マイルで得得 > 裏技 > カード利用30万円で最大35,000マイル


2022年9月27日申込分まで

アメックスゴールドカード新規入会で最大35000マイル

目次 (このページの内容)



あるクレジットカードの入会キャンペーンを利用


期間未定で、大量のボーナスマイルを獲得できるキャンペーンが実施されています。

(大変お得なキャンペーンなので、予告なしに急きょ終了する可能性もあります)

このページでは、キャンペーンを利用して、外資系航空会社の28,000マイル(ANAは35,000マイル)ゲットする方法を紹介しています。

このキャンペーンで獲得できる航空マイレージは、以下の通りです。

スターアライアンス系
ANA
スカンジナビア航空
シンガポール航空
タイ国際航空

ワンワールド系
ブリティッシュエアウェイズ
キャセイパシフィック航空
フィンランド航空
カタール航空
カンタス航空

スカイチーム系
デルタ航空
エールフランス航空
/KLM
アリタリア-イタリア航空
チャイナエアライン
 
アライアンス非加盟
エミレーツ航空
エティハド航空
ヴァージンアトランティック航空


キャンペーンで利用するカードは、

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

になります。


↑目次へ戻る↑



入会キャンペーンで35,000ポイント獲得できる!


今回注目するのは、

アメリカン・エキスプレス・ゴールド ・カード

です。


このアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードですが

「入会から3ヵ月以内に30万円カードを利用すると、もれなく合計35,000ポイントが付与されるキャンペーン」

を実施しています


ボーナスポイント数・付与条件は以下の通りです。

●ボーナスポイント特典1
入会後3カ月以内に、カード利用1万円で
1,000ポイント

●ボーナスポイント特典2
入会後3カ月以内に、カード利用10万円で
8,000ポイント


●ボーナスポイント特典3
入会後3カ月以内に、カード利用30万円で
23,000ポイント


獲得することができます。

カード利用100円で1ポイント貯まるので、カード利用30万円分の3,000ポイントも別に貯まります。

つまり、

カード30万円利用分の
3,000ポイント

ボーナスとしての合計
32,000ポイント

を合わせて、合計35,000ポイント獲得することができます。


↑目次へ戻る↑


3ヵ月で30万円=1ヵ月に約10万円だから達成は可能。

30万円達成が難しそうな場合は、Amazonギフト券・郵便局を購入


タイミングによっては、入会から3ヵ月以内に30万円のカード払いが難しいかもしれません。

そこでおススメな方法が

1.Amazonギフト券の購入
2.郵便局で切手等の購入


の2つの方法です。

1つ目のAmazonギフト券とは、Amazonでの支払いに使えるオンライン版の商品券のようなもので、Amazonのサイトからカード払いで購入することができます。

(Amazon公式サイト上で購入できるのは「チャージタイプ」のAmazonギフト券。自分のアカウントに直接チャージできます)

(コンビニやスーパーなどの店頭で売っている、カードタイプのAmazonギフト券は、カード払いはできません)



Amazonアプリまたはスマホサイト上の、Amazonギフト券のチャージ画面です。好きな金額をチャージすることができます。


例えば、どうしても25万にしか達しないのであれば、残り5万円分のAmazonギフト券(チャージタイプ)を購入してしまえば、30万円の条件をクリアできるわけです。

Amazonギフト券の有効期限は10年と長めに設定されているので、条件クリアのために購入したギフト券を、無理やり早めに使用する必要もありません

Amazonは多くのジャンルの商品を購入できるので、Amazonギフト券の使い道にも困ることもありません。

郵便局ではカード払いが可能に

2つ目の郵便局は単純で、郵便局での支払いにクレジットカードを使うシンプルな方法です。

実は2020年より、郵便局の窓口でのカード払いが可能になっています。

郵便局公式サイト:
カード払いできる郵便局一覧

肝心なカード払いできる対象ブランドですが、アメリカンエキスプレスも含まれています

郵便局の支払い方法一覧

カード払いできる郵便局では、入口や窓口などに、このようにカード払いを含む、支払い方法の一覧表が張られています。


窓口でカード払いできる商品・サービス等は、以下の通りです。

・郵便料金
・荷物の運賃(ゆうパック、ゆうメールなど)
・切手(最大10万円分)
・はがき・レターパックなどの販売品
・カタログ、店頭商品などの物販商品

上記の中でも、特に役立つのが「切手」です。なぜなら切手は、郵便物に貼るだけでなく、ゆうパックの支払いにも使えるからです

今すぐ、ゆうパックを利用する予定がない場合も、切手に使用期限はないので、数年後のゆうパックの運賃支払いにも使えます。郵便局または集荷の人に「切手で払います」と一言伝えるだけです(ローソンでの支払いに切手払いは不可)。

もし30万円まで5万円足りないのであれば、5万円分の切手を郵便局で買うだけです。

30万円まで10万円足りない場合は、Amazonギフト券で5万円、切手で5万円と分けるのもありです。普段からAmazonと郵便局サービスのどちらを多く使うかを考えて、割合は自分で決めてください。

↑目次へ戻る↑



35,000ポイントは、
→ ANA35,000マイル
→ 外資系28,000マイル
に交換可能。プラス3,300円の手数料が必要


アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードの入会キャンペーンで35,000ポイント獲得できるわけですが、ANAマイルの場合、35,000ポイントを35,000マイルに交換できます。

しかし、提携している外資系エアラインのマイルへ交換する場合、交換レートに注意する必要があります。

通常の交換レートでは、2ポイント→1マイルになり、キャンペーンで獲得した35,000ポイントのうち、交換できるのは34,000ポイントなので、交換後は17,000マイルと半減してしまいます。

そこで大事なのが、

「3,300円(税込)の手数料を払って、メンバーシップ・リワード・プラスに登録すること」

です。

メンバーシップ・リワード・プラスに登録すれば、交換レートが優遇されて、

2ポイント→1.6マイル

になるのです。

これなら、キャンペーンで獲得した35,000ポイントは、外資系航空会社の28,000マイルに交換することができます。

まとめると、

●メンバーシップ・リワード・プラスに加入しない
35,000ポイント

17,000マイル

●メンバーシップ・リワード・プラスに登録
35,000ポイント

28,000マイル

となります。

メンバーシップ・リワード・プラスに登録するには3,300円(税込)の手数料がかかりますが、3,300円払うだけで11,000マイルも多く獲得できるので、ここでメンバーシップ・リワード・プラスに加入しない選択肢はありません

今回のキャンペーンでは、30万円のカード利用で

ANA 35,000マイル
or
外資系 28,000マイル


獲得できるわけですが、

カード利用100円で換算すると、100円利用につき

ANA 約11.6マイル
or
外資系 約9.3マイル


も獲得できる計算になります。

最近では、
入会キャンペーンで、カード利用100円につき、9−11マイルも獲得できるキャンペーンはなかなかありません


↑目次へ戻る↑



年会費31,900円のもとは簡単に取れる


入会ボーナスポイントキャンペーンを活用することで、外資系の28,000マイル(ANAは35,000マイル)獲得できるアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードですが、ゴールドカードということもあり、年会費は31,900円(税込)と、高めの設定になっています。

しかし、今回のキャンペーンで獲得できる28,000マイル(ANAは35,000マイル)は、年会費とメンバーシップ・リワードプラス手数料を合わせた35,200円(税込)の、少なくとも数倍の価値があります

今回のキャンペーンで獲得した外資系28,000マイル(ANAは35,000マイル)を使って、上記の各マイレージプログラムで特典航空券に交換できるわけですが、日本国内線に使うのもありですし、アジア近辺やグアムなどに行くことも可能です。

もしくは、今まで貯めてきたマイルと合わせて、欧米などの長距離の特典航空券に交換することも可能です。

目的地、飛ぶ路線、航空会社、飛ぶ時期によって、マイルの価値は常に変わるわけですが、基本的に、マイルを特典航空券に使う場合、1マイルの平均価値は2円と言われています。

ということは、今回のキャンペーンで28,000マイル獲得すると、最低約56,000円のリターンを得られることになります

特典航空券をより賢く使い、1マイルの価値が3−4円の場合、今回獲得できる28,000マイルは、約8−11万円の価値になることになります

これは、カード年会費とメンバーシップ・リワードプラス手数料を合わせた35,200円(税込)を考慮しても、お得なことになります。

しかも、詳細は下にありますが、入会キャンペーンで獲得できる最大35,000マイルに加えて、

特典1
 海外旅行時の空港宅配が無料

特典2
 プライオリティパスの年会費が無料
(国際線ANAラウンジにも無料で入れます)

特典3
 ディナーコース1名分が無料

特典4
 キャンセル手数料が補償

など多くの特典が、アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードには付帯されています(上記4つは代表的なもので、4つ以外にも多くの特典が付帯されています)。

入会特典の最大35,000マイルだけでもカード年会費の数倍の価値があるにも関わらず、下記4つを含むお得な特典も付帯しているので、総合的には20万円以上のリターンになる可能性のある豪華な内容です


↑目次へ戻る↑


特典1:
往復で約5,000円かかる、成田・羽田・関空・中部への空港宅配が無料!


上で紹介しているキャンペーンで獲得できる最大35,000マイルだけでも、カード年会費の元は十分取れますが、アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードには、さらに年会費の元を取れる方法があります。それは、

「海外旅行時の無料空港宅配サービス」

です。

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード保有者は、国際線を利用する場合、出発時の自宅→空港、帰国時の空港→自宅と、往復の手荷物宅配が無料になる特典が付いているのです

なお、対象になるのは

・成田空港・第1ターミナル
・成田空港・第2ターミナル
・羽田空港・国際線ターミナル
・関西空港・第1ターミナル
・中部国際空港(セントレア)

になります


アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードの無料手荷物宅配特典ですが、JAL ABC空港宅配のサービスを利用できます

JAL ABC空港宅配では、通常の往復宅配の料金は以下のようになっています(料金は予告なしに変更される可能性あり)。

利用する空港 往復宅配の料金
(荷物1個の場合)
成田空港
羽田空港
4,940円
(自宅が関東地方の場合)
関西空港 5,160円
(自宅が関西地方の場合)
中部国際空港 5,160円
(自宅が東海地方の場合)


現在、福岡空港、札幌/新千歳空港、那覇空港など、上記以外の空港の国際線は、対象外になっています。

しかし、札幌、仙台、広島、福岡、鹿児島、沖縄など、地方にお住まいの方も、羽田、成田、関空、名古屋からの国際線に乗り継ぐのであれば、

「地方の自宅」〜「国際線利用の空港」間

の荷物宅配が無料になります


例えば、広島にお住まいの方が、広島→羽田→ハワイと飛ぶ場合、広島の自宅→羽田空港の荷物宅配が無料になります。帰国時も、羽田空港→広島の自宅までの荷物宅配が無料になります。


本来1往復で約5,000円かかる空港宅配が、アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード保有者は何度でも無料になります。

キャンペーンで獲得できる28,000マイルの価値に加えて、1回約5,000円の空港宅配が何度でも無料になることを考慮すると、アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードの年会費の数倍の価値があることがわかります


↑目次へ戻る↑



特典2:
プライオリティパスが無料付帯!
国際線ANAラウンジも対象!


アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードでは、本会員・家族会員それぞれ、年会費無料でプライオリティパスに登録できる特典が付いています

プライオリティパスとは、世界中の空港を対象とした、空港ラウンジ会員プログラムのことを指します。

このプライオリティパスは、世界中の空港のラウンジと提携しており、プライオリティパスを持っている人は、提携ラウンジに入れることになります。

そして、プライオリティパスの一部提携ラウンジには、何と一部航空会社のビジネスクラスラウンジも含まれているのです

大事なのは、航空会社のビジネスクラスラウンジだということです。各カード会社のゴールドカード会員が利用できる、典型的な空港運営のラウンジではありません。

典型的なゴールドカード会員用の空港運営ラウンジは、どちらかと言えば休憩室のような雰囲気がありますが、航空会社のビジネスクラスラウンジだと、軽食ブッフェ、アルコール飲み放題、リラックスできるソファー、シャワーなど、施設もそれなりになります(ラウンジにより多少の違いあり)

プライオリティパスを持っていれば、エコノミークラスの格安航空券で旅行する時や、特典航空券で旅行する時も、(一部の)ビジネスクラスラウンジが使えることになります。もちろん、どの航空会社を利用する時でも大丈夫です

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード会員は、プライオリティパスに無料で登録できる上、年間2回まで無料で提携ラウンジに入ることができます

そして、ここからが重要なのですが、

2021年4月1日から、プライオリティパス保有者は

・成田空港
(第5サテライト)
・羽田空港
(第3ターミナル・110番ゲート近く)

にある国際線ANAラウンジにも入れるようになりました


プライオリティパス保有者は、利用する航空会社に関係なく、ANAラウンジに入れるようになったわけです。ANA/スターアライアンスの上級会員である必要はありません。

例えば、2022年5月現在、羽田空港の国際線は全航空会社が第3ターミナルの発着なので、ANAのほか、JAL、ユナイテッド航空、アメリカン航空、フィンエアー、スカンジナビア航空のほか、LCCのピーチなど、他の航空会社に乗る時でもANAラウンジに入れるわけです。

成田空港では、ANAラウンジは第1ターミナルになるので、ANAのほか、シンガポール航空、ユナイテッド航空、KLMオランダ航空など、他の航空会社に乗る時でもANAラウンジに入れます。

羽田空港 国際線ANAラウンジ 雰囲気

羽田空港・国際線ANAラウンジ

成田空港 国際線ANAラウンジ リラックスエリア

成田空港・国際線ANAラウンジ

成田 ANAラウンジの食事コーナー

成田空港・国際線ANAラウンジのビュッフェコーナー。ちょっとしたホテルのバイキングを思わせる雰囲気です

成田/羽田 ANAラウンジの食事 豚骨ラーメン

国際線ANAラウンジで提供されている食事の一部

成田/羽田 ANAラウンジの食事 並んでる握り寿司の皿

時間限定ですが、握り寿司も食べ放題です(急きょ終了可能性あり)

今までは、プライオリティパスで入れる日本国内の航空会社ラウンジは「大韓航空ラウンジ」がメインでしたが、これからはANAラウンジも対象になり、日本人にとってプライオリティパスは利用価値が一気に上がりました。

今すぐの海外旅行は難しいですが、今年の夏以降、海外旅行がしやすい状態に戻る可能性があるので、今年の夏以降はプライオリティパスでANAラウンジに入れるチャンスです。

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは家族カードが1名年会費無料で発行できるので、本会員・家族会員1名の合計2名で、それぞれの名義でプライオリティパスを発行することが可能です。


↑目次へ戻る↑



特典3:
1名分のコース料理が無料!


アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードを持っていると、

「国内外200以上の提携レストランで、2名以上でコース料理を予約すると、1名分が無料になる、

ゴールド・ダイニング by 招待日和

というサービス」


を利用できます。



ゴールド・ダイニング by 招待日和のホームページです。ここからログインした場合のみ、1人無料の特典が適用されます。

例えば、1人1万円のディナーコースを2名分予約すると、本来合計2万円のところ、半分の1万円で済むわけです。

ただし、1人分無料になる特典は、合計人数が2名でも3名でも変わらないので、2名で予約するのが1番割引率が高くなりお得です

ちなみに、上で紹介している
特典1
「海外旅行時のスーツケース空港宅配無料」
特典2
「プライオリティパスで国際線ANAラウンジ入れる」

の2つの特典も大変魅力的ではありますが、新型コロナで海外旅行に行けない限り、利用できないのがネックになります。

「ゴールドダイニング by 招待日和」なら、国内で気軽に利用することができるのがメリットです。

例えば、年に4回利用すれば4万円分が無料になり、これだけでカード年会費以上の元取れる計算になります


↑目次へ戻る↑



特典4:
キャンセル費用を補償!
新型コロナに感染しても安心


アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードには、病気などで急きょ旅行を中止しなければならない場合、発生したキャンセル手数料を負担してくれる

「キャンセル・プロテクション」

という特典が付帯されています。

公式サイトによると、対象になるケースは

1.社命による出張の場合
2.疾病や障害による通院や入院、死亡

になります。

大事なのは、上記の疾病は「新型コロナウィルスの感染」も対象になることです

例えば、アメックスカードで沖縄へのパックツアー料金を支払い、出発直前でコロナ感染が発覚した場合、このキャンセル・プロテクションが適用される可能性があります。

キャンセル・プロテクションが適用されると、年間で最大10万円までのキャンセル手数料が補償されます。

今や誰もが新型コロナに感染してもおかしくない状況です。万が一コロナに感染しても、キャンセル手数料が無料になる補償があるだけでも心強いです


↑目次へ戻る↑



30万円のカード払いで、外資系28,000マイル(ANAは35,000マイル)貯める手順


以下、詳しい手順です。

その1

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードに新規入会する



その2
入会日から3ヵ月以内に、カードを30万円以上利用する
ここで32,000ポイント獲得

●3ヵ月以内に30万円に達さない場合は、不足分を「Amazonギフト券/切手の購入」で補う



その3
カード利用30万円による3,000ポイント、ボーナスポイントを合わせて、35,000ポイント獲得




その4
メンバーシップ・リワード・プラスに登録する

●登録手数料は3,300円(税込)

●メンバーシップ・リワード・プラスに登録しないと、獲得した35,000ポイントを、ANAの35,000マイル、または外資系エアラインの28,000マイルに交換できません

●登録の手続きは、公式サイトのマイページ、コールセンターのどちらでも可能



その5
メンバーシップ・リワード・プラスに登録した後、35,000ポイントを、ANAの35,000マイル、または好きな外資系エアラインのの28,000マイルに交換する

●交換手続きは、公式サイトのマイページ、コールセンターのどちらでも可能

●20,000マイル相当をブリティッシュエアウェイズ、8,000マイル相当をデルタ航空、のように分散して交換することも可能



その6
交換先の口座にマイルが反映されたら、特典航空券に交換



その7
ディナーコース1名無料特典を利用して、カード年会費の元を取る



その8
海外旅行に行く時は、
・無料空港宅配サービス
・プライオリティパスで国際線ANAラウンジ利用

などの特典を活用する

●プライオリティパスは別途申し込む必要があり、申請からカード到着まで1ヵ月以上かかります


↑目次へ戻る↑


> マイルで得得・トップページへ

※ このページの情報は、予告なしに変更されることがあります。