マイルで得得 > ニュース・キャンペーン一覧 > ユナイテッド航空・マイレージプラス > この記事



2024年 5月未明から

ユナイテッド航空
マイレージプラス:
ANA国内線の必要マイル数
片道5,000マイル〜へ少し引き下げ(改善)
追記:
乗り継ぎは片道12,500マイル〜へ引き上げ(改悪)




ユナイテッド航空・マイレージプラスでは、北アジア・東南アジアへの必要マイル数が予告なしに引き上げられたと同時に、意外にもANA国内線の必要マイル数が引き下げられました。

追記:
それから約1週間後でしょうか、直行便・乗り継ぎ共に同じ必要マイル数だったのが、乗り継ぎルートに関しては、必要マイル数が一気に倍以上と改悪されています。


(当記事の内容に関しましては、ご親切にも多くの方からメールをいただいております。誠に勝手ながら、個別のメール返答は控えさせていただき、こちらにてお礼申し上げます)

詳細は以下の通りです。

●変更日
2024年5月未明予約分から

今から予約するANA国内線特典航空券は、以下の新しい必要マイル数が既に適用されます。

●対象の航空会社・路線
・ANA国内線

●変更後の必要マイル数
(片道の場合)

【合計飛行距離が800マイル未満】
(羽田〜福岡・伊丹〜札幌など)
変更前 変更後
直行便
5,500〜
5,000〜
乗り継ぎ
5,500〜
12,500〜


直行便の場合、片道で500マイル、往復で1,000マイル引き下げられています。元々お得だったのが、更にお得になりました。

逆に、羽田〜宮崎間を飛ぶ場合、羽田→宮崎の直行便に空きがなく、羽田→伊丹→宮崎と飛ぶ場合、変更前は5,500マイルで済んだのが、改悪後は12,500マイル必要になってしまいました。



【合計飛行距離が801マイル以上】
(羽田〜那覇など)

変更前 変更後
直行便
8,800〜
8,000〜
乗り継ぎ
8,800〜
17,500〜


羽田〜那覇、札幌〜福岡など、片道の距離が801マイル以上になる旅程では、直行便だと片道で800マイル、往復で1,600マイル引き下げられています。

逆に、羽田→那覇の直行便に空席が無く、仕方なく羽田→福岡→那覇と飛ぶ場合、変更前は直行便と同じ8,800マイルで済んだのが、改悪後はほぼ倍の17,500マイルも必要になってしまいました。



必要マイル数の改悪(引き上げ)が続く中、数百マイルとは言え、日本国内線(直行便)の必要マイル数引き下げは日本人にはありがたい変更です。

ちなみに、今回の変更は、ユナイテッド航空側から正式に発表されたものではありません。ユナイテッド航空公式サイトで、特典航空券の検索結果から、当サイトが判断した内容になります

直行便に限っては少ない必要マイル数が今のところ維持されているようですが、近い将来、予告なしに直行便も倍の10,000マイルに改悪!、のような事も起こる可能性は十分あります。

ユナイテッド航空のマイルは有効期限がないからと安心せず、片道5,000マイル〜のうちに、日本国内線で使い切ってしまうのも1つの選択肢です。

再びANA国内線の必要マイル数が変更された際は、当サイトでお知らせいたします。




> ユナイテッド航空・マイレージプラスの最新情報・一覧へ

> ユナイテッド航空・マイレージプラスの徹底ガイドへ

> サイトマップ(コンテンツ一覧)へ

> マイルで得得・トップページへ

※ このページの情報は2024年5月現在のもので、予告なしに変更されることがあります。