マイルで得得アライアンス(航空連合) > ワンワールド

ワンワールド
(OneWorld)

世界各エリアの
メジャー系から成る航空提携グループ


ワンワールドは2017年1月現在、JALを含む、世界の15の航空会社から構成されています。

加盟エアラインは以下の通りです。

注目情報


【裏技】
ワンワールドの上級会員にならなくても、
エコノミークラスの利用でも、
JAL 国際線 サクララウンジに入れる方法
(羽田・関空・名古屋・福岡が対象)

↓日系エアライン(1社) ↓アジア系エアライン(3社)
JAL キャセイパシフィック航空  
 (傘下に香港ドラゴン航空
マレーシア航空
 (2013年02月01日に加盟)
スリランカ航空
 (2014年05月01日に加盟)

↓アメリカ系エアライン(3社) ↓ヨーロッパ系エアライン(5社)
アメリカン航空
ラン航空
TAMブラジル航空
 (2014年03月31日に加盟)
エアベルリン
ブリティッシュエアウェイズ
イベリア航空
フィンランド航空
S7航空(シベリア航空)
 (2010年11月15日に加盟)

↓オセアニア系エアライン(1社) ↓アフリカ・中東系エアライン(2社)
カンタス航空

カタール航空
 (2013年10月30日に加盟)
ロイヤルヨルダン航空

↓これからワンワールドに加盟する予定のエアライン
-----

↓航空連合に加盟するなら、ワンワールドが強いと言われているエアライン
 (まだ正式に発表されていません)
ジェットスター航空
バンコクエアウェイズ
エアリンガス航空

↓過去に、ワンワールドから脱会したエアライン
エアリンガス航空 (2007年に脱会)
・カナディアン航空 (2000年に脱会)



スターアライアンス、スカイチームに比べるとあまり注目されないワンワールドですが、2007年にJALなどの複数社が加盟して以来、それなりに注目される航空連合に成長しました。

以下、ワンワールドの特徴です。

特徴1:
マイル加算率の差が大きい


基本的に、ワンワールドでは、同じ航空会社を飛んでも、マイルを加算するマイレージプログラムによって加算率が変わりやすいと言えます

あるマイレージプログラムでは100%なのに、他のマイレージプログラムだと50%や25%になることもよくあるので、それなりの比較が必要です。

ただし、これは主に格安航空券やパッケージツアーの場合で、PEX(正規割引)運賃以上で飛ぶ場合は、マイルは加算されます(例外あり)。

なので、全体的に、ワンワールドは、格安旅行者には少し使い勝手が良くない航空連合と言えます

特徴2:
JALが加盟している。
ただしマイル加算率には注意を


ワンワールドには日本のJALが加盟していますが、これは日本人にとって非常にうれしいことです。

日本国内線でもマイルを貯めたり使うことができ、海外へも日系エアラインを利用することができます。

ただし、ワンワールド全体で、JALのマイル加算条件が厳しめになっているので注意が必要です

2017年1月現在、JAL利用のパッケージツアーでもマイルが加算されるのは、当サイトで紹介しているマイレージプログラムの中では、自社のJALマイレージバンクアメリカン航空・アドバンテージブリティッシュエアウェイズ・エグゼクティブクラブのみになっています。

マイルの加算ではJALに対して厳しめのワンワールドですが、マイルを使っての特典航空券では、どのワンワールド系マイレージプログラムでもJAL便に乗れるので、これは心配ありません。

特徴3:
料金が高めの航空会社が多い
しかし各国のフラッグキャリアも多い


ワンワールドのもう1つの特徴として、「比較的料金が高めの航空会社が多い」ことがあります。

例えば、アジアではJALやキャセイパシフィック航空、ヨーロッパではフィンランド航空、オセアニアではカンタス航空など、他社よりも高めになる航空会社が多いのが現状です(時期やチケットの種類によって例外あり)。

例えば、アジア方面へは、スカイチームの大韓航空やチャイナエアラインなどが安い中、ワンワールドのJALやキャセイパシフィック航空は高めになることが多いです(例外あり)。

なので、料金重視の方には、ワンワールドはあまり向いていない航空連合と言うこともできます

しかし、ワンワールドには世界各エリアのフラッグキャリアが加盟しています。

ヨーロッパではブリティッシュエアウェイズ、アメリカではアメリカン航空、オセアニアではカンタス航空というように、各エリアで広大なネットワークを持っている航空会社が集まっています

なので、料金よりも、各方面での便利なネットワークを優先されたい方には、ワンワールドはそれなりに役立つと言えます。

スターアライアンス・スカイチーム
より規模は小さいが
確実に拡大しているワンワールド


現在ワンワールドは、スターアライアンススカイチームから引き離されている感じがあるもの事実です。

しかし、2010年にはロシアのS7航空が、2012年にはドイツののエアベルリンが加盟し、ヨーロッパのネットワークが拡大されました。

2013年2月にはマレーシア航空が、2014年1月にはカタール航空が、2014年5月にはスリランカ航空が加盟し、アジア・中東でのネットワークが一気に拡大されました。

2014年3月にはブラジルのTAMブラジル航空が加盟したことにより、ワンワールドの南米でのネットワークがさらに広がりました。

[関連ページ]
アライアンスについての質問集
ワンワールド・公式サイト


↑ページのトップへ

>マイルで得得のトップへ