マイルで得得 > エアライン大辞典 > ベトナム航空 > ホーチミン空港での乗り継ぎ


(2014年9月)
(現在も、乗り継ぎ方法は同じ)

ホーチミン
タンソンニャット空港
乗り継ぎレポート
(国際線→国際線の場合)

※ このページでは、日本→ホーチミン→国際線と飛ぶ場合、ホーチミン空港で乗り継ぐ時の様子を、詳しく解説しています。ホーチミンでシェムリアップへ乗り継ぐ方法も、以下と同じです。

ベトナム航空のほか、日本〜ホーチミン間で乗るのがANAであっても、乗り継ぎ方法は同じになります。





目次



基本的に、日本の出発空港で、乗り継ぎ便の搭乗券も受け取る


今回飛んだ区間は、成田→ホーチミン→バンコクです。

基本的には、日本の出発空港のカウンターで、成田→ホーチミン、ホーチミン→バンコクと、乗り継ぎ便の搭乗券も一緒に渡されます。

「基本的には」と言ったのは、乗り継ぎ便の搭乗券が渡されない例外もあるからです。

今回、成田発の便で、事前にウェブチェックインをしたのですが、成田のカウンターで、「ウェブチェックインをした場合、成田で乗り継ぎ便の搭乗券は渡せないので、乗り継ぐホーチミン空港のカウンターで受け取ってください」と案内されました。

日本の出発空港で、乗り継ぎ便の搭乗券も一緒に受け取りたい場合は、ウェブチェックインは避けたほうがいいかもしれません。

ホーチミン空港 乗り継ぎ 日本で渡される搭乗券

成田空港でもらった、ベトナム航空の搭乗券です。今回はWebチェックインをしたという理由で、成田→ホーチミンの搭乗券しかもらえませんでした。

もしウェブチェックインをしていなかったら、ここでホーチミン→バンコクの搭乗券ももらえたことになります。

ただし、今回のように、乗り継ぎ便の搭乗券がもらえなくても心配はありません。ホーチミン空港の乗り継ぎエリアにはベトナム航空のカウンターがあり、そこで乗り継ぎ便の搭乗券を受け取れます。


↑目次へ戻る↑


預けた手荷物は、ホーチミン空港で引き取る必要なし


ホーチミン空港で乗り継ぐ時、日本の出発空港で預けたスーツケース等の荷物は、引き取る必要はありません。最終目的地で受け取ります。

例えば、成田→ホーチミン→シェムリアップと飛ぶ場合、成田空港で預けたスーツケース等の荷物は、最終目的地のシェムリアップで受け取ることになります。


↑目次へ戻る↑



ホーチミン空港のマップ・構内図・ゲート


ホーチミン空港 乗り継ぎ マップ/地図

ホーチミン空港・国際線ターミナルのマップです(マップはJAL公式サイトから引用)。

飛行機を降りた後、
赤い矢印のように、ターミナル中央へ進むと、青い丸がある辺りで、左右に入国審査と乗り継ぎ用保安検査場へ分かれています。乗り継ぐ場合は、青い丸がある荷物検査へと進みます。


↑目次へ戻る↑


最低の乗り継ぎ時間 & 実際にかかった乗り継ぎ時間


↓ベトナム航空が定めている、最低の乗り継ぎ時間
日本 → ホーチミン → 国際線
60分

日本 → ホーチミン → 国内線
100分
↓実際に乗り継ぎにかかった時間
19分
(飛行機を降機して、ターミナル中央へ数分歩き、乗り継ぎ専用カウンターで搭乗券受け取り → 保安検査を通り、乗り継ぎ便が出発するゲートエリアまでにかかった時間)

(乗り継ぎ便の出発ゲートが、ターミナルの端にある場合は、10分程度をプラス)


成田→ホーチミン→バンコクのように、ベトナム航空が定めている、国際線同士の最低乗り継ぎ時間は60分です。

実際にかかった時間は19分と、かなり短い時間になりました。予約上の乗り継ぎ時間が60〜70分のように短くても、基本的には乗り継ぎができることになります。

ただし、乗り継ぎ客用の荷物検査場が1つしかないため、ホーチミンの到着便が集中する時間帯だと、荷物検査を済ますために、プラス10〜15分くらいはかかるかもしれません。


↑目次へ戻る↑


乗り継ぐ手順:
(日本→ホーチミン→国際線)


まず、ホーチミン空港に着いた後の、大まかな順序は、

1.
「降機」
 (バスの場合は、まずはバスに乗り、ターミナルまで移動)

2.
「しばらく歩く」

3.
「乗り継ぎ専用カウンター」
 (乗り継ぎ便の搭乗券がある場合はスキップ)

4.
「保安検査(荷物検査)」

5.
「各ゲートへ向かう」


となります。

それでは写真と共に、細かくお伝えします。


↑目次へ戻る↑


1.
降機
(バスに乗る場合もあり)


ホーチミン空港 乗り継ぎ バス移動の場合

飛行機を降りて、バスに乗ります。今回はバス移動となりましたが、直接ターミナルのゲートに到着する場合もあります。

ホーチミン空港 乗り継ぎ 入国審査へ向かって歩く

バスを降りて、ターミナルの建物に入り、しばらく「Transfer」のほうへ歩きます。もし、バス移動ではなく、直接ターミナルに着いた場合は、ここからの順序になります。


↑目次へ戻る↑


2.
乗り継ぎカウンター
(入国審査へは進まない)


入国(Arrival)の時も、乗り継ぎ(Transfer)の時も、しばらくは、同じ方向へ歩きます。

ホーチミン空港 乗り継ぎ 入国と乗り継ぎで分かれる場所

入国審査場が近づくと、「Arrival」と「Transfer」が分かれます。

ホーチミン空港 乗り継ぎ 入国審査へは行かない

左側には、入国審査(Passport Control)」があります(もし逆側から歩いてきたら、右側にあります)。

ホーチミン空港 乗り継ぎ 専用カウンター

入国審査場の手前に、「Transfer Counter」(乗り継ぎカウンター)があります。

列が2箇所あり、右側の列は何と、「SKY PRIORITY」優先のレーンでした。私はデルタ航空・ゴールドメダリオン会員(スカイチーム・エリートプラス会員)なので、こちらの優先レーンに並びました。まさか乗り継ぎカウンターでも優先レーンがあるとは思いませんでした。

私は成田空港で乗り継ぎ便の搭乗券をもらわなかったので、このカウンターで、バンコク行きの搭乗券をもらいました。

Eチケットとパスポートを渡すと、何も聞かれずに、バンコク行きの搭乗券を用意してくれました。

もし成田など、日本の出発空港で、乗り継ぎ便の搭乗券を既にもらった場合は、このカウンターに寄る必要はなく、直接荷物検査へ進んで大丈夫です。


↑目次へ戻る↑



3.
保安検査(荷物検査)


ホーチミン空港 乗り継ぎ 荷物検査の入口

搭乗券をゲットして、「Departures」と書かれたほうへ向かいます。ここは乗り継ぎ客用の荷物検査になります。

ホーチミン空港 乗り継ぎ 搭乗口のマップ

出発階の搭乗ゲートマップです。小さいターミナルなので、迷うことはないはずです。



乗り継ぎ便の出発ゲート案内です。ただし、出発フロアでも、たくさん掲示板はあるので、ここで慌ててチェックする必要はありません。

ホーチミン空港 乗り継ぎ 専用の保安検査場

保安検査場です。1つのレーンしかなかったので、10分程度待ちました。ここでも、ビジネスクラス客や、スカイチームのエリートプラス会員用の「SKY PRIORITY」専用レーンがあれば最高なのですが・・。

ちなみに、成田空港で買ったペットボトルの水や、ノートパソコンなど、かばんから出さなかったのですが、何も言われませんでした。飛行機から降りたばかりなので、そんなに厳しくないのかもしれません。

ホーチミン空港 乗り継ぎ エスカレーター

荷物検査を済ませた後、エスカレーター、またはエレベーターで上の階に登ります。

ホーチミン空港 乗り継ぎ 出発フロアに到着

出発フロアに着きました。


↑目次へ戻る↑


4.
掲示板で出発ゲートを確認


出発フロアに着いたら、乗り継ぎ便の出発ゲートを確認します。

ホーチミン空港 乗り継ぎ ショップが並ぶ出発フロア

荷物検査を済ませて、エスカレーターを上ると、出発フロア(制限エリア)に着きます。

ホーチミン空港 乗り継ぎ 出発便の案内板

出発フロアには、搭乗ゲート・出発便の案内があちこちにあります。
国際線→国際線の乗り継ぎは、ベトナムへ入国する必要がないので、入国審査・税関共にありません。

アメリカのように、乗り継ぎだけでも入国しなければならない手間がないので楽です。


↑目次へ戻る↑


5.
搭乗ゲートへ向かう


ゲート番号を確認したら、その搭乗口を目指します。ホーチミン空港で初めて乗り継ぐ場合は、念のため、時間に余裕がありすぐゲートに向かう必要がなくても、一度搭乗ゲートまで行き、場所の確認をすることをおすすめします。

ホーチミン空港 乗り継ぎ ターミナルマップ

ターミナルマップです。大きくない空港なので、迷ったりすることはないと思います。

ホーチミン空港 乗り継ぎ 各ゲートの案内板

各ゲートへ行くと、そのゲートから出発する便名・行き先の一覧を確認することができます。心配な方は、ここで自分の便があるかどうか確認することもできます。


↑目次へ戻る↑


入国する必要はないので、入国審査・税関はなし


上記の説明のように、国際線→国際線の乗り継ぎは、ベトナムへ入国する必要がないので、入国審査・税関共にありません。

アメリカのように、乗り継ぎだけでも入国しなければならない手間がないので楽です。


↑目次へ戻る↑



喫煙所


ホーチミン空港の制限エリア内に、喫煙室が用意されています。

ホーチミン空港 乗り継ぎ 喫煙所

「Smoking Lounge」と書かれた喫煙所です。Loungeと書かれていますが、空港ラウンジではなく、単なる喫煙室になります。


↑目次へ戻る↑



レストラン・ショップ・マッサージなどもあり


ホーチミン空港 乗り継ぎ ショップが並ぶ出発フロア

荷物検査を済ませて、エスカレーターを上ると、出発フロア(制限エリア)に着きます。

ホーチミン空港 乗り継ぎ 免税店

免税店やお土産ショップなど、お店もいくつかあります。ただし、料金的にそんなにお得ではないのでしょうか、買い物客はあまり見かけませんでした。

ホーチミン空港 乗り継ぎ フードコートは1つ上の階

1つ上の階へ行くと、フードコートなどがあります。

ホーチミン空港 乗り継ぎ バーガーキング

フードコート内には、バーガーキングなどがあります。

ホーチミン空港 乗り継ぎ ヌードルのレストラン

他にも、ヌードル系が食べれる店舗などもあります。

ホーチミン空港 乗り継ぎ 外に見えるベトナム航空機

フードコートの窓側のテーブルに座れば、外の飛行機が見えます。ベトナム航空機が並んでいるので、ベトナムにいることを実感できます。

ホーチミン空港 乗り継ぎ マッサージ

フードコートと同じ階に、マッサージ屋もあります。

ホーチミン空港 乗り継ぎ マッサージの日本語メニュー

日本語のコースメニューもあります、例えば、フットマッサージは30分で20米ドルです。1時間で5,000円近くですから、完全に外国人向けの料金設定です。

なお、「FOOT SPA」という看板がありましたが、ヘッドや肩マッサージのメニューもあります。


以上、ホーチミン空港での乗り継ぎレポートでした。

大きい空港(ターミナル)でなく、乗り継ぎの導線もシンプルなので、スムーズに乗り継ぎができる空港だと思いました。





↑目次へ戻る↑


> 搭乗記・機内食の一覧へ

> エアライン大辞典・ベトナム航空・トップへ

> サイトマップ(コンテンツ一覧)へ

> マイルで得得・トップページへ

※ このページの情報は、予告なしに変更されることがあります。