マイルで得得 > 各マイレージプログラムの詳細 > ユナイテッド航空・マイレージプラス > ANA国内線・特典航空券の徹底ガイド



ユナイテッド航空
マイレージプラス:
ANA国内線・特典航空券の徹底ガイド
(更新:2021年9月)


※ このページでは、ユナイテッド航空・マイレージプラスのマイルを使った、ANA国内線・特典航空券のルールをまとめています。

※ 必要マイル数やルール等は、航空会社側により、予告なしに変更されることがあります。





目次(このページの内容)


特典航空券を使える人(乗れる人)

誰でもOK
本人・家族のほか、友人・恋人なども対象。
第2親等以内の家族である必要なし。
 ↑目次へ戻る↑

特典航空券の必要マイル数

必要マイル数
片道の
出発地〜
最終目的地までの
直行の飛行距離が、
800マイル以内の旅程

(距離マイルの計算は、「全区間を合わせた合計飛行距離マイル数」ではなく、「出発地→最終目的地までの直行区間マイル数」になります)

(例えば、羽田→伊丹→札幌と飛ぶ場合、合計の飛行距離マイル数は801マイル以上になるが、出発地の羽田と、最終目的地の札幌間の、直行飛行距離は800マイル以内になるため、羽田→伊丹→札幌という旅程は、800マイル以内と判断される)


(羽田〜伊丹、羽田〜福岡、関空〜那覇、
 羽田〜伊丹〜福岡、羽田〜伊丹〜札幌、羽田→那覇→福岡など)

(直行便だけでなく、乗り継ぐ旅程も対象)

(乗り継ぎは12〜16時間程度なら、日付またぐ日程で予約できるケースもあり)

片道
発券日 マイル数
出発の
21日以上前
5,500
出発の
20日前
〜当日
6,000
往復 上記マイル数の
2倍
. .
片道の
出発地〜
最終目的地までの
直行の飛行距離が、
801マイル以上の旅程

(距離マイルの計算は、「全区間を合わせた合計飛行距離マイル数」ではなく、「出発地→最終目的地までの直行区間マイル数」になります)

(羽田〜那覇、羽田〜那覇〜宮古、札幌〜大阪〜那覇など)

(直行便だけでなく、乗り継ぐ旅程も対象)

(乗り継ぎは12〜16時間程度なら、日付またぐ日程で予約できるケースもあり)

(2016年10月6日予約分から、往復の場合でも、乗り継ぎ地で途中降機(ストップオーバー)は不可に)

片道
発券日 マイル数
出発の
21日以上前
8,800
出発の
20日前〜
当日
9,600
往復 上記マイル数の
2倍
注目!
たったの11,000マイルで、羽田〜那覇を往復する裏技
. .
 ↑目次へ戻る↑

ルート/便別の必要マイル数の具体例
 (片道の場合)
 (往復は下記の2倍)
 (出発21日以上前の予約)

区間/旅程
航空会社
必要
マイル数
羽田→福岡
直行便
5,500
羽田→伊丹→福岡
乗り継ぎ
5,500
羽田→新千歳
直行便
5,500
羽田→函館→新千歳
乗り継ぎ
5,500
岩国→羽田→熊本→中部
乗り継ぎ
5,500
羽田→那覇
直行便
8,800
羽田→関空→那覇
乗り継ぎ
片道
8,800
羽田→伊丹→札幌
乗り継ぎ
片道

合計飛行マイル数は
801マイル以上だが
羽田→札幌間は
800マイル未満
5,500
羽田→伊丹→那覇

片道

合計飛行マイル数は
801マイル以上で
羽田→那覇間も
801マイル以上
8,800
羽田→那覇→福岡
乗り継ぎ
片道

合計飛行マイル数は
801マイル以上だが
羽田→福岡間は
800マイル未満
5,500
 ↑目次へ戻る↑

ブラックアウト日(利用制限期間)

マイレージプラス > 特典航空券のブラックアウト期間
 ↑目次へ戻る↑
 

特典航空券でANAプレミアムクラスに乗れるか?

不可

※ マイルを直接使って、ANA国内線・プレミアムクラスの特典航空券は予約できません。特典航空券で予約できるのは普通席のみ

※ マイルで予約した普通席の特典航空券でも、出発当日に空席があれば、追加料金を払って、プレミアムクラスにアップグレードすることは可能
 ↑目次へ戻る↑

特典航空券を予約できる期間

予約方法 予約できる期間
ユナイテッド航空の
公式サイト
出発の
当日

約10ヵ月先
ユナイテッド航空の
コールセンター
出発の
当日

約10ヵ月先
↑目次へ戻る↑

予約できる期間前でも、往路と同時に復路も予約できる?

基本、可能

往復分を同時に予約するには、復路(帰り)の搭乗日も、予約期間内(約11カ月先まで)になっている必要があります。

行きも帰りも、予約日から約11か月以内である限り、往復分を同時に予約できます。

ただし、行きと帰りを別々に予約すると、後からキャンセルする場合、2つの特典航空券をキャンセルすることになり、キャンセル手数料も通常の2倍になるので、キャンセルする可能性がある場合は注意が必要です。

2つ以上の特典航空券をキャンセルすると、膨大なキャンセル手数料がかかる場合、あえて特典航空券を放棄する選択肢もあります
↑目次へ戻る↑
 

特典航空券の予約方法

ユナイテッド航空のコールセンター
or
ユナイテッド航空の公式ウェブサイト


公式サイトの特典航空券予約ページはこちら

公式サイトから、ANA国内線・特典航空券を予約する方法はこちら

2013年7月17日より、ユナイテッド航空公式サイトから、ANA国内線特典航空券の予約ができるようになりました

注意
一部の地方空港発着の場合、ユナイテッド航空ホームページ上で予約できない場合があります。その場合は、ユナイテッド航空のコールセンターで予約をする必要があります。
 ↑目次へ戻る↑

対象路線

・ANA
・以下航空会社が運行するANA便
ー ANA Wings


2020年10月より、以下の航空会社が運航するANA便は予約不可になっていましたが、
2021年9月より、再び予約可能になっています
ー Air Do
ー ソラシドエア
ー IBEXエアラインズ
ー スターフライヤー
ー オリエンタルエアブリッジ
 ↑目次へ戻る↑

ANAの特典航空券はオンラインで予約できる?

可能

ユナイテッド航空のマイルを使った、ANAの特典航空券は、ユナイテッド航空の公式サイトからオンライン予約することが可能です。
マイレージプラス > 特典航空券のオンライン予約できる航空会社一覧
 ↑目次へ戻る↑

片道につき、飛べる区間数

最大3区間まで
(最大の乗継ぎは2回まで)

(飛行ルートにより、飛べる最大区間数は異なる)
(区間数が増えても、必要マイル数は同じになるケースもあれば、2つの特典航空券に分けてマイル数が2倍になるケースもあり)

例えば、羽田→福岡というような、片道1区間だけの旅程のほか、新千歳→羽田→那覇→宮古島というような、片道3区間にすることも可能。

また、直行便がある区間を、故意に経由で飛んで2区間以上で予約することも可能

(ただし、ユナイテッド航空・公式サイトの特典航空券の空席照会で、表示されるルート・便で予約する必要あり)

(自分の好きな路線・好きな便を組み合わせることは不可)

例えば、羽田から函館へ飛ぶ場合、羽田→函館と直行便を飛ぶ代わりに、羽田→新千歳→函館という旅程も可能。


ANA国内線特典航空券をオンライン(ユナイテッド航空の公式サイト)から予約する場合は、検索結果に表示されたルートから好きなものを選べば、基本的にそのまま予約が完了します。
 ↑目次へ戻る↑

経由地でストップオーバーはできる?

不可

経由地でストップオーバー(24時間以上の滞在)をしたい場合は、2つの特典航空券に分けて、別々に予約する必要があります。

例えば、行きは、羽田〜那覇〜石垣島と飛び、途中の那覇でストップオーバーしたい場合は、羽田→那覇、那覇→石垣島と、2つの特典航空券で予約する必要があります。帰りの石垣島→那覇→羽田は、1つの特典航空券で完了します。

ルート 必要マイル数
(往復)
羽田〜那覇〜石垣島

那覇で
ストップオーバー
しない場合
9,000〜

9,000〜
ll

18,000〜
羽田〜那覇〜石垣島

那覇で
ストップオーバー
する場合
9,000〜

5,500〜

9,000〜
ll

23,500〜


ただし、経由地に12〜15時間以内なら、1つの特典航空券で予約が可能なケースもあり。可能な場合は、日付をまたぐ旅程もOKです。
 ↑目次へ戻る↑

特典航空券の有効期限

発券日から1年間

例えば、6月20日に特典航空券を発券した場合、その特典航空券は、翌年の6月19日まで有効。つまり、6月19日までであれば、好きな日へフライト日を変更したりすることが可能。

6月19日までにキャンセルした場合は、特典航空券は失効せず、特典航空券に使ったマイルは全て返却。ただし高めのキャンセル手数料がかかります。
 ↑目次へ戻る↑

特典航空券の予約・変更・キャンセル手数料

マイレージプラス > 特典航空券の手数料一覧
 ↑目次へ戻る↑



> ユナイテッド航空・マイレージプラスの徹底ガイド・トップへ

> サイトマップ(コンテンツ一覧)へ

↑ 目次へ戻る

> マイルで得得・トップページへ