マイルで得得 > エアライン大辞典 > ベトナム航空 > ハノイ空港での乗り継ぎ


(2018年3月)
(現在も、乗り継ぎ方法は同じ)

ハノイ/ノイバイ空港
乗り継ぎレポート
(ベトナム航空利用時)
(国際線→国際線の場合)

※ このページでは、ベトナム航空で日本→ハノイ→国際線と飛ぶ場合、ハノイ空港で乗り継ぐ時の様子を、詳しく解説しています。

※ このページでは、ベトナム航空利用時のケースですが、ハノイ空港には国際線ターミナルが1つしかないため、スルーチェックインしている限り、ANA→タイ国際航空、JAL→マレーシア航空のような、他社の乗り継ぎでも、基本的な流れは同じです。





目次



基本的に、日本の出発空港で、乗り継ぎ便の搭乗券も受け取る


基本的には、日本の出発空港のカウンターで、乗り継ぎ便の搭乗券も一緒に渡されます。

例えば、成田→ハノイ→シェムリアップと飛ぶ場合、成田空港のカウンターで、成田→ハノイ、ハノイ→シェムリアップと2枚の搭乗券を渡されます。

ちなみに、発券システムのエラー等で、乗り継ぎ便の搭乗券を受け取れなくても大丈夫です。乗り継ぐハノイ空港のカウンターに寄れば、乗り継ぎ便の搭乗券を発券してくれます。


↑目次へ戻る↑


預けた手荷物は、ハノイ空港で引き取る必要なし


ハノイ空港で乗り継ぐ時、日本の出発空港で預けたスーツケース等の荷物は、引き取る必要はありません。最終目的地で受け取ります。

例えば、関空→ハノイ→シェムリアップと飛ぶ場合、成田空港で預けたスーツケース等の荷物は、最終目的地のシェムリアップで受け取ることになります。


↑目次へ戻る↑



ハノイ空港・国際線ターミナルのマップ・構内図


ハノイ空港 乗り継ぎ 順序のマップ

JAL公式サイトから引用した、ハノイ空港・国際線ターミナルのマップです。

飛行機を降りた後、
赤色の矢印のように入国審査に向かって進みます。

入国審査場のエリアに着いたら、矢印のように反対方向に行くと、
緑色の丸部分に乗り継ぎ客用の上りエスカレーターがあるので、それで上階へあがります。

エスカレーターに乗る前に、係員がいるので、乗り継ぎ便の搭乗券とパスポートを提示します。


乗り継ぎ用のエスカレーターは2箇所ありますが、1か所しか開いていない場合も多いです。1つが閉まっていても、すぐ向かい側のエスカレーターに乗れます。


↑目次へ戻る↑


最低の乗り継ぎ時間 & 実際にかかった乗り継ぎ時間


↓ベトナム航空が定めている、最低の乗り継ぎ時間
国際線 → 国際線
60分
↓実際に乗り継ぎにかかった時間
15分

(飛行機を降機して、Transfer方向へ数分歩き、エスカレーターで上の階にあがり、保安検査を通り、乗り継ぎ便が出発するゲートエリアまでにかかった時間)

(乗り継ぎ便の出発ゲートが、ターミナルの端にある場合は、10分程度をプラス)


成田→ハノイ→プノンペンのように、ベトナム航空が定めている、国際線同士の最低乗り継ぎ時間は60分です。

実際にかかった時間は15分と、短い時間になりました。予約上の乗り継ぎ時間が1時間のように短くても、基本的には乗り継ぎができることになります。

ただし、荷物検査の列が長い時は、プラス5〜10分くらいはかかるかもしれません。


↑目次へ戻る↑


乗り継ぐ手順:
(国際線→国際線)
(日本へ帰国する時も同じ)


まず、ハノイ空港に着いた後の、大まかな順序は、

1.
「降機」
 (バスの場合は、まずはバスに乗り、ターミナルまで移動)

2.
「Transfer 方面に歩く」

3.
「乗り継ぎ専用カウンター」
 (乗り継ぎ便の搭乗券がある場合はスキップ)

4.
「係員に搭乗券とパスポートを提示し、エスカレーターで上の階にあがる」

5.
「保安検査(荷物検査)」

6.
「各ゲートへ向かう」


となります。

それでは写真と共に、細かくお伝えします。


↑目次へ戻る↑


1.
降機し、Transfer方向へ進む
(バスに乗る場合もあり)


ハノイ空港 乗り継ぎ 降機

飛行機を降りて、ターミナル内に入ります。

ハノイ空港 乗り継ぎ Transfer方向へ

ターミナル内に入ったら、「Transfer」の方向へ進みます。

ハノイ空港 乗り継ぎ しばらく歩く

Arrival(入国審査)・Transfer(乗り継ぎ)は、しばらく同じ方向へ進みます。

ハノイ空港 乗り継ぎ 入国審査はしない

入国審査場に着くと、ArrivalとTransferが分かれるので、Transfer方向へ進みます。

ちなみに、この写真だとTransferは左ですが、ターミナルの反対側から歩いてきた時は、Transferは右になります。

ハノイ空港 乗り継ぎ 入国審査はしない

入国審査の列がこのように混んでいる時は、うしろのスペースを通ることになります。これも、ターミナルの反対側から来た時は、左右反対になります。


↑目次へ戻る↑


2.
乗り継ぎカウンター
(乗り継ぎ便の搭乗券がある場合はスキップ)


Transferエリアに来たら、乗り継ぎカウンターがあります。

ハノイ空港 乗り継ぎ カウンター

トランスファーデスクです。基本、乗り継ぎ便の搭乗券があるので、ここはスルーです。

日本の出発空港で乗り継ぎ便の搭乗券をもらえなかった場合、搭乗券を紛失してしまった場合などは、このトランスファーデスクに寄れば、乗り継ぎ便の搭乗券を発券してくれます。

ちなみに、この写真では、待っている人がいませんが、もし列がある場合は、デルタ航空・ゴールドメダリオン会員だと手前の「Sky Priority」レーンを利用できます。混雑時にはありがたい特典です。


↑目次へ戻る↑



3.
係員に搭乗券とパスポートを提示し、エスカレーターで上の階にあがる


ハノイ空港 乗り継ぎ Connecting Flightsへ

トランスファーエリアに来ると、「Connecting Flights」という標識があるので、そこの扉に向かいます。

ハノイ空港 乗り継ぎ 搭乗券とパスポートを提示

このように係員がいるので、乗り継ぎ便の搭乗券とパスポートを提示します。

ハノイ空港 乗り継ぎ エスカレーターで上の階に

そのまま進み、エスカレーターで上の階にあがります。


↑目次へ戻る↑


4.
保安検査(荷物検査)


続いて、セキュリティチェックです。

ハノイ空港 乗り継ぎ セキュリティチェック

上の階に着いたら、少し先に進むとセキュリティチェックがあります。

ハノイ空港 乗り継ぎ 保安検査

荷物検査場です。この荷物検査は乗り継ぎ客専用ではなく、出国する他の乗客も一緒なので、タイミングによっては混雑している時もあります。

ペットボトルなどの飲み物類は捨てる必要があります。ベルトははずす必要があり、靴も脱ぐよう言われます。

東南アジアなので、財布やスマホは直接トレーに置かず、鞄の中に入れることをおすすめします。


↑目次へ戻る↑


5.
掲示板で出発ゲートを確認


保安検査を終えたら、搭乗口エリアになります。

ハノイ空港 乗り継ぎ 出発便の掲示板

保安検査を終えると、すぐ出発便の電光掲示板があるので、乗り継ぎ便の出発ゲート、定刻かどうか確認します。

ハノイ空港 乗り継ぎ ゲートをチェック

フライトごとに、ゲートの方向が矢印で表示されていて分かりやすいです。


↑目次へ戻る↑


6.
搭乗ゲートへ向かう


ゲート番号を確認したら、その搭乗口を目指します。

ハノイ空港 乗り継ぎ ゲートの位置

このようなゲートの標識があるので、相当する方向へ進みます。

ハノイ空港 乗り継ぎ 出発便の再確認

各ゲートに着くと、このようにゲート番号があります。そのゲートから出発するフライト一覧があるので、自分の便があるか確認します。


↑目次へ戻る↑


入国する必要はないので、入国審査・税関はなし


上記の説明のように、国際線→国際線の乗り継ぎは、ベトナムへ入国する必要がないので、入国審査・税関共にありません。記入するカード等もありません。

アメリカのように、乗り継ぎだけでも、入国しなければならない手間がないので楽です。


↑目次へ戻る↑



喫煙所


ハノイ空港・国際線ターミナルの制限エリア内に、喫煙室が用意されています。

喫煙室の場所:
22番ゲート近く
34番ゲート近く

ハノイ空港 乗り継ぎ 喫煙所の標識案内

ある程度喫煙所の近くまで来れば、Smoking Roomへの標識が出てきます。

ハノイ空港 乗り継ぎ 喫煙室の入口

喫煙所の入口です。Smoking roomと書かれています。

ハノイ空港 乗り継ぎ 喫煙室の中

喫煙室の中の様子です。


↑目次へ戻る↑



WIFI・インターネット


ハノイ空港・国際線ターミナルの、WIFIに関してです。

↓無料WIFI
あり
↓パスワード
必要なし
↓時間制限
なし
↓WIFIの速度
ふつう


ハノイ空港 乗り継ぎ WIFIは無料

空港ターミナルでは無料のWifiがあります。時間制限はありません。


↑目次へ戻る↑



フードコート・コンビニ・ショップなど


ハノイ空港 乗り継ぎ ファストフード

フードコートというよりは、点々とファストフード系やカフェなどがあります。これはバーガーキングです。

ハノイ空港 乗り継ぎ ショップ

ショップ・コンビニなどもあります。


↑目次へ戻る↑



まとめ・感想・評価


ハノイ空港・国際線ターミナルで乗り継ぎした時の、感想・まとめは以下の通りです。

メリット:

・乗り継ぎの場合は入国審査がない

・到着便・出発便のゲートにもよるが、保安検査場がすいていると、15−20分程度で乗り継ぎできる

・あまり大きくないターミナルなので、初心者でもわかりやすい


デメリット:

・仮眠エリアなど、乗り継ぎ客用の施設が充実していない


以上、ハノイ空港・国際線ターミナルでの乗り継ぎレポートでした。





↑目次へ戻る↑


> エアライン大辞典・ベトナム航空・トップへ

> サイトマップ(コンテンツ一覧)へ

> マイルで得得・トップページへ

※ このページの情報は、予告なしに変更されることがあります。