前から、こんな混雑したところで待たされるだけでも、ストレスを感じてしまうかもしれません。

ところが、プライオリティパスを持っていれば、ゆったりした大韓航空ラウンジで寛ぐことができます。

関西空港 大韓航空ラウンジ 雰囲気

関西空港・大韓航空ラウンジの雰囲気です。LCCターミナルとは天国と地獄の差と言っても過言ではありません。

関西空港 大韓航空ラウンジ おにぎり

ホットミールはありませんが、パン・おにぎり・味噌汁などの軽食類が食べ放題です。

関西空港 大韓航空ラウンジ ドリンク類

ドリンク類も全て無料で飲み放題です。

関西空港 大韓航空ラウンジ ビールグラス

ビールも無料で飲み放題です。

↑目次へ戻る↑


プライオリティパスは、有料の空港ラウンジプログラム。
入り放題のプランだと、年会費は4万円以上!


ここまでは、「プライオリティパスを持っていれば、ピーチを含む全ての航空会社に乗る時、関西空港の大韓航空ラウンジに入れる」という説明だったわけですが、

ここで、「プライオリティパスに入会して、次回飛行機に乗る時は大韓航空ラウンジに入りたい!」と思われた方もいるかもしれません。

ただし残念ながら、プライオリティパスは有料の空港ラウンジ会員プログラムなので、プライオリティパスを持つには年会費が発生します

それでは、プライオリティパスを持つにはいくらかかるのでしょうか。以下3つの会員プランが用意されています。

年会費はアメリカドルがベースになるので、為替レートにより、日本円で払う年会費も変動します。以下の日本円表記は、1ドル=110円の場合です。

プラン

年会費
ラウンジの
利用回数
プレステージ
会員


年会費は
429米ドル
(約47,000円)
無制限

利用制限なしで
完全に使い放題
スタンダード
プラス会員


年会費は
299米ドル
(約33,000円)
10回まで無料

11回目からは
1回利用につき
32米ドル
スタンダード
会員


年会費は
99米ドル
(約11,000円)
毎回32米ドル

回数が増えると
負担も増える


上の3つのプランを見てわかる通り、一番の理想は「プレステージ会員になって、制限なく毎回無料でラウンジに入れること」になるわけです

しかし同時に、「プレステージ会員だと毎回無料で入れるけど、その代わりに、年会費が429ドル(約47,000円)と高めなのがネック」となります。

「いくら関空から国内線・国際線に乗る時に、大韓航空ラウンジに入れるとはいえ、さすがにプレステージ会員の年会費429ドル(約47,000円)は高すぎる」
という方がほとんどではないでしょうか。


↑目次へ戻る↑



直接ではなく、提携クレジットカード経由で、プライオリティパスに入会すると、本来4万円以上の年会費が、初年度年会費無料に。
はじめの1年間は無料でプライオリティパスを持てる!


上の通り、プランを選ぶ際、「毎回無料で入れるプレステージ会員が1番だけど、4万円を超える年会費は払いたくない」という問題があるわけです

しかし、この問題をうまく解決してくれる裏技があります。

それは、

「プライオリティパスに直接入会するのではなく、プライオリティパスが無料付帯されている、提携クレジットカード経由で、プライオリティパスのプレステージ会員になる」

という方法です。

毎回ラウンジが無料になるプレステージ会員の年会費429ドルですが、これはあくまでも、直接プライオリティパスに入会した場合の年会費です。

実は、一部のクレジットカード会社では、「プライオリティパスのプレステージ会員資格が無料付帯されている、ゴールドカードまたはプラチナカード」が用意されているのです

つまり、直接プライオリティパスを申し込まなくても、プライオリティパスが無料付帯されるクレジットカードを申し込んでも、プライオリティパスを保有することが出来るわけです

プライオリティパスのプレステージ会員が無料付帯されるクレジットカードは数枚ありますが、その中でも現在おすすめなのが、

楽天プレミアムカード

になります。

なぜなら、
期間未定で、10,000円分の楽天ポイントが付与されるキャンペーンが実施されているからです

楽天プレミアムカードの年会費は10,000円(税抜)ですが、10,000円分の楽天ポイントが後から付与されるので、初年度年会費は実質無料になります。

つまり、
初めの1年間は完全無料で「プライオリティパスのプレステージ会員」になれるわけです

普通にプライオリティパスのプレステージ会員になると4万円以上の年会費がかかるわけですから、はじめの1年間だけでも無料になるのは大きな違いです。


↑目次へ戻る↑



詳しい手順


以下、プライオリティパスをゲットして、関西空港の大韓航空ラウンジに入るまでの詳しい手順です。


その1
楽天プレミアムカードに入会する

●今なら、いくつかの条件をクリアすると、10,000円相当のポイントが付与されるので、初年度年会費(10,000円)が実質無料になります



その2
楽天プレミアムカード到着後、別途プライオリティパスを申し込む(無料)

●登録方法は、楽天カード会員様専用オンラインサービス「楽天e-NAVI」ログイン後、【プライオリティパス】から申し込む

●申し込み後、3〜4週間で、プライオリティパスの会員カードが届く



その3
関西空港から飛行機に乗る時、大韓航空ラウンジでプライオリティパスを提示し、入室する

●どの航空会社利用時でもOK。格安航空会社(LCC)も対象

●第2ターミナルから出発するピーチなどに乗る時も対象

●到着時は利用不可(乗り継ぎ便の出発がある時はOK)

●ラウンジの受付で提示するのはプライオリティパスです。楽天プレミアムカードを提示しても、大韓航空ラウンジには入れません


↑目次へ戻る↑

> マイルで得得・トップページへ

※ このページの情報は、予告なしに変更されることがあります。

※ プライオリティパスで入れるラウンジは、急きょ予告なしに変更される可能性があります。