マイルで得得 > エアライン大辞典 > スカイマーク > 搭乗記


スカイマーク
(更新:2019年8月)

スカイマーク
普通席 &
フォワードシート
搭乗記
(機種:B737)


※ このページでは、スカイマーク・普通席とフォワードシートの詳細を掲載しています。

※ このページで掲載している搭乗記は、機種ボーイングB737です。





このページの目次



機種・路線


乗った機種・路線は、以下の通りです。

↓機種
B737
↓路線
羽田〜福岡


今回スカイマークに乗ったのは羽田〜福岡線、神戸〜羽田ですが、スカイマークは同じB737しか保有していないので、羽田〜神戸線など、全路線で機内の様子は同じになります。

スカイマーク (Skymark) ボーイングB737型機

スカイマークのB737型機。航空会社名はスカイマークですが、機体には「SKY」と書かれています。


↑目次へ戻る↑



シートマップ・避けるべき席


スカイマーク・B737・普通席の、シートマップ・避けるべき座席番号に関してです。

↓シートの配列
3−3
↓避けるべき座席番号
最後列
↓避けるべき理由
すぐ後ろのトイレからの音
トイレ付近に並ぶ人


スカイマーク (Skymark) B737 シートマップ

スカイマーク公式サイトから引用した、シートマップです。

特別避けるべきシートはありませんが、
赤い線がある一番後ろの列は避けたほうが無難かもしれません。すぐ後ろにトイレがあり、水を流す時の音や、着陸態勢に入る前に人の行き来が激しくなるためです。

↑目次へ戻る↑



機内の様子・雰囲気


スカイマーク・B737の、機内の様子・全体の雰囲気です。

スカイマーク (Skymark) 機内の様子

全体の様子です。前方から見た様子です。座席の配列は3−3です。シートはクリーム色で、暖かい雰囲気になっています。

スカイマーク (Skymark) 機内の雰囲気

後方から見た様子です。スカイマークは普通席だけになります。ANAのプレミアムクラスJALのクラスJのような上級クラスはありません。


↑目次へ戻る↑



普通席:
座席・シートピッチ・足元の広さ/狭さ


スカイマーク・B737の、座席のタイプ・リクライニング角度に関してです。

↓シートピッチ
約79センチ
↓足元の広さ/狭さ
ふつう


スカイマーク (Skymark) 座席・シート

横から見たシートです。リクライニングをする前の様子です。

スカイマーク (Skymark) リクライニング

最後までリクライニングしている状態です。

スカイマーク (Skymark) シートピッチ

足元を横から見た様子です。シートピッチはLCCよりは少し広い感じでしょうか。

スカイマーク (Skymark) 足元

足元の様子です。LCCのような狭苦しさはありません。

スカイマーク (Skymark) 座っている人

横の席に座っている乗客です。

スカイマーク (Skymark) 座っている乗客

斜め前の席に座っている乗客です。

スカイマーク (Skymark) 非常口列のシート

ちなみに、これは非常口列のシートです。足元に余裕があるのがわかります。


↑目次へ戻る↑



フォワードシート:
座席・足元の広さ/狭さ


スカイマーク・B737の、フォワードシートに関してです。

↓シートピッチ
通常+38センチ
↓足元の広さ/狭さ
広め


スカイマーク (Skymark) フォワードシート

フォワードシート席です。最前列に6席あります。搭乗してすぐ座れます。シート自体は普通席と変わりません。

スカイマーク (Skymark) フォワードシート 足元

足元の様子です。最前列ですから、前方はこのように広々しています。

スカイマーク (Skymark) フォワードシート 通路へアクセス

窓側席に座っても、余裕で通路に出られます。

フォワードシートはあくまでも足元が広い席であり、座席のリクライニング角度が多くなるわけではありません。

羽田〜札幌・福岡・鹿児島・那覇など、国内線の中で長めの路線なら、1,000円払う価値はあるかもしれません。

実際には100円分のドリンク・菓子類が無料なので、フォワードシートの利用料金は900円になります。


↑目次へ戻る↑



ヘッドレスト・フットレスト


スカイマーク・B737の、ヘッドレスト・フットレストについてです。

↓ヘッドレスト
なし
↓フットレスト
なし


スカイマーク (Skymark) ヘッドレストはなし

ヘッドレストは付いていません。フットレストもありません。ヘッドレストも省く分、運賃も少し安めにできているのかもしれません。

↑目次へ戻る↑



ドリンクホルダー・収納


スカイマーク・B737の、ドリンクホルダー・収納についてです。

↓ドリンクホルダー
× なし
↓小物入れの収納
× なし


スカイマーク (Skymark) テーブル

開いたテーブルです。ANAのように、飲み物カップを置ける穴はありません。


スカイマーク (Skymark) シートポケット

シート前方にあるシートポケットです。


↑目次へ戻る↑



電源・充電・コンセント・USB


スカイマーク・B737の、電源・コンセントに関してです。

↓コンセントの有無/数
あり
↓USB電源の有無/数
なし


スカイマーク (Skymark) コンセント

日本国内線ですが、座席下には、コンセントが装備されています。今はスマホの充電が必須な時代なので有り難いです。

スカイマーク (Skymark) 電源は席の真下

コンセントは座席下にあるので、充電ケーブルが短めだと、このように座席に置かなければなりません。充電しながらスマホを使いたい場合は、長めの充電ケーブルがおすすめです。


↑目次へ戻る↑


テレビ・イヤホン


スカイマーク・B737の、パーソナルモニター・ヘッドホンに関してです。

↓個人用テレビの有無
× なし
↓個人用テレビのサイズ
↓イヤホン
× なし


スカイマーク (Skymark) 座っている人

パーソナルモニターはありません。

スカイマーク (Skymark) 天井からのモニターなし

ANAやJALでは、一部小型機を除いて、パーソナルモニターがなくても、天井からの共有モニターがありますが、スカイマークでは天井のモニターもありません。コストカットの一環でしょうか。


↑目次へ戻る↑



機内エンターテイメント・チャンネル


スカイマーク・B737の、機内エンターテイメント・チャンネルに関してです。

↓日本語メニュー
↓操作方法


パーソナルモニター、天井からのモニターもないので、エンターテイメントシステムは提供されていません。

↑目次へ戻る↑



毛布


スカイマーク・B737の、毛布に関してです。

↓毛布
〇 あり


スカイマーク (Skymark) 毛布・ブランケット

毛布です。ANA/JALのように、「毛布いかがですか?」とCAが毛布を配りに来ることはあまりなく、基本的には自分から申し出る必要があります。


↑目次へ戻る↑



飲み物・ドリンク


スカイマーク・B737の、ドリンク類に関してです。

↓ドリンクの料金
コーヒー
無料
(路線限定)

ミネラルウォーター
有料

ソフトドリンク
有料


スカイマーク (Skymark) ドリンクメニュー

数年前まではドリンクメニュー専用カードがシートポケットに置いてありましたが、現在は機内誌にドリンクメニューのページがあります。

スカイマーク (Skymark) コーヒーは無料

ネスカフェ・ゴールドブレンド限定で、無料で提供されています。

スカイマーク (Skymark) 無料のネスカフェ

無料でいただいたコーヒー(ネスカフェ・ゴールドブレンド)です。

無料のコーヒー(ネスカフェ・ゴールドブレンド)が提供される路線は、以下の通りです。

・羽田〜札幌
・羽田〜福岡
・羽田〜鹿児島
・羽田〜那覇
・茨城〜福岡
・茨城〜那覇
・名古屋〜札幌
・名古屋〜那覇
・神戸〜札幌
・神戸〜那覇
・福岡〜札幌
・福岡〜那覇

逆に、以下の路線(上記以外の路線)では、無料のコーヒーサービスはありません。無料の飲み物はコーヒーだけなので、以下の路線では、無料の飲み物サービスはありません。

・羽田〜神戸
・茨城〜札幌
・茨城〜神戸
・神戸〜仙台
・神戸〜長崎
・神戸〜鹿児島
・鹿児島〜名古屋
・鹿児島〜奄美大島

スカイマーク (Skymark) ソフトドリンクのメニュー・料金

ミネラルウォーター、コーラ、お茶、アップルジュースなどのソフトドリンク系は、全て100円です。有料ですが100円と良心的な価格設定です。

↑目次へ戻る↑



チョコレート(キットカット)


スカイマークでは、路線限定で、キットカットのチョコレートが無料で提供されます。

スカイマーク (Skymark) キットカットが無料

キットカットが無料で提供されています。



無料でいただいたキットカットです。パッケージはスカイマークオリジナルです。

スカイマーク (Skymark) チョコレートは無料

普段食べているキットカットも、無料だといつもより美味しく感じてしまいます。

無料のキットカットが提供される路線は、以下の通りです。

・羽田〜福岡
・羽田〜鹿児島
・羽田〜那覇
・茨城〜福岡
・茨城〜那覇
・名古屋〜札幌
・名古屋〜那覇
・神戸〜札幌
・神戸〜那覇
・福岡〜札幌
・福岡〜那覇

逆に、以下の路線(上記以外の路線)では、無料のキットカットサービスはありません。

・羽田〜札幌
・羽田〜神戸
・茨城〜札幌
・茨城〜神戸
・神戸〜仙台
・神戸〜長崎
・神戸〜鹿児島
・鹿児島〜名古屋
・鹿児島〜奄美大島


↑目次へ戻る↑




WIFI・インターネット


スカイマーク・B737の、WIFI・インターネットに関してです。

↓WIFI
× なし
↓料金


スカイマーク・B737では、WiFiサービスは提供されていません。

↑目次へ戻る↑




客室乗務員/CAの態度・接客


スカイマークの、客室乗務員の態度・接客に関してです。

↓乗務員の接客
ふつう〜良い
↓ANA/JALと比べると?
ほぼ同じ〜
少し下


スカイマーク (Skymark) CA/客室乗務員

飲み物サービスをしている客室乗務員です。


CAの接客ですが、基本的には、ANAやJALのように日本人のCAらしく、ちゃんとした対応です。

ただし、笑顔の度合いが少なかったり、話し方が少し冷たい印象を与えるCAの確率も、ANAやJALよりは少し多いかもしれません。

(※ CAの評価は個人的な主観です。客室乗務員の態度は、今回搭乗したフライトでの評価です。フライトによっては、親切な乗務員もいますし、とても態度の悪い乗務員もいます)


↑目次へ戻る↑



まとめ・感想


スカイマーク・B737の、メリット・デメリットは、以下の通りです。

良かった点

・全路線・全席にコンセントある

・キットカットのチョコレートが無料(路線限定)


残念な点

・ミネラルウォーターも有料(無料コーヒーの対象外路線では、無料の飲み物はなし)

以上、スカイマークの搭乗記でした。




↑目次へ戻る↑

> スカイマーク・徹底ガイドへ