マイルで得得コツ賢く特典航空券を使うコツ > このコツ

賢く特典航空券を使うコツ
JAL国内線のクラスJ・特典航空券は避けるべき
対象マイレージプログラム:JALAAAFBACXEKQF

「必要マイル数が少なめ」「気軽に行ける」などの理由で、貯めたマイルを、日本国内線の特典航空券に交換される方も多いのではないでしょうか。

スターアライアンス系航空会社のマイレージはANAを、各ワンワールド系航空会社のマイレージ会員はJALを、日本国内特典航空券で利用することができます。

また、例外としてスカイチーム加盟のエールフランス航空・フライングブルーは日本航空と提携しているので、JAL国内線の特典航空券を利用することが可能です。

クラスJの特典航空券は避けるべき

クラスJとは、JALの国内線で搭載されている座席クラスになり、普通席とファーストクラスの間のクラスになります。普通席より座席が少し大きく、ゆったりと座ることができます。

普通席とクラスJの差はあまり大きくありませんが、一応異なるクラスになっているので、マイルを使って乗る場合、「普通席の特典航空券に必要なマイル数」と「クラスJの特典航空券に必要なマイル数」は、異なる必要マイル数が設定されています。

例えば、日本航空・JALマイレージバンクのマイルを、羽田〜札幌間往復の特典航空券に交換する場合、

15,000マイル → 普通席往復
19,000マイル → クラスJ往復


と、クラスJ往復では、4,000マイル多く必要になります。つまり、片道で2,000マイル多いことになります。また、2,000マイルだけプラスして、片道のみクラスJにすることも可能です。

2,000マイルは少なめに聞こえますが、このプラス2,000マイルによるクラスJの特典航空券、はっきり言って損な使い方になってしまいます

なぜならば、クラスJは、片道1,000円だけで利用できてしまうからです

クラスJで使う2,000マイルは、たったの1,000円分の価値しかないことになります。つまり、1マイル=0,5円の価値しかありません

電子マネーやポイントの特典でも1マイル=1円の価値があることを考えると、このクラスJによる1マイル=0,5円の価値は、とても低いことがわかります

また、マイル使用のコストパフォーマンスの視点では、できれば1マイル=2円以上の価値がほしいところなので、クラスJ特典航空券の利用は、コストパフォーマンス的にも向いていないことになります

なお、ここでは日本航空・JALマイレージバンクのマイルを使った場合の、必要マイル数を例にしていますが、他のマイレージプログラムのマイルを使った場合でも、同じことが言えます。

例えば、アメリカン航空・アドバンテージのマイルを使って、JAL国内線特典航空券に交換する場合、

15,000マイル → 普通席往復
25,000マイル → クラスJ往復


と、2,000円分の価値しかないサービスに、何と1万マイルも無駄にしてしまう内容になっているので、これは可能な限り避けることが必要です

このように、「全てのマイルを使い切りたい」方などを除いては、クラスJの特典航空券は避けるのが賢明です

特典航空券でクラスJに乗りたい場合ですが、普通席の特典航空券を発券し、空港でチェックインする際、もしクラスJに空きがあれば、1,000円払ってアップグレードすることができます。

なお、普通席の特典航空券を発券した後に、出発日より前に、1,000円払ってクラスJにアップグレードすることはできません。出発当日、チェックイン時に空きがある場合のみ、アップグレードが可能です。


>賢く特典航空券を使うコツ の一覧へ

↑ページのトップへ

>マイルで得得のトップへ