マイルで得得各マイレージプログラムの詳細上級(エリート)会員制度 > JALマイレージバンク

日本航空・JALマイレージバンク
上級会員(FLY ONプログラム)制度
上級会員
レベル
クリスタル

サファイア

ダイヤモンド
※5
資格取得に
必要なFLY ONポイント数
(EQM)
※1,2,3
30,000
(うちJALグループ便で15,000
ポイント以上)
50,000
(うちJALグループ便で25,000
ポイント以上)
100,000
(うちJALグループ便で50,000
ポイント以上)
資格取得に
必要なフライト区間数
(EQS)
※1,2,3
30
(うちJALグループ便で15区間
以上)

10,000
FLY ONポイント
50
(うちJALグループ便で25区間
以上)

15,000
FLY ONポイント
120
(うちJALグループ便で60区間
以上)

35,000
FLY ONポイント
上級会員限定
ボーナスマイル
加算率
(JALでの名称は、
「マイルUPボーナス」)

JAL
アメリカン航空

※4
※4 を参照
上級会員限定
ボーナスマイル
加算率
(JALでの名称は、
「マイルUPボーナス」)

ブリティッシュエアウェイズ
※4
25% 100% 100%
ワンワールドの
ステータス
ルビー サファイア エメラルド
空港ラウンジの
利用権
NO
※6
YES
※6
YES
※6
※6
JALマイレージバンク(またはワンワールド)の上級会員にならなくても、羽田・関空・名古屋のJALサクララウンジに入れる裏技があります

※1

上級会員になるには1暦年内(毎年1月〜12月)に、上記に記載された必要FLY ONポイント数を獲得する、又は必要フライト区間数飛んで、なお且つ必要FLY ONポイント数を獲得する必要があります。どちらか1つを満たせば上級会員になれます。

(※JALマイレージバンクでは、上級会員になれるかの基準にFLY ONポイントを採用しています。これは、通常のフライトマイルとは別に計算されます。JALの公式サイトでログインすると、現在のFLY ONポイント数が確認できます。)

また、Fly onポイントで条件を満たす場合は、獲得Fly onポイント数の半分以上がJALグループ便によるもの、または搭乗回数+Fly onポイントで条件を満たす場合は、搭乗回数の半分以上がJALグループ便によるものである必要があります。

いくら必要なFLY ONポイントを集めても、または必要な搭乗回数に達しても、JALグループ便によるFly onポイント数、または搭乗回数が満たされていない場合、上級会員にはなれないのでご注意ください。

なお、2012年度より、「最低JALグループ便に4回以上の搭乗」の条件は廃止されました。

※2
上級会員用必要FLY ONポイント、必要フライト区間数は、JALグループ便を含む、ワンワールド系航空会社利用時のみ対象になります。

※3
資格取得に必要なフライト区間数を飛んでも、必要なFLY ONポイント数も同時に獲得していない場合、上級会員資格は与えられません。

※4
上級会員ボーナスマイルは、以下の航空会社搭乗時のみ象になります。
JAL
アメリカン航空
 (2011年4月1日搭乗分より対象
ブリティッシュエアウェイズ
 (2012年10月1日搭乗分より対象
イベリア航空
 (2016年11月1日搭乗分より対象

マイルUPボーナス・加算率
JAL
会員レベル 加算率
ダイヤモンド + 130%
JGCプレミア + 105%
サファイア + 105%
クリスタル(JGC) + 55%
クリスタル(一般) + 55%
JGC(JALグローバルクラブ) + 35%
. .
アメリカン航空
会員レベル 加算率
ダイヤモンド + 130%
JGCプレミア + 105%
サファイア + 105%
クリスタル(JGC) + 55%
クリスタル(一般) + 55%
JGC(JALグローバルクラブ) + 35%
. .
ブリティッシュエアウェイズ
会員レベル 加算率
ダイヤモンド + 100%
JGCプレミア + 100%
サファイア + 100%
クリスタル(JGC) + 50%
クリスタル(一般) + 25%
JGC(JALグローバルクラブ) + 35%
. .
イベリア航空
会員レベル 加算率
ダイヤモンド + 100%
JGCプレミア + 100%
サファイア + 50%
クリスタル(JGC) + 50%
クリスタル(一般) + 25%
JGC(JALグローバルクラブ) + 35%

例えば、クリスタル会員が、加算率50%の運賃でアメリカン航空に搭乗した場合、マイルUPボーナスボーナスの50%分が加算され、合計105%分のマイルが貯まることになります。

例えば、JALグローバルクラブ会員が、加算率50%の運賃でJALに搭乗した場合、マイルUPボーナス分の35%が加算され、合計85%分のマイルが貯まります。

※5
ダイヤモンド会員資格をお持ちの間は、マイルの有効期限が廃止されます。


各上級会員資格は、翌々年の3月末まで有効になります。
例えば、2011年内に30,000FLY ONポイント以上獲得した場合、2013年の3月末まで、クリスタル会員になれます。
2012年内に30,000FLY ONポイント以上獲得しなかった場合は、2013年の3月末をもって、クリスタル会員の資格は終了します。

FLY ONポイント獲得数について (図1)
JALマイレージバンクでは、上級会員資格を取得するには、通常のフライトマイル数ではなく、FLY ONポイントというものが必要になります。マイル加算対象のフライト(ワンワールド各航空会社も含む)に乗ると、通常のフライトマイルと共に、FLY ONポイントも自動で貯まります。獲得できるFLY ONポイント数は以下の通りです。
1便(1区間)で獲得できるFLY ONポイント数
路線 獲得できるFly onポイント数
日本国内線
(JAL)
フライトで獲得したマイル数 X 2倍

400 FLY ON ボーナスポイント
※1
日本〜中国・香港線
(JALのみ)
フライトで獲得したマイル数 X 1,5倍

400 FLY ON ボーナスポイント
※1
その他すべての国際線
(JALを含む
各ワンワールド系航空会社)
フライトで獲得したマイル数

400 FLY ON ボーナスポイント
※2
※1
400FLY ONボーナスポイントは、国内線のJAL便を、以下の運賃で飛んだ場合は対象外です。
先得、スーパー先得、当日シルバー割引、スカイメイト、おともdeマイル割引、包括旅行運賃(宿泊付きパックツアーなど)

※2
400FLY ONボーナスポイントは、国際線(JAL、ワンワールド系各航空会社)を、以下の運賃(予約クラス)で飛んだ場合のみ、対象になります。
F・A・J・C・D・X・I・W・E・Y・B・H・K・M・L・V・S
つまり、上記の予約クラスで飛んだ場合は、400FLY ONボーナスポイントの対象になります

【獲得できるFLY ONポイント数の例】
羽田−伊丹の片道を、普通運賃で飛んだ場合
280マイル(280マイルの100%分) X 2倍 + 400で、合計 960FLY ONポイント獲得

羽田−伊丹の片道を、先得運賃で飛んだ場合
210マイル(280マイルの75%分) X 2倍で、合計 420FLY ONポイント獲得

成田−ニューヨークの片道を、JAL便のパッケージツアー(Rクラス)で飛んだ場合
3,369マイル(6,737マイルの50%分)のみで、合計 3,369FLY ONポイント獲得

羽田−ニューヨークの片道を、アメリカン航空の正規割引運賃(Vクラス)で飛んだ場合
4,716マイル(6,737マイルの70%分) + 400で、合計 5,116FLY ONポイント獲得


>上級会員(エリート会員)制度・トップへ

↑ページのトップへ

>マイルで得得のトップへ